幕末明治

幕末のジャンヌダルク・新島八重と新島襄 【大河ドラマ『八重の桜』のモデル】

八重の桜』は、2013年度の大河ドラマであり、主演を女優の綾瀬はるかが務めた。

2011年3月11日に、東日本大震災が発生したことをきっかけに、東北復興を支援するドラマが作れないか…という意図のもと、作成されたドラマである。

このドラマのヒロインは、新島八重
福島県会津出身で、のちに学校法人同志社を創設した、新島襄(にいじまじょう)の妻となった女性である。

この記事では、そんな新島八重の生涯と、夫となった新島襄について、追ってみたいと思う。

新島八重と戊辰戦争

幕末のジャンヌダルク・新島八重と新島襄

新島襄の妻・八重の写真

新島八重(1845~1932)は、江戸時代から昭和初期までの、激動の時代を生きた女性である。

彼女の活躍は、主に幕末から明治時代が中心であり、「幕末のジャンヌダルク」として、現代に語り継がれている。

1845年12月1日、会津藩(現在の福島県)の砲術指南役である山本権八と、妻・佐久の三女として誕生した八重は、女の子ながら、豪胆な性格をしており、米俵を持ち上げることができるほどの怪力だったそうだ。

当時、女性の仕事といえば、料理や裁縫など、主に家の中のものであったが、八重はそれらのことよりも、父親が指南していたという”砲術”に興味を持った。

また、実兄の山本覚馬(かくま)からは、洋式砲術(ピストルの使い方)を学び、幼い頃から、戦闘に関心を持っていたという。

八重が20代前半頃の1868年、戊辰戦争が始まり、会津藩は新政府軍から進攻を受けることになる。

新政府軍には、最新式の兵器が揃っており、会津藩は追い込まれるものの、武家の子女たちは、煮炊きや負傷兵の救護活動などを行い、銃後の守りを固めていた。

そんな中、八重は自ら、スペンサー銃と刀を手に持ち、男子に混じって戦ったのだった。

当時、八重は川崎尚之助という男性と結婚していたが、尚之助は捕虜となり、その後2人が再会することはかなわなかった。
さらに、父・山本権八や弟は戦死、兄の山本覚馬も新政府軍に囚われ、八重は家族はもちろんのこと、故郷である会津を失うことになってしまったのだった。

京都上洛と兄・覚馬

幕末のジャンヌダルク・新島八重と新島襄

山本覚馬 (1828-1892) 八重の兄・山本覚馬。1864年頃に眼病を患い、ほとんど失明状態になっている。

26歳になった八重は、1871年、京都府顧問となっていた兄・山本覚馬のもとへ身を寄せることとなる。
覚馬は、薩摩藩に囚われ、収容されていたが、その優秀さが評価され、翌年、岩倉具視の力添えにより、釈放されている。

そこで八重は、兄の推薦を受け、京都女紅場にて、礼法や養蚕の指導にあたった。
そして、この京都生活で、英語やキリスト教、洋風の生活などを身につけていく。

※京都女紅場とは、1870年代に、女子に対して読み書きそろばんや裁縫、手芸を教えた教育機関のことである。

八重にとって、この兄・覚馬の存在は、とても大きなものだったに違いない。

覚馬は、明治維新の立役者・勝海舟と共に学び、蘭学所を設立するなど、当時から革新的な考えを持った男性であった。

1866年頃からは、長崎へ赴き、ドイツの商人カール・レーマンと鉄砲の購入交渉を行うなど、日本の発展のために、多いに力を尽くした。

そしてこの頃、兄・覚馬のもとに出入りしていた未来の夫、新島襄と出会うのである。

夫・新島襄と「ハンサム」な女性

幕末のジャンヌダルク・新島八重と新島襄

結婚間もない新島襄と八重

新島襄(にいじまじょう:1943~1890)は、キリスト教の教育者として活躍した男性である。

1864年、21歳の時に密出国してアメリカに渡り、キリスト教の洗礼を受けて、神学を学んだ。
帰国後は日本国内で、伝道師として活躍し、多くの人々にキリスト教の教えを伝えたという。

新島襄は、八重の潔いふるまいや、革新的な物事の考え方に触れた。

2人は互いに尊重しあい、新島襄はたびたび周囲との確執を生んでいた八重に対し、優しくいさめながら、見守っていたという。

また、新島襄はアメリカの友人へ書いた手紙の中で、八重のことを「彼女は見た目は決して美しくはありません。ただ、生き方がハンサムなのです。私にはそれで十分です」と語っていたという。

欧米スタイルが身についていた新島襄と、男勝りの八重は、まさにお似合いの夫婦であると言えるだろう。

その後、新島襄は、同志社英学校を開設し、学校運営のために奔走するも、急病にかかり、1890年、わずか46歳で急死する。

民間女性初の叙勲

新島八重(右)とエヴァンジェリン・ブース

悲しみにくれる八重だったが、その後も彼女は、自分らしく生きる道を選択する。

1890年、新島襄の死後まもなく、八重は日本赤十字社の正社員となる。

1894年に起こった日清戦争では、広島の陸軍予備病院で、看護婦として従軍した。

その際には、40人ほどいた看護婦の取締役として活躍し、怪我・病人の看護はもちろんのこと、看護婦の地位向上についても、さまざまな働きかけをおこなった。

また、1904年には、日露戦争のため、大阪の陸軍予備病院に従軍し、その功績が認められると、政府から勲六等宝冠章を授与された。

皇族以外の女性が、叙勲を受けるのは、史上初めてのことであった。

八重の晩年

1940年11月、八重は、京都市上京区にある、新島旧邸を同志社に寄付する。

新島旧邸(京都市上京区)wiki(c)Heartoftheworld

この邸は、現在でも学校法人同志社が管理しており、「同志社発祥の地」とされており、京都市指定有形文化財にも指定されている。

1928年には、昭和天皇の即位大礼の際に、様々な功績が認められ、銀杯を下賜されるも、その4年後、病気のため、86歳でこの世を去った。

八重は生涯にわたり、2度の結婚をしたが、夫らとの間に子供をもうけることはなかった。

だが、養子になった娘・初子とは良好な関係を保っており、晩年には養女らのサポートを受けていたようだ。

「幕末のジャンヌダルク」、「会津の巴御前」、「日本のナイチンゲール」など、数々の異名を持つ新島八重だが、その男勝りな豪胆さと、女性らしい慈愛に満ちた心持ちを共存させた、彼女の魅力は、現在でも多くの人の心を動かしている。

 

アバター

アオノハナ

投稿者の記事一覧

歴史小説が好きで、月に数冊読んでおります。
日本史、アジア史、西洋史問わず愛読しております。

オススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 大政奉還後の徳川慶喜と戊辰戦争
  2. 松平春嶽について調べてみた【本人は否定した幕末の四賢候】
  3. 「鬼島津」と言われた薩摩藩には強さの秘密があった?!
  4. 東京が首都になった理由について調べてみた【東京奠都】
  5. 福沢諭吉【やせ我慢で武士の矜持を示した幕臣】瘠我慢の説
  6. 森鴎外 〜軍医としても頂点を極めた才人
  7. 幕末の騒乱の舞台となった京都について調べてみた
  8. 新選組の天才剣士・沖田総司【性格は明るい人物だった】


新着記事

おすすめ記事

ノルマンディー上陸作戦 【プライベート・ライアンの描写そのもの】

第二次世界大戦を引き起こし、ヨーロッパの大半をその支配化に収めたナチス・ドイツは、1941年、ソ連へ…

渋野日向子選手の全英女子オープン優勝をやさしく解説

渋野日向子選手、全英女子オープン制覇!先日(最終日 8/5)行われた全英女子オープンでは…

近いけど遠い【漫画~キヒロの青春】㉖

心の距離と身体の距離って、必ずしも連動してませんよね。引…

アーカイブ

PAGE TOP