朝倉氏

  1. 朝倉宗滴【信長に着目していた朝倉家全盛期を築いた戦国初期の名将】

    信長の才能を見抜いていた 朝倉宗滴朝倉宗滴(あさくらそうてき)は元の名を教景(のりかげ)といい、越前の戦国大名・朝倉氏を三代にわたって支えた武将です。その武名は遠く他国にも知られ、戦国大名としての朝倉家の地位を盤石なものとした猛…

おすすめ記事

丹羽長秀について調べてみた【最盛期の領地は100万石を超えた大大名】

米五郎左の異名丹羽長秀(にわながひで)は、織田信長・豊臣秀吉の二人の天下人に仕えた武将・大名…

死後に中納言まで出世した信長の義弟・浅井長政

信長の同盟者 浅井長政浅井長政(あざいながまさ)は北近江を治めていた戦国大名であり、織田…

さぬきうどんについて調べてみた

「うどん県」としてすっかり定着した香川県。その名に偽りなく、うどん消費量も全国で第1位である。2…

祭りと神輿の歴史について調べてみた

※.三之宮神輿出し(三社祭)祭囃子が聞こえ、「わっしょい」と威勢のいい掛け声とともに担がれる神…

諸葛孔明は本当に天才軍師だったのか調べてみた

諸葛孔明 は本当に天才軍師だったのか?諸葛孔明といえば、中国の歴史書『三国志』に登場する天才…

酒癖の悪さで名槍を失った武将・福島正則

家宝の名槍・日本号福島正則(ふくしま まさのり)と言えば、加藤清正と並んで豊臣秀吉の子飼いの…

織田信長は本当に「人間五十年」と謡(うた)ったのか

はじめに信長は、快く湯漬を喰べ終ってから、その勝栗を二つ三つ掌に移して、ぼりぼり喰べ、 「…

アーカイブ

スポンサーリンク
PAGE TOP