三国志

  1. 袁術だけじゃない!「三国志」の時代、皇帝を僭称した張挙の野望と張純の乱

    男として生を享けた以上、目指すは天下、皇帝の座……世が乱れれば乱れるほど、多くの者が野心を抱き、天命を革(あらた)めるべく王朝を打ち立てては滅ぼされていきました。時は紀元2~3世紀、中国大陸に魏・呉・蜀(蜀漢)と三つの王朝が鼎立した…

  2. 賄賂を要求した役人を滅多打ち!『三国志』の名場面、その犯人は?

    落ちぶれていても王族の誇りを忘れず、志に集う仲間たちと共に幾多の困難を乗り越え、ついには漢王朝(蜀漢…

  3. 1年間で4回も改元!?『三国志』の黎明期、混乱を極めた中平六年を振り返る

    日本で最も短い元号は、鎌倉時代中期、暦仁(りゃくにん)の74日。命名の出典は中国二十四史の一つ『隋書…

  4. まさかのフュージョン!?『三国志演義』の俄何焼戈、元は二人の武将だった

    「天下三分の計」によって大陸に魏・呉・蜀の三王朝が鼎立し、英雄たちが覇権を競って激戦を繰り広げた歴史…

  5. 曹操がその死を悼んだ名将!『三国志演義』で無能に描かれてしまった鮑信の意外?な活躍

    実際の歴史をモチーフにした創作だと、しばしば登場人物の設定が史実と異なることがあります。創作…

  6. 優秀すぎて身を滅ぼした曹操の軍師・楊修の“鶏肋”エピソードを紹介【三国志】

  7. 張遼の異常な武力と合肥の戦い【正史の方が活躍していた】

  8. 姜維伯約とは 【正史と演義で描かれ方が違う賛否両論の武将】

  9. 三国志について~書物編~【正史、演義、吉川三国志】

  10. 劉備玄徳が母親思いだったというのは本当なのか?

おすすめ記事

戦争論 〜現在でも各国の軍の教育に用いられている名著

プロイセン軍人 クラウゼビッツ戦争論 はプロイセン(北部ドイツ)の軍人カール・フォン・ク…

新選組隊士たちの恋人について調べてみた

新選組といえば、江戸時代末期、京都にて尊王攘夷派の弾圧のため活動した剣客集団のことである。…

学校のプールの歴史について調べてみた

本格的な夏の到来前だというのに早くも連日真夏日やら猛暑日やらを記録している日本列島、地球温暖化を実感…

関ケ原の戦い以降の毛利氏と明治維新

はじめに毛利元就が中国地方を統一した後、1571年に病死した。前回の記事 → 毛利氏―安芸の…

ヘラクレスはなぜあれほど強かったのか?【ギリシアの英雄】

ギリシア英雄伝でも有名なヘラクレス。「強靭・力持ち・無敵」のイメージが強烈だが、彼は生まれた…

大館市の歯科医院勤務の男性 患者を診療したあと新型コロナに感染発覚 秋田

秋田県大館市の歯科医院で患者を診療した非常勤の男性歯科医師が7月、新型コロナウイルスに感…

武田信玄を二度退けた武将・村上義清

信玄を退けた武将村上義清(むらかみよしきよ)は北信濃の戦国大名として、一度ならず二度までもあの武…

アーカイブ

スポンサーリンク
PAGE TOP