天皇機関説事件

  1. 天皇機関説事件について調べてみた【学説上の憲法解釈に圧力を加えた事件】

    定説とされていた 天皇機関説天皇機関説事件 は1935年(昭和10年)に当時の軍国主義の風潮を反映して発生した事件のことです。それまでは大日本帝国憲法下で天皇の位置づけを示した主流の学説でしたが、その名称や天皇を絶対視する層から…

おすすめ記事

誕生日石&花【3月21日~31日】

他の日はこちらから 誕生日石&花【365日】誕生日石のご購入なら品数が豊富なパワーストーン専門店…

<コラム>「われわれは仏教徒」日本仏教 パパはお坊さん3

中国・朝鮮、また東南アジアのご僧侶などが日本に来られて「えっ?お坊さんに子どもがいるの?…

誕生日石&花【8月21日〜31日】

他の日はこちらから 誕生日石&花【365日】【8月21日】愛情豊かで、好奇心旺盛。直感の鋭い…

日本の夏にかかせない「国産線香花火」の歴史

日本の夏にかかせないものと言えば、夜空を彩る花火です。夏の始まりとともに日本中のあちらこ…

【お茶の三大産地】日本三銘茶(静岡茶・狭山茶・宇治茶)のお茶を徹底解説

日本人の食生活に欠かせない「日本茶」。一口に日本茶と言ってもその種類は多く、産地によって…

広島が首都だった時【広島大本営と第七回帝国議会】

そもそも大本営とは?大本営とは天皇直属の最高統帥機関のこと。要するに日本の軍部の最高機関とい…

豊臣秀長について調べてみた【豊臣政権を支えたナンバー2】

豊臣秀吉の片腕、豊臣秀長血縁関係というものは時に残酷で時に頼もしくもある。特に戦国時代は後継…

アーカイブ

スポンサーリンク
PAGE TOP