古代文明

超古代文明の宇宙人統治説について調べてみた

オーパーツ
(出典 photo AC )

人類の技術進歩はいつからはじまったのだろうか。

現在、私たちは高度な科学技術が駆使されたものに囲まれ、便利で快適な世の中を満喫している。
スマートフォンをはじめ、数十年前には想像すらしていなかったようなものが次々と発明、実用化され、日常生活のなかにすっかり浸透している。

その一方で、古代人たちが、現代では実現不可能なはるかに進んだ技術の品を愛用していて、今よりも豊かで快適な生活を送っていたことを裏づけるような遺物や伝説が、世界各地で発見されている。

それらについて調べていくと、「古代人たちはどのようにしてその技術を習得したのか」という疑問が浮かんでくる。
そこで登場するのが「宇宙人」の存在である。

スポンサーリンク

 

想像を絶するオーパーツの存在

宇宙人と超古代文明の関係性を探るまえに、まず語るべきは『オーパーツ』の存在だ。
オーパーツとは、その時代の技術では実現不可能な遺跡や遺物の総称で、目的や製造方法、原材料がわからない物を指す。

オーパーツという言葉が初めて使われたのは、現在のコロンビアで『黄金のスペースシャトル』が発見されたときだ。
形状が現代のスペースシャトルそっくりだったことで、世界中に衝撃が走った。

黄金のスペースシャトルが作られたのは、マヤ・インカ文明よりも前の紀元前800年という仮説が立てられた。
その頃は宇宙飛行船はおろか、自動車も存在しなかったはず。
黄金のスペースシャトルのモデルとなったのはなんだったのか。
魚などの動物とも考えられたが確証がなく、謎のまま放置された。

あらたに出てきたのは高度な文明を持つ、宇宙人の存在だった。
「宇宙人の乗り物をあらわしている」「宇宙人から技術を教わって完成させた」という二つの仮説が浮上した。

 

それに呼応するように発掘されたのが、『ナスカの地上絵』だ。

オーパーツ
(出典 wikipedia )

巨大なナスカの地上絵には、黄金のスペースシャトルに似たような描写もあったことから宇宙人の存在がより濃厚になってきた。
上空からしか判別できない巨大なナスカの地上絵には、目的、製造方法など分からないことが多く、現在もたくさんの疑問と可能性が秘められている。
仮設のなかには「宇宙人の滑走路」というものもある。

 

有名な『ピラミッド』も目的や建築方法は未だはっきりしていないし、イースター島のモアイ像には「ムー大陸の名残説」もある。

 

宇宙飛行の様子を完全に表しているといわれる『パレンケの石棺』など、古代人の生活からはかけ離れていたと想像される物が、世界中で多数発見されている。

オーパーツ
(出典 Wikipedia)

一部のオーパーツのなかには製造方法が判明されているものもあるが、多くが謎のままである。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 世界の大洪水伝説 について調べてみた
  2. この地球は樹木の残骸でできていた
  3. 「バベルの塔」は実在するのか? モチーフとなったジッグラトを調べ…
  4. レムリア文明について調べてみた
  5. 古代の地球は巨木世界だった確かな証拠【この地球に山は森はなかった…
  6. アドルフ・ヒトラーとオカルティズムについて調べてみた
  7. 謎のアトランティス大陸について調べてみた
  8. 古代の超大陸について調べてみた【 パンゲア大陸 】

コメント

    • 匿名
    • 2017年 3月 30日

    シュメール文明の事かと思ったら触れても無かったでござる

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP