森田必勝

  1. 三島由紀夫と盾の会・昭和の世における割腹自決

    大作家の割腹自決三島由紀夫(みしまゆきお)は昭和を代表する作家として誰もが知る存在ではないでしょうか。三島は今年2019年から遡ること49年前の1970年(昭和45年)11月25日、自身が結成した「楯の会」会員らと陸上自衛隊の市…

おすすめ記事

イングランドで愛される犬と猫たち【公務員として働く猫】

日本でもペットを愛する人々はとても多い。平成29年の調査では、犬は約13パーセントの世帯が飼育、猫…

この地球は樹木の残骸でできていた

さて、まずは先にこちらを読んで欲しい。「古代の地球は巨木世界だった確かな証拠【この地球に山は…

「鬼島津」と言われた薩摩藩には強さの秘密があった?!

今、NHKで放映中の「西郷どん」、彼を導いた師が「島津斉彬」(渡辺謙さん役)。この島津家には底知れ…

徳川秀忠は本当に凡庸だったのか調べてみた【徳川2代目将軍】

徳川15代将軍のなかで、徳川秀忠の名はどこまで知られているのだろうか?もしかしたら、家康の後…

南極の氷の下の古代文明の集落跡

オーストラリアの2倍の面積を誇りながらも、全土の約98%が平均2kmもの厚さの氷で覆われた南極大陸。…

外国人から見た戦国末期から江戸時代の日本

16世紀半ばから17世紀半ばは「キリシタンの世紀」と呼ばれるが、同時にスペインやポルトガルなどとの南…

超古代文明の宇宙人統治説について調べてみた

(出典 photo AC )人類の技術進歩はいつからはじまったのだろうか。現在、私たちは高…

アーカイブ

スポンサーリンク
PAGE TOP