小説家

  1. 太宰治の生涯 ~「5回の自殺と愛した女性たち」

    読書に興味がない方でも、日本で育った方のほとんどがご存知であろう小説家 太宰治 自殺を繰り返した経歴や『斜陽』などの作品世界から、世間とうまく関われない不器用な天才というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。太宰治の…

  2. 大阪弁小説の神髄、田辺聖子の生涯

    小説家の 田辺聖子 (1928~2019)をご存じだろうか。「おセイさん」の愛称で親…

  3. トルストイの生涯とオススメ作品【ロシアを代表する小説家】

    レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ (1828~1910)は、帝政ロシア時代の小説家・思想家で…

  4. 角田光代のオススメ小説 「年間読書数100冊超えの筆者が選ぶ!」

    この記事では、年間100冊以上の小説を読む本の虫・アオノハナが、作家別のおすすめ作品についてご紹介し…

  5. ブロンテ姉妹とは(シャーロット、エミリー、アン)【全員短命の天才小説家】

    ブロンテ姉妹とはブロンテ姉妹とは、長女のシャーロット・ブロンテ(1816~1855)、次女の…

  6. 林芙美子とは 〜森光子が2000回上演し国民栄誉賞を受賞した「放浪記」の作者

  7. 【近代イギリス長編小説の頂点】ジェーン・オースティンの生涯

おすすめ記事

十字軍遠征はなぜ9回も行われたのか?【聖地エルサレムの奪還】

十字軍とは十字軍とは、主に中世ヨーロッパにおいて、キリスト教諸国が聖地エルサレムをイスラム教徒か…

紅茶の完璧な入れ方 とグレード「イギリスの王立化学会も研究?」

2003年6月24日、イギリスの王立化学会が衝撃的なプレスリリースを出した。それは『…

エリザベート・バートリ について調べてみた【血の伯爵夫人】

その女性は貴族でありながら、歴史上でも名高い連続殺人者であり、「血の伯爵夫人」と呼ばれた。伯爵夫…

「お軽勘平の碑」めざし歩く 4月24日 戸塚の歴史の会参加者募集中

戸塚の歴史や文化、魅力を市民に伝えるために活動する「戸塚見知楽会」(根岸正夫代表)が、4月24(土)…

明治・大正時代の洋菓子について調べてみた

明治から大正時代というのは、伝統的な日本の文化の中に、西洋の文化が流れ込み、新たな文化が多数生まれた…

伊藤博文について調べてみた【若き頃は自らもテロリスト】

テロに倒れた政治家 伊藤博文伊藤博文(いとうひろぶみ)は、初代内閣総理大臣として日本の歴…

秀吉の2回目の大返し「美濃大返し」について解説 【羽柴秀吉vs柴田勝家】

美濃大返しとは「美濃大返し(みのおおがえし)」とは、賤ヶ岳の戦いの際に羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)…

アーカイブ

PAGE TOP