幕末明治

陸奥宗光 ~「カミソリ」の異名を取った外務大臣

坂本龍馬との絆

陸奥宗光

陸奥宗光(むつむねみつ)は、第2次伊藤内閣の外務大臣を務め、幕末に日本が開国した際に締結させられていた不平等条約の改正に取り組み、そのすべての15ケ国との条約の改正を成し遂げた人物です。

その頭の回転の鋭さから「カミソリ大臣」の異名をとった陸奥ですが、順風満帆の人生ではなく、獄に繋がれる経験もしています。

また若かりし頃は坂本龍馬と行動を共にし、その暗殺後には海援隊の同志15人と共に仇を取ろうと襲撃を起こします。

かつて竜馬にいろは丸沈没事件で多くの弁償金を払わされた紀州藩を疑いをかけ、京都で不穏な動きをしていた紀州藩士の三浦休太郎(三浦安)を首謀者とみなし、滞在先の天満屋を襲撃した武勇伝も伝えらえれています。

江戸での知己

※若き日の陸奥宗光

陸奥は、天保15年(1844年)8月に紀伊国和歌山に紀州藩士・伊達宗広の六男として生まれました。

この伊達家は陸奥伊達家の分家の子孫と伝えられており、父・宗広も500石の碌を拝す、藩の勘定奉行も務めた武士でした。
しかし、程なく父・宗広が家老との政争の末、10年近くもの間 幽閉される憂き目に遭い、一家の生活は困窮を極めたと伝えられています。

そうした中で陸奥は、安政5年(1858年)に寺で雑用をする下男として江戸に入ったとされています。このときに土佐の坂本龍馬、長州の桂小五郎(後の木戸孝允)、伊藤博文らとの知己を得たことが、後の人生に大きな影響を及ぼしました。

その後、陸奥は文久3年(1863年)に勝海舟の神戸海軍操練所に学び、慶応3年(1867年)には坂本の亀山社中・海援隊に加わって行動を共にしています。

この頃に姓を伊達から陸奥に改めたと考えられています。

明治政府への出仕

陸奥は明治維新後すぐに、岩倉具視の推挙を得て外国事務局御用係を務めました。

ここで戊辰戦争に中立を表明していたアメリカと交渉して、幕府が発注したままとなっていた軍艦の引き渡しを成功させました。

このとき艦の代金の十万両の未払いあり、財政の厳しい新政府はすぐに用意できませんでした。しかし陸奥はこの窮地を大阪の商人達と交渉し、無事資金の調達を成功させました。

陸奥はそのご後、兵庫県知事(明治2年・1869年)、神奈川県令(明治4年・1871年)、地租改正局長(明治5年・1872年)などを勤めましたが、薩長の出身者が主導権を握る政府の状況に憤って職を辞しました。その後 陸奥は、明治6年(1875年)に設置された元老院議官を務めました。

投獄から復活へ

陸奥は明治10年(1877年)に西南戦争が起こると、土佐の林有造・大江卓らと政府転覆に関わっていたことが発覚し、翌年に禁錮5年の刑を受けて監獄に送られました。

陸奥は明治16年(1883年)にようやく出獄しましたが、このとき伊藤博文の勧めでヨーロッパへと留学しました。

陸奥は、翌明治17年(1884年)にロンドンで政治制度を学び、後にウィーンで国家学を学んだ後、明治19年(1886年)2月に帰国すると外務省へと出仕しました。

この更に2年後の明治21年(1888年)に駐米公使兼駐メキシコ公使を務めた陸奥は、メキシコとの間に日本初となった平等条約である、日墨修好通商条約の締結を成功させました。

不評同条約の撤廃

帰国した陸奥は、第1次山縣内閣で農商務大臣に就任、続く第1次松方内閣でも留任しましたが、明治25年(1892年)3月に辞職して政府を去り、枢密顧問官となりました。

しかし第2次伊藤内閣が成立すると外務大臣に推されこれに就任しました。そして明治27年(1894年)にイギリスと日英通商航海条約を結ぶに至り、幕末の不平等条約であった治外法権を撤廃することに成功しました。

これを皮切りに、アメリカ、ドイツ、イタリア、フランスなど次々と同様の改正を行って、自身の外務大臣在任中に、15ヶ国全てとの条約改正(治外法権の撤廃)を成立させました。

続く日清戦争後も、陸奥は明治28年(1895年)に日本に有利な条件を承諾させた下関条約を成立させる外交手腕を発揮しました。

陸奥は、この2年後の明治30年(1897年)8月、肺結核によって享年54にして激動の人生を終えました。

関連記事:
大津事件と児島惟謙 【日本の警察官によるロシア皇太子への暗殺未遂】
坂本竜馬はなぜ偉人となれたのか調べてみた【幕末の風雲児】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 児玉源太郎【自ら降格人事を受けて日露戦争に望んだ軍人】
  2. ジョン万次郎について調べてみた【英会話は得意だが文語は苦手だった…
  3. 初期の島津氏 ~鎌倉時代から室町時代まで
  4. トーマス・グラバー「明治維新を陰で支えた武器商人」
  5. 桐野利秋 〜人斬り半次郎の実像
  6. 日本陸軍の創始者・大村益次郎
  7. 神風連の乱について調べてみた【明治の士族反乱の魁】
  8. 前島密について調べてみた【日本郵便制度の創設者にして1円切手の肖…


新着記事

おすすめ記事

則天武后の半生について調べてみた【中国唯一の女性皇帝】

女帝・則天武后則天武后(または武則天)は、中国史上において唯一の女性の皇帝です。…

【関羽と魯粛の会談】蜀と呉の戦を収拾した単刀赴会の真実

単刀赴会(たんとうふかい)とは214年、劉備は益州(えきしゅう)を奪取して念願だった自身…

武蔵坊弁慶は実在したのかどうか調べてみた

出典 wiki 歌川国芳作源義経の相棒といえば武蔵坊弁慶と決まっている。だが、当の義経に…

山縣有朋 の功績ついて調べてみた【今までの評価は間違い?】

明治2年(1869年)、山縣有朋(やまがたありとも)は、ヨーロッパの地にいた。明治維新を成功させ…

「ロボトミー手術」3400回行った医師フリーマンとは?

経眼窩法(けいがんかほう)頭蓋骨の頭頂部や側頭部に穴を開けるのではなく、すでに開いている…

アーカイブ

草の実堂マンガ

人気記事ベスト7

PAGE TOP