人物

コナン・ドイル ~晩年は心霊主義に傾倒した名探偵の生みの親

シャーロック・ホームズの生みの親

コナン・ドイル

皆さんは「名探偵」と言えばどなたを思い浮かべられますか。明智小五郎、金田一耕助など日本にも「名探偵」と呼ばれる人物は多数挙げられるかと思います。
但しここで世界的に有名なという前提が加われば、多くの方がシャーロック・ホームズを思い浮かべられるのではないかと思います。このシャーロック・ホームズを生んだ作家が、アーサー・コナン・ドイル です。

ドイルはこのホームズを主人公とした推理小説でその名を後世に残した人物ですが、作家は元々は本業ではなくあくまで副業で始めたものでした。

医師から作家へ

ドイルは1859年にイギリスのスコットランドに生まれました。

日本であればちょうど幕末期にあたります。幼少の頃から学問に秀でていたドイルは医学の道に進み、1881年には医師となって開業しました。

しかし開業医としてはそこまで多くの患者を集めるには至らなかったようで、この時間を利用して小説の執筆を始めたとされています。

1884年に記念すべきシャーロック・ホームズの第一作を発表し、その後は歴史小説を著して徐々に文筆業が本業となっていき、1891年に専業作家となりました。同年にシャーロック・ホームズの短編を雑誌に連載したところ、これが大当たりとなり当代きっての人気作家の座を得ました。

シャーロック・ホームズの存在

コナン・ドイル

※シドニー・パジェットが描いた名探偵シャーロック・ホームズ

しかし大ヒットから僅か2年後の1893年には、ドイルは早くもシャーロック・ホームズを死亡させる作品を発表しました。

これは歴史小説化として名声を得たいと考えたドイルが、自ら生んだシャーロック・ホームズを卒業しようとする試みでした。

しかし以前人気を博したシャーロック・ホームズを望む声は大きく、1901年には再びシャーロック・ホームズを主人公とした作品を上梓することになりました。この作品は先のシャーロック・ホームズの死亡の前の物語という設定で書かれていましたが、1903年にはやはりシャーロック・ホームズは生きていたという設定で、再び短編の連載が行われることになりました。

このあたり一度大ヒットすると続編が作られずにはおかれないという今でも頻繁に目にする手法が、今から100年以上も前から行われていたと考えると感慨深いものがあります。

コナン・ドイルの政治的立場

コナン・ドイル

※第二次ボーア戦争

ドイルはその間の1900年のボーア戦争や、1914年の第一次世界大戦においてもイギリス政府の方針を擁護することに力を注いでいます。

殊にボーア戦争では自ら志願して軍医として従軍しました。

第一次世界大戦時には積極的にイギリスの戦争遂行に強力する立場を取り、戦意高揚のための執筆や講演を精力的に行うなど、政治的な立場も明確にしていました。

しかし第一次世界大戦を経てドイルが向ったのは、近親者の戦死などに伴う心霊主義への傾倒でした。

ドイルと心霊主義

コナン・ドイル

※コナン・ドイルの心霊写真

ドイルは1918年に心霊主義の著作を著して、先の第一次世界大戦このかた亡くなった親族に思いを馳せるうちに、死後の世界の存在を信じるようになったと言われています。

元々医師であった近代科学畑の出身であったドイルが、晩年には心霊主義・精神世界を説くようになったということも現代に通じる一面を感じさせます。

但しドイルは当初から心霊主義を信じたわけではありませんでした。当時イギリスでも大流行した交霊会に参加したことで、自身しか知り得ない情報を言い当てられたことで信じるようになったとされています。

ドイルを擁護するならば、現代の目から見て非科学的な心霊主義も、当時は名だたる科学者の中にも大勢の信奉者が存在したほど、まだ科学的に未熟な時代だったと言えました。

関連記事:
第一次世界大戦後のヨーロッパ諸国について調べてみた

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. カルロス・ゴーン氏のこれまでの経歴と業績
  2. 24人のビリー・ミリガン 【映画にもなった多重人格者】
  3. 戦闘民族 マオリ族の歴史 【タトゥーは身分証明だった】
  4. キューバとはどんな国なのか?【社会主義を勝ち取った国】
  5. ベルリンの壁はなぜ崩壊した?世紀の『誤報』について調べてみた
  6. 破産もしていたトランプ大統領の意外な人生
  7. ベルリンの壁の崩壊【こんなことで歴史は変わる】
  8. 全財産を失ったニコラス・ケイジの素顔【血は争えない!?】


新着記事

おすすめ記事

ヒルトン ワイコロア ビレッジ(ハワイ島)の喫煙場所【Smoking place of Hilton Waikoloa Village (Hawaii)】

こんにちは。ゲーハーです。結婚して3年目で、ハワイ旅行に来ています。これも現地で書い…

甲斐宗運の逸話【生涯60戦無敗、阿蘇の非情な名軍師】

甲斐宗運とは九州の阿蘇氏に仕えた、生涯60戦無敗の軍師が甲斐宗運(かいそううん)である。…

平宗盛は本当に無能だったのか調べてみた

平宗盛像(『天子摂関御影』収録)偉大な父に対して、パッとしない二代目という図式は、世にはよく見…

豊田商事事件 ~被害2000億円以上の日本最大の詐欺事件

日本最大の詐欺事件2019年現在でも、日本でも最大の約2,000億円の被害総額と言われて…

北条政子の尼将軍と呼ばれた人生 「日本三大悪女」

北条政子とは日本三大悪女と呼ばれる歴史上の人物は、日野富子と淀殿と北条政子の3人がよく挙げられる…

アーカイブ

PAGE TOP