作家

  1. 三島由紀夫と盾の会・昭和の世における割腹自決

    大作家の割腹自決三島由紀夫(みしまゆきお)は昭和を代表する作家として誰もが知る存在ではないでしょうか。三島は今年2019年から遡ること49年前の1970年(昭和45年)11月25日、自身が結成した「楯の会」会員らと陸上自衛隊の市…

  2. 軍医としても頂点を極めた才人・森鴎外

    森鴎外 本業は軍医森鴎外(もりおうがい)と言えば多くの日本人は明治の文豪をイメージされるので…

おすすめ記事

天下統一後の豊臣秀吉の政策

前回の記事 天下統一に至るまでの豊臣秀吉はじめに前回は、天下統一に至るまで、木下藤吉郎か…

TPPが施行されたら日本はどうなるのか

基礎経済学から考える TPPと貿易収支 について2017年1月に入り、アメリカのトランプ新大…

千姫(德川家康の孫娘、豊臣秀頼の妻)の波乱に満ちた生涯

※千姫姿絵(弘経寺蔵)徳川秀忠の長女千姫は、わずか6歳で大坂城の豊臣秀頼に輿入れし、大坂冬の陣と…

刑務所の食事は本当においしいのか?【実体験】

日本全国には、なんと70数か所の刑務所があるそうです。それらには女子、少年、医療、交通、社会復帰促…

ヘラクレスはなぜあれほど強かったのか?【ギリシアの英雄】

ギリシア英雄伝でも有名なヘラクレス。「強靭・力持ち・無敵」のイメージが強烈だが、彼は生まれた…

日本の祝日の由来

はじめに子どもの時学校が休みになる祝日や祭日は楽しみな日の1つでした。なぜなら友達とあそぶこ…

朝倉宗滴【信長に着目していた朝倉家全盛期を築いた戦国初期の名将】

信長の才能を見抜いていた 朝倉宗滴朝倉宗滴(あさくらそうてき)は元の名を教景(のりかげ)とい…

アーカイブ

スポンサーリンク
PAGE TOP