朝倉氏

  1. 朝倉義景 〜優柔不断でチャンスを逃した大名

    朝倉義景は朝倉家第11代目当主であり、越前国の大名です。彼は一時は織田信長を討ち取る一歩手前まで追い詰めましたが、最終的に信長に敗れ自害しました。優柔不断な性格から上洛のチャンスを逃す朝倉家が治めていた越前国は天皇が…

  2. 朝倉宗滴【信長に着目していた朝倉家全盛期を築いた戦国初期の名将】

    信長の才能を見抜いていた 朝倉宗滴朝倉宗滴(あさくらそうてき)は元の名を教景(のりかげ)とい…

おすすめ記事

蘇生を夢見てロシアで冷凍保存する人たち

人間は誰もが長寿を願いますが「死」だけは避けられません。でも、それは現代の話。医療は日々進歩していて…

ノルマンディー上陸作戦 【プライベート・ライアンの描写そのもの】

第二次世界大戦を引き起こし、ヨーロッパの大半をその支配化に収めたナチス・ドイツは、1941年、ソ連へ…

縄文時代について調べてみた【意外と技術に優れていた】

縄文時代の始まりは土器が登場し、定住生活が本格化した12,000年前からというのが定説である。…

井伊直弼と桜田門外の変について調べてみた

井伊直弼(いいなおすけ)は彦根藩に生まれた。井伊直弼の父は直中で、直弼は初代藩主直政から数え…

皇帝ネロ は本当に暴君だったのか?【ローマ帝国】

ローマ帝国の第5代皇帝にして、「暴君」の代名詞としても歴史に名が残るネロ・クラウディウス身内…

禁門の変 ~幕末のターニングポイントとなった京都市街戦

朝敵となった長州藩禁門の変(きんもんのへん)は、元治元年7月(1864年8月)に京で発生…

誕生日石&花【10月21日~31日】

他の日はこちらから 誕生日石&花【365日】【10月21日】聡明で魅力的。愛情豊かな人間関係…

アーカイブ

スポンサーリンク
PAGE TOP