北朝鮮

  1. 平壌を走るボルボ「北朝鮮問題にスウェーデンが絡む理由」

    アメリカのトランプ大統領が北朝鮮の金正恩委員長と緊張状態に入り、一時は米朝衝突の可能性すらあった去年と打って変わって、今のところ、北朝鮮はアメリカ、日本、韓国と対話の方向でことを進めている。さて、そんな北朝鮮だが、実はこれらの3ヵ国…

  2. 北朝鮮の軍事力について調べてみた

    終わりの見えない北朝鮮問題。なかでも軍事衝突は「今そこにある危機」である。誰もがまさかと思いなが…

  3. 【北朝鮮】金正恩体制におけるカネと権力について調べてみた

    北朝鮮の首都・平壌(ピョンヤン)には、近年、絶叫マシーンや3D映像が楽しめる遊園地、大型の水族館など…

  4. 金正日について調べてみた【世襲はなぜ隠されたのか】

    金日成(キム・イルソン)により確立された「個人崇拝」が今も続く北朝鮮。なぜ、そのようなことになっ…

  5. 北朝鮮の観光事情について調べてみた【日本人も行ける!】

    北朝鮮の話題というと剣呑なものばかりだが、文化的な側面から見てみると実に興味深い。特に首都の平壌…

  6. 北朝鮮のミサイルの性能と脅威について調べてみた

  7. 北朝鮮の個人崇拝と建国の歴史を調べてみた【ソ連の生み出した怪物】

  8. 旧ソ連・北朝鮮の巨大建造物について調べてみた

  9. スカッドミサイルとPAC3について調べてみた

おすすめ記事

ステルス技術の進化について調べてみた その1

ステルスという言葉はアングロ・サクソン系単語で「盗む(スティール)」という動詞と同じ語源から派生して…

小惑星オウムアムアは宇宙人探査機?【第2のブラックナイトか】

2017年10月、ある天体が人々を騒がせた。太陽系外から飛来した謎の天体が、太陽系内を通過したニュー…

【テルマエとローマ皇帝】ハドリアヌス について調べてみた

18世紀のイギリスの歴史家「エドワード・ギボン」は著書「ローマ帝国衰亡史」のなかで、人類がもっとも幸…

マリー・アントワネット について調べてみた【非運の王妃】

<出典:Wikipedia>マリー・アントワネットへの批判マリー・アントワネ…

応仁の乱の原因は史上最も「ゆるくて醜い」家督争いだった

両軍合わせて27万もの軍勢を動員し、11年にも及んだ「応仁の乱」。どの勢力が戦い、勝者は誰だったの…

日本人が間違いやすいネイティブ英語④【食べ物 スープ 小麦 ナッツ編】

スポンサーリンク「ナッツが好きだ! と言ったら、ヤバい人が興奮しながら近付いてきた…」まあ…

第一次世界大戦・地上の主力は大砲だった【WW1シリーズ】

第一次世界大戦では、多くの新兵器が投入された。戦車、航空機、毒ガス、火炎放射器などの登場は、騎兵…

アーカイブ

スポンサーリンク
PAGE TOP