投稿者の記事一覧

アバター

吉田輝雄

仕事場では、働き方改革や設備投資のおかげで、本を読む機会がふえました。まずは、発表の場として、提供して頂いている草の実堂さんに感謝ます。本を読む事で物の見方や概念、又は処理能力が変わっていきました。それに伴い、周囲からも少し変わり者とみられていきました。周囲には気を使いながら生きています。これからも、共同体の一部として生活をしていきます。これから書く記事は私事の発散も兼ねております。もしよろしければ、是非、お付き合いください。読んで頂き有難うございました。

  1. ネアンデルタール人と私たちの歴史 「そしてヒトが生き残った」

    この世界に人種は様々です。「我々日本人と外国人」との違いといった本は沢山あります。違いを追い求め、人間をどこまでもさかのぼっていった最後の分かれ道、「ネアンデルタール人」と私たちの祖先について調べてみました。是非、お付き合いください…

おすすめ記事

人気漫画「鬼滅の刃」と類似点 別府市の八幡竈門神社が聖地に?【大分県】

別府市内竈の八幡竈門(かまど)神社が、人気漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」のファンの…

長野銀行が職員の「新型コロナ」感染公表 小諸支店の20代男性職員 濃厚接触者は同僚2人・顧客2人 21日は臨時休業

長野銀行は20日、小諸支店に勤務する20代の男性職員が新型コロナウイルスに感染したことが…

巨大な盾持ち人埴輪が出土、大阪

大阪府羽曳野市、藤井寺市にまたがる陵東遺跡の溝から盾持ち人、力士、男子像の人物埴輪3体(…

松下幸之助について調べてみた【経営の神様】

大正7年(1918年)、妻の「むめの」、むめのの弟・歳男とともにわずか3人で設立した「松下電器器具製…

明智光秀はどうすれば天下を取れたのか?【本能寺の変~山崎の戦いまで】

謎の多い戦国武将の筆頭格「明智日向守光秀」は、謀反人としての不人気よりも、花も実もある戦国大名として…

ドイツの慰安婦像めぐり、名古屋市長が「あきれた会見」と韓国メディア、ネット「不買運動で対抗だ」

2020年11月3日、韓国・イーデイリーは、名古屋市の河村たかし市長が「あきれた記者会見を行った」と…

秀吉の中国大返しはなぜ成功したのか?【230kmの距離を7日で強行】

中国大返しとは1582年6月2日、明智光秀が主君の織田信長を裏切り襲撃した本能寺の変が起こった。…

アーカイブ

スポンサーリンク
PAGE TOP