心理学

  1. 「集団で行う恐怖」群衆心理の危険性

    赤信号、みんなで渡れば怖くない…この言葉を聞いたことはないだろうか。もちろん、一人で渡ろうが十人で渡ろうが、赤信号の危険は変わらない。物理的に一人よりも十人のほうが誰かが盾となって助かる確率が上がりそうだが、そういった問題で…

  2. ロボトミー手術はなぜ行われたのか?「禁じられた脳治療」

    ロボトミー手術とは、頭の両側に穴をあけメスをいれる外科手術のことであり、その目的は脳の前頭葉…

  3. フロイトの半生とヒステリー治療について調べてみた

    「心理学界で知らない人はいない、ジーグムントフロイトの半生とヒステリー治療」ジーグムント…

  4. フロイト「喫煙がやめられない人の原因は幼少期の搾乳法にあり」

    煙草がやめられない人は、口寂しさに最も苦しむ。健康的には害でしかない煙草を辞められない理由に…

  5. 遠距離恋愛は続かない?近くにいる人を好きになる単純接触効果

    遠距離恋愛 は続かない、という話がある。なかなか会えないし、お金もかかるし。会えない…

  6. 24人のビリー・ミリガン 【映画にもなった多重人格者】

おすすめ記事

蘆屋道満について調べてみた【安倍清明のライバル!?】

今から1000年ほど昔のこと。平安の都に1人の男がいた。名を安倍清明という。幼くして賀茂…

関係ない借金【漫画~キヒロの青春】㊶

昔は怪しい携帯ショップ多かったですよね。占いで決断【漫画~キヒロの青春】…

日本史上最大の兄弟喧嘩 「観応の擾乱」をわかりやすく解説

1333年、後醍醐天皇(ごだいごてんのう)は鎌倉幕府を倒し建武の新政を行ったが、公家よりの政策が多く…

恐竜の化石を追い求めて40年以上 研究者が伝えたい太古のロマンと子どもたちへのメッセージ

岡山理科大学の特担教授兼恐竜学博物館館長である石垣忍教授は、日本の恐竜学を大きく前進させた研究者の一…

浅野長政 ・豊臣の五奉行筆頭でありながら徳川にも重用された大名

明治まで続いた浅野家の祖浅野長政(あさのながまさ)は織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑…

鎌倉は「源氏の街」?かつて鎌倉を治めていた坂東平氏・鎌倉一族の歴史を紹介

鎌倉に棲んでいると、たまに「鎌倉は源氏の街(?)」という声を耳にします。かつて鎌倉から武士の…

ブルマー消滅の歴史を調べてみた

ブルマー消滅の歴史を調べてみた「ブルマー」と聞いて「懐かしいなぁ」と感じたあなた、昭和生…

PAGE TOP