六道

  1. 建門院徳子の生涯 について調べてみた【生きながらにして六道を見る】

    平清盛の娘、高倉天皇の中宮、そして安徳天皇の母として知られる建礼門院徳子。徳子の生涯について調べてみた。誕生から入内まで徳子の生年没年は諸説あるが、仁平3年(1153年)から保元2年(1157)の頃とされる。仁平3年は、…

おすすめ記事

北条早雲 について調べてみた【戦国時代最初の大名】

人生50年といわれた時代。その男はもはや老人といっていい年代だった。僧となっていた男は、56歳に…

モンタナ級戦艦 〜大和を凌ぐアメリカ海軍幻の巨大戦艦

計画のみに終わった幻の戦艦モンタナ級戦艦はアメリカ海軍において計画された最大の戦艦でした…

三島由紀夫と盾の会・昭和の世における割腹自決

大作家の割腹自決三島由紀夫(みしまゆきお)は昭和を代表する作家として誰もが知る存在ではないで…

吉野家の歴史について調べてみた【牛丼】

国民食と言われて久しい牛丼ですが、今年は特にプレミアムな夏となっています。牛丼界の雄…

戦国大名はどのようにして生まれていったのか?【5つのパターンを検証】

そもそも戦国大名とは?戦国大名とは応仁の乱の後に、守護大名などの領主を倒して領地を得たり、自…

武田信玄を二度退けた武将・村上義清

信玄を退けた武将村上義清(むらかみよしきよ)は北信濃の戦国大名として、一度ならず二度までもあの武…

葉隠(はがくれ)【戦前は軍国主義のそしりを受けるも忠義を説いた書】

武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり「葉隠(はがくれ)」と言えば多くの方が、あまりに有名な一文「武士…

アーカイブ

スポンサーリンク
PAGE TOP