中国

  1. マイナー武将にも意地がある!『三国志演義』に描かれなかった王忠の史実エピソード

    日本人の多くは「三国志」と聞くと、史実『三国志』よりも、それを元にした歴史小説『三国志演義』の方をイメージすると思います。しかし、両者を読み比べてみると結構違いがあるもので、同一人物でも設定が違っていたり、結末が変わっていたりなどす…

  2. どこまでも関羽ひとすじ…『三国志演義』の名脇役・周倉の武勇伝

    中華街の関帝廟(かんていびょう)へお参りに行くと、主祭神である関羽(かん う。字は雲長)の両隣に対照…

  3. 馬超は五虎大将軍で最も影の薄い男だった「潼関の戦いのみの一発屋」

    五虎大将軍で最も影の薄い男 馬超三国志演義では劉備の漢中王即位とともに「五虎大将」という…

  4. 桓帝 「後漢末期の流れを作った皇帝」宦官vs清流派

    数字を見ると分かる後漢皇帝の異常な年齢三国志の舞台となる後漢は、西暦25年の成立から220年の滅…

  5. まさかのフュージョン!?『三国志演義』の俄何焼戈、元は二人の武将だった

    「天下三分の計」によって大陸に魏・呉・蜀の三王朝が鼎立し、英雄たちが覇権を競って激戦を繰り広げた歴史…

  6. 劉備の実像【演義とは違うリアリスト 正史三国志】

  7. 夏侯氏の作った魏と蜀の縁【張飛の妻 夏侯姫】

  8. 魯粛の実像【三国鼎立の立役者・正史三国志】

  9. 優秀すぎて身を滅ぼした曹操の軍師・楊修の“鶏肋”エピソードを紹介【三国志】

  10. 龐統は呉のスパイだった?【三国志の珍説】

  11. 終わりの始まり 曹丕の即位【早すぎた魏の初代皇帝の死】

おすすめ記事

共謀罪 を分かりやすく伝えるために調べてみた

2017年6月15日未明、参議院本会議においてある法案が成立した。「テロ等準備罪」を新設する「改…

【解説】 なぜ日本では新型コロナウイルスの死者が不思議なほど少ないのか

ルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ、BBCニュース東京特派員日本はなぜ、新型コロナウ…

三島由紀夫と盾の会・昭和の世における割腹自決

大作家の割腹自決三島由紀夫(みしまゆきお)は昭和を代表する作家として誰もが知る存在ではないで…

徳川家斉【徳川11代目将軍】松平定信による寛政の改革

徳川家斉(いえなり)は1773年に徳川(一橋)治斉の子として生まれた。10代将軍徳川家治の長…

幕末政治史をリードした陰の立役者『小松帯刀』について調べてみた

(出典:Wikipedia)「幕末薩摩藩」といえば、西郷隆盛、大久保利通などがすぐに思い浮かぶ…

今日は日食が起きる。次は10年後!時間と方向、安全に見るには?

今日、6月21日は日食が起こる。天候がよければ日本全国で見られ、曇っていても、薄い雲なら…

SNSの注意点について調べてみた【炎上 ネットトラブル】

インスタグラム、Facebook、LINE、TwitterなどSNSはネットを通じて様々な人たちと簡…

アーカイブ

スポンサーリンク
PAGE TOP