イベント

グランピングについて調べてみた【おすすめグランピングスポット4選】

日本でも徐々に人気が高まっているグランピングですが、やっぱり豪華な設備と食事、サービスなどを考えると、まだまだ高価なレジャーのイメージがあります。

価格に見合うだけの楽しさはありそうですが、交通費なども考えると予算が気になってしまいます。

そこで、今人気のグランピング・スポットを調べてみました!

星のや富士

グランピングについて調べてみた【おすすめグランピングスポット4選】

グラマラス+キャンピングをあわせた造語がグランピング(優雅なキャンプ)で、欧米ではすでに人気のスタイルです。

テントが常設してあって、なかには豪華なベッドやソファなどがあり、食事も現地で用意してくれるだけでなく、調理までしてくれる施設もあります。極端な話、体ひとつで行っても豪華なキャンプが楽しめるっていうことですね!

でも、当然豪華になればなるほど価格も高くなります。でも、グランピングの魅力を思いっきり楽しむならここです!

星野リゾート・トマムなどで有名な星野リゾートが、2015年に河口湖の近くにオープンさせた「星のや富士」です。ここの魅力はなんといっても、自然によって日常から隔離された休日です。初心者でもグランピングに精通したスタッフが過ごし方を教えてくれて、食事もシェフが用意してくれるという高級ホテル並みの贅沢な空間です。

食後に焚き火を囲みながらくつろぎ、キャビンへ戻るとそこからは河口湖が見えるというのもポイントです。価格はひとり50,000円台~100,000円台とかなり高額ですが、高級ホテルと比較しても+キャンプが楽しめるという要素を考えれば、割安だと思います。

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408
TEL:0570-073-066(総合案内)
東京から電車で約2時間半
星のや富士公式HP→
https://hoshinoya.com/

伊勢志摩エバーグレイズ

グランピング

グランピングの火付け役ともいえるのが、伊勢志摩エバーグレイズです。
アメリカンなイメージのテントやコテージがあり、なかでも人気なのがレイクサイドにある「グランピング・カリブカヌー付」です。

目の前に広がるのは湖。そこにカヌーで漕ぎ出して大自然を満喫し、夕食はアメリカンスタイルのバーベーキューが味わえます。モチロン、食材などもコテージまでスタッフが運んでくれるので、キャンプの良いところだけ楽しめます。

料金はカヌー付で大人二人で約45,000~約68,000といったところです。グランピング以外のキャンプが楽しめるのも魅力ですね!

住所:三重県志摩市磯部町穴川1365
TEL:0120-592-364
東京から電車で4時間40分
伊勢志摩エバーグレイズ公式HP→
http://www.everglades.jp/

北軽井沢スウィートグラス

関東から近くてリーズナブルなのが北軽井沢スウィートグラスです。キャンプ場としても日本最大級のもので、ツリーハウスで有名なスポットです。

コンセプトはああ目理科の国立公園♪いかにも自然を味わうぞーっ!というイメージが湧き上がります。しかも、ツリーハウス・マッシュルームの料金は平日大人二人で約15,000円からと、とってもリーズナブルなんです。食材は付いていないので、持込か予約時に申し込むようになります。

その他、犬を連れて宿泊できるドックキャビンやドックラン、薪ストーブのあるコテージなど、まさにアメリカの大自然の中で過ごすような感覚ですね。しかも北軽井沢なので、ドライブ感覚で首都圏から行けるのも魅力的です。

住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
TEL:0279-84-2512
都内から車で約3時間
北軽井沢スウィートグラス公式HP→
http://sweetgrass.jp/

WILDMAGIC

宿泊はできませんが、都内で日帰りキャンプを楽しめるオススメスポットが、豊洲にあるワイルドマジックです。ゆりかもめの新豊洲駅からわずか1分という好立地に、東京湾に面したシーサイドエリア、貸切バーベキューが楽しめるパーティーエリア、さまざまな大きさのテントが建ち並んで、グランピングを満喫できるヴィレッジエリアなど、全7つのエリアがあります。

立地の良さから、メディアに取り上げられたりドラマのロケに使われることも多いようです♪

料金は、ティピという帽子型のテント利用料が大人一人8,000円と、バーベキューのスタンダードプランが5,000円からとなっています。他にも食材の追加や設備の楽しみ方で価格は変わりますが、交通費を考えたら十分に安いといえますね。

住所:東京都江東区豊洲6丁目1-23
お問い合わせはEメールとなります
都心から電車で約1時間
WILDMAGIC公式HP→
https://wildmagic.jp/

まとめ

今までキャンプの楽しみといえばバーベキューが定番でした。そこにラグジュアリーな空間と、新しい楽しみ方を取り入れたのがグランピングです。

面倒な手間を省いて利用者は楽しむことだけに集中する。これこそ、一番の遊び方ではないでしょうか。

ぜひ一度、グランピングで優雅な休日を楽しんでください。

関連記事:バーベキュー
アメリカ人はなぜバーベキューが好きなのか調べてみた
夜景もビールも満喫!【2017】東京のおすすめ ビアガーデン 5選

 

クロワ

クロワ

投稿者の記事一覧

フリーライターのクロワです。主に生活のなかで役立つ記事やトレンド記事などを書いています。よろしくお願いします

オススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. ヒルトン ワイコロア ビレッジ(ハワイ島)の喫煙場所【Smoki…
  2. 世界三大珍味について調べてみた【トリュフ、キャビア、フォアグラ】…
  3. 世界の人気カクテルランキング(2020年)とカクテルの歴史
  4. 【フリーメイソンの絆】自由の女神について調べてみた
  5. 三国時代の食事について調べてみた
  6. 【吉野家・松屋・すき家】三大チェーンの牛丼を食べ比べてみた
  7. 元は取れる?ドリンクバーでの賢い飲み方
  8. 明治神宮の歴史 について調べてみた


新着記事

おすすめ記事

古田織部・切腹した天下の茶人 【武将と茶人の二刀流~へうげもの】

古田織部とは古田織部(ふるたおりべ)は、織田信長・豊臣秀吉に仕えた戦国武将でありながら、…

水戸黄門は本当に全国を歩き回っていたのか?

水戸黄門様といえば時代劇でおなじみの人物で知らない人のほうが少ないくらいです。テレビでは、印…

28、29日は大分市の大友氏館跡へ行こう 「ライトアップ庭園楽しんで」【大分県】

【大分】大分市顕徳町の大友氏館跡庭園で28、29の両日、夜の庭園を幻想的にライトアップす…

おでんの歴史と種類について調べてみた【鍋料理ランキング不動の1位!】

おでんのCMが流れ始めると「えっもうそんな季節?」となんとなく焦ってしまいませんか?夏の「冷やし…

記者レポ~山城跡で丸太に座る!@山北町河村城址歴史公園

つい最近、コーナーを楽しみに読んでくれている方から「この先の行先は全部決めてあるの?」と聞かれ「行き…

アーカイブ

PAGE TOP