古代文明

超古代文明の宇宙人統治説について調べてみた

オーパーツ
(出典 photo AC )

人類の技術進歩はいつからはじまったのだろうか。

現在、私たちは高度な科学技術が駆使されたものに囲まれ、便利で快適な世の中を満喫している。
スマートフォンをはじめ、数十年前には想像すらしていなかったようなものが次々と発明、実用化され、日常生活のなかにすっかり浸透している。

その一方で、古代人たちが、現代では実現不可能なはるかに進んだ技術の品を愛用していて、今よりも豊かで快適な生活を送っていたことを裏づけるような遺物や伝説が、世界各地で発見されている。

それらについて調べていくと、「古代人たちはどのようにしてその技術を習得したのか」という疑問が浮かんでくる。
そこで登場するのが「宇宙人」の存在である。

スポンサーリンク

 

想像を絶するオーパーツの存在

宇宙人と超古代文明の関係性を探るまえに、まず語るべきは『オーパーツ』の存在だ。
オーパーツとは、その時代の技術では実現不可能な遺跡や遺物の総称で、目的や製造方法、原材料がわからない物を指す。

オーパーツという言葉が初めて使われたのは、現在のコロンビアで『黄金のスペースシャトル』が発見されたときだ。
形状が現代のスペースシャトルそっくりだったことで、世界中に衝撃が走った。

黄金のスペースシャトルが作られたのは、マヤ・インカ文明よりも前の紀元前800年という仮説が立てられた。
その頃は宇宙飛行船はおろか、自動車も存在しなかったはず。
黄金のスペースシャトルのモデルとなったのはなんだったのか。
魚などの動物とも考えられたが確証がなく、謎のまま放置された。

あらたに出てきたのは高度な文明を持つ、宇宙人の存在だった。
「宇宙人の乗り物をあらわしている」「宇宙人から技術を教わって完成させた」という二つの仮説が浮上した。

 

それに呼応するように発掘されたのが、『ナスカの地上絵』だ。

オーパーツ
(出典 wikipedia )

巨大なナスカの地上絵には、黄金のスペースシャトルに似たような描写もあったことから宇宙人の存在がより濃厚になってきた。
上空からしか判別できない巨大なナスカの地上絵には、目的、製造方法など分からないことが多く、現在もたくさんの疑問と可能性が秘められている。
仮設のなかには「宇宙人の滑走路」というものもある。

 

有名な『ピラミッド』も目的や建築方法は未だはっきりしていないし、イースター島のモアイ像には「ムー大陸の名残説」もある。

 

宇宙飛行の様子を完全に表しているといわれる『パレンケの石棺』など、古代人の生活からはかけ離れていたと想像される物が、世界中で多数発見されている。

オーパーツ
(出典 Wikipedia)

一部のオーパーツのなかには製造方法が判明されているものもあるが、多くが謎のままである。

 

オーパーツが示す宇宙人の関与

オーパーツの存在は、アトランティス・ムー・レムリアなど超古代文明からマヤ・アステカなどの高度な文明の名残を世間に見せてくれる。
正史では架空の産物ととらえられ否定されているが、現存する遺跡もあることで、100%ありえないと言い切ることはできない。

 

ここで点と点と結ぶのが、神話や伝承の存在である。
高度な文明だったにもかかわらず、現在その名残がほとんどみられないのは、それらの超古代文明が滅びたという伝説が大きく関係しているだろう。

 

伝承によると、アトランティスやムーは「一瞬で跡形もなく滅びた」といわれている。
そのため、高度な技術を持った人々の子孫も存在していないのである。
子孫がいないために超古代文明は最初から存在しないものとされているが、そんななか、その技術の一端を垣間見せてくれるのが、世界各地に散らばっているオーパーツの存在なのだ。

 

王道の人類の歴史にあてはめると解決できない事柄を、オーパーツの存在を「宇宙人の飛来」という仮説に繋げると、パズルのピースがそろったかのようにとたんに全体像が浮かび上がってきて理解できるような部分も出てくるのである。

 

宇宙人が支配したと考えられる超古代文明

宇宙人の飛来と超古代文明は大きく関係しており、古くは「火星人が統治していた」という説が、現在では「宇宙人と人類のハイブリッド(混成)が統治していた」という説がある。
彼らが権力の中枢にいたと考えられている。
すると、たとえばアトランティスの滅亡の原因のひとつとして定番の「神の怒り」という仮説も説明がつく。

 

また、べつの説では「他国からの侵攻を避けるために、当時、飛来してきた複数の宇宙人と手を組んだ」というものもあり興味深い。
その頃の高等技術としては、伝承では「テレパシーでの会話」や「天変地異を操作できた」というものがある。
アトランティスの代名詞である『オリハルコン』も、「宇宙人の遺産ではないか」ととらえると整合性がみえてくるのではないだろうか。

 

ムー大陸と関連づけられることが多く、建造方法や目的も分からない『モアイ像』も、「宇宙人へのモニュメント」という説がある。

オーパーツ
(出典 ぱくたそ)

上半身だけしかない、地球上の人物とは言い難い姿のモアイ像は、まさに宇宙人をイメージしているともいえる。
ムーを造った宇宙人への尊敬の念が込められていると思われる。
イースター島には、そのことを裏づける『鳥人伝説』も存在している。

 

エジプトの『ピラミッド』も長いあいだ発掘調査されている遺跡だが、整合性のとれた石の積み上げと大きさなど、宇宙人の技術関与を認めないと説明できないことが多いという。

All Giza Pyramids

(出典 wikipedia)

 

驚くべきことは、ピラミッドやモアイ像などオーパーツと呼ばれる遺物が地球の一直線上に並んでおり、寸分の狂いがないという事実だ。

 

『ノアの方舟』が「じつは宇宙船であった」という説もある。
ノアの洪水伝説は各地にも派生した話が数多く存在していることで有名だが、「ノアの方舟は宇宙船で、当時の地球に限界を感じ逃げた、もしくは、選ばれた人類を逃がした」というものである。

 

まとめ

超古代文明の陰には、常に人知を超えた存在(宇宙人)の影がある。
超科学的な見解で繰り広げられる議論のなかには、現在の知識を持ってしても解決できないものも多くある。
「宇宙人が作った」と考えると多くの謎が解明できる一方で、決定的な証拠がないというのも事実。

 

いくつかのオーパーツには、製造方法が解明されつつあるものもあり、すべてが宇宙人を肯定するわけではない。
しかし、太古に考えられうる目的や建築、製造方法では、合理的な説明ができない物も存在しているというのも事実なのである。

 

<参考文献>


『マンガ超古代文明の真実』 神谷充彦監修 宝島社


『この世に実在する「ミステリーコード」の謎と不思議』 夢プロジェクト編


『なぜ「世界遺産」は宇宙人のためにつくられたのか?』 岡田英男著 竹書房新書


『宇宙人 謎の遺産―彼らこそ地球文明の影の支配者だ』 五島勉著 ノン・ポシェット


『謎解き古代文明』 ASIOS著  彩図社

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

  1. 世界の大洪水伝説 について調べてみた
  2. 謎のアトランティス大陸について調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP