大友義鎮

  1. 大友宗麟について調べてみた【キリシタン大名】

    謎の多い 大友宗麟大友義鎮(おおともよししげ)は、大友氏第21代当主で、一般的には宗麟(そうりん)の号で知られている大名です。最大の版図を誇った1560年代には、豊後、豊前、筑前、筑後、肥前、肥後の九州北部6か国を配下に治め、守護…

おすすめ記事

武家官位について調べてみた【暗黙のルールがあった】

皆さん、織田上総介信長、という人は聞いたことはあるだろうか?これは皆さんご存知の織田…

江戸の発展に貢献した玉川上水について調べてみた

かつて江戸の町を潤わせた上水は、今も一部が利用されている。42kmという長大な玉川上水のことだ。江…

仙台市で男女2人の感染確認 県内172人に

仙台市で3日、新たに40代から70代の男女4人が新型コロナウイルスに感染したことが確認さ…

ディズニーパークの城のモデル「ノイシュヴァンシュタイン城」について調べてみた

ウォルト・ディズニーの思いが込められた城ディズニーパークには、ランドマークとなる城がパークの中心…

NASAの火星探査車「パーセベランス」日本時間7月17日夜に打ち上げ

今年の夏に打ち上げられる火星探査車「パーセベランス(Perseverance)」の打ち上…

伊藤博文の信じられない女好きエピソード【初代総理大臣】

伊藤博文 とは?伊藤博文 は日本の初代総理大臣であり、憲法の公布や下関条約の日本側の全権…

現役中学生に聞いてみた「現代っ子に忘れ去られた昔の遊び」

※Σ64 - ベーゴマ(尾県郷土資料館で撮影)「中学生のコミュニケーションにはスマホが必須!…

アーカイブ

スポンサーリンク
PAGE TOP