北朝鮮

  1. 平壌を走るボルボ「北朝鮮問題にスウェーデンが絡む理由」

    アメリカのトランプ大統領が北朝鮮の金正恩委員長と緊張状態に入り、一時は米朝衝突の可能性すらあった去年と打って変わって、今のところ、北朝鮮はアメリカ、日本、韓国と対話の方向でことを進めている。さて、そんな北朝鮮だが、実はこれらの3ヵ国…

  2. 北朝鮮の軍事力について調べてみた

    終わりの見えない北朝鮮問題。なかでも軍事衝突は「今そこにある危機」である。誰もがまさかと思いなが…

  3. 【北朝鮮】金正恩体制におけるカネと権力について調べてみた

    北朝鮮の首都・平壌(ピョンヤン)には、近年、絶叫マシーンや3D映像が楽しめる遊園地、大型の水族館など…

  4. 金正日について調べてみた【世襲はなぜ隠されたのか】

    金日成(キム・イルソン)により確立された「個人崇拝」が今も続く北朝鮮。なぜ、そのようなことになっ…

  5. 北朝鮮の観光事情について調べてみた【日本人も行ける!】

    北朝鮮の話題というと剣呑なものばかりだが、文化的な側面から見てみると実に興味深い。特に首都の平壌…

  6. 北朝鮮のミサイルの性能と脅威について調べてみた

  7. 北朝鮮の個人崇拝と建国の歴史を調べてみた【ソ連の生み出した怪物】

  8. 旧ソ連・北朝鮮の巨大建造物について調べてみた

  9. スカッドミサイルとPAC3について調べてみた

おすすめ記事

日本の謎の未確認生物【UMA】

未確認生物【UMA】 とはUMAとも表記され生物学的・科学的に確認されておらず、目撃情報や噂など…

聞きたくない話【漫画~キヒロの青春】51

今週から少し更新ペースを上げていきます!屈辱的な展開【漫画~キヒロの青春】5…

勝海舟・吉田松陰を生んだ洋学者・佐久間象山

暗殺者も後悔佐久間象山(さくましょうざん)は、幕末に江戸において私塾「五月塾」を開いて、ここ…

榊原康政について調べてみた【文武に秀でた徳川四天王】

書も達者榊原康政(さかきばらやすまさ)は徳川家康に小姓として出仕し、後には酒井忠次、本多忠勝…

「世界一出世した軍人」ドワイト・D・アイゼンハワー

アメリカ大統領をも務めた「アイク」ドワイト・D・アイゼンハワーの名は、現在アメリカ海軍の原子…

【お台場の由来】東京湾の軍事施設跡について調べてみた

レインボーブリッジ、フジテレビ、アクアシティ、ダイバーシティなど多くの観光地、ショッピングセンターで…

織田長益【信長の実弟にして秀吉・家康に仕えた武将】

有楽斎として高名織田長益(おだながます)は、織田信長の実弟に当たる武将・大名ですが長益より、…

アーカイブ

スポンサーリンク
PAGE TOP