西洋史

イングランドの海賊ドレイクについて調べてみた

フランシス・ドレイク

※画像:海賊

海賊」と聞くとみなさんはどんなものを想像するだろう。
少し前に流行した映画パイレーツ・オブ・カリビアンだろうか。大人気漫画のワンピースだろうか。
やはり、ドクロマークの付いた旗や帽子を身につけた髭面の悪党というのが一般的なイメージだろうか。
ヴァイキングや倭寇など地域、時代によりさまざまな海賊が存在するが、今回取り上げるのはイングランドの海賊である。
現在ではソマリア沖の海賊が漁船や貨物船などを狙った度重なる襲撃、略奪行為などで国際社会で問題となっているが、16、17世紀のイングランドでは海賊はなんと合法であった。当時のイングランドを支えていたものの一つが海賊といっても過言ではない。

それでは、イングランドの海賊がどのようなものであったのかみていこう。

中世の合法的海賊

※画像:海賊船

前述のとおり、イングランドではエリザベス1世の時代には、私拿捕船(しだほせん)や私掠船(しりゃくせん)と呼ばれる合法的な海賊かいた。
イングランド政府などから免許状を受けて海賊行為を行う船である。
国王や地方長官が、特定の個人または団体に特許を与えて、外国の艦船を襲って強奪することを認めたもので、現代の感覚からいうとかなり野蛮なことを政府が公認しているという信じられない制度だ。

戦利品の10%は委託者に納められたため、国王をはじめとした権力者への恩恵は大きい。
この制度はイングランドのみならず、当時のヨーロッパでは各国で行われていたごく普通のことなのである。
そして、この国王と海賊という結びつきで特に有名なのが、イングランドのエリザベス1世フランシス=ドレークという海賊である。

エリザベス1世統治下の情勢

画像:エリザベス1世(テューダー・ローズの紋様とオコジョの毛皮で飾った即位衣を纏うエリザベス1世。wikiより引用)

エリザベス1世は1558年から1603年までのイングランド王である。

この頃、1500年代前半にはスペインのコルテスが現在のメキシコにあたるアステカ帝国を滅ぼし、ピサロはインカ帝国を滅ぼしていた。
そうしてヨーロッパにはない植物や金銀などがスペインを中心にヨーロッパに運び込まれ、大きな富が動くようになっていた。
ちなみに、イタリアンやフレンチに欠かせないイメージのあるジャガイモやトマト、トウモロコシなどはこの時初めてヨーロッパにやってきた野菜である。
フィッシュ&チップスも、トマトソースのピザも、コーンポタージュも、実はそれほど長い歴史があるというわけでもないのだ。
非常に魅力的な商品を詰め込んだスペイン船が行き来していたが、海賊たちの多くはこのスペイン船の貿易船を狙っていた。

フランシス・ドレイク

※ドレイクの航路(フランシス・ドレイクの航路。wikiより引用)

フランシス・ドレークは1570年代に海賊行為を始めたと言われている。
スペイン船や西インド諸島のスペイン人が住む村を襲い、どんどんと財産を蓄えていった。
1577年にはエリザベス1世の許可を得て、女王専属の海賊となった。エリザベスはドレークのことを「私の海賊」と呼んだという。

当時イングランドはスペインと海外貿易や宗教で対立しており、スペインの財をかっさらってきたドレークはエリザベスに気に入られたのである。
そして1577年に始まる航海では、マゼランに次ぐ世界で二番目の航路世界一周を成し遂げた。
この航海の間にホーン岬(南アメリカの最南端にある岬)とドレーク海峡(南アメリカのホーン岬と南極半島の北側の島々の間の海峡)を発見した。
ただの海賊ではない。けっこうすごいやつなのだ。

この航海にはエリザベスももちろん出資した。
世界一周をしながらいくつもの略奪行為を行い、イングランドに帰ってきたときには60万ポンドの財宝を得ていた。
これは今の価値にすると軽く100億を超える。エリザベスは配当金として30万ポンド以上を手に入れた。
この額はなんと、当時のイングランドの国庫歳入金額を上回る高額さである。

ドレイクとアルマダの海戦

世界一周の功績により、いっそうエリザベスの信頼を得たドレイクは、海軍の中将に任命されると同時に叙勲(サーの称号)を受けた。
そして1588年のアルマダの海戦ではイギリス艦隊副司令官に叙任され、イングランド艦隊の実質的な指揮をとることになる。
アルマダの海戦では、オランダ独立戦争でイングランドがオランダを支持し、以前から海賊行為でスペイン船が被害を受けていたことに対してスペインが無敵艦隊といわれていたアルマダを派遣してイングランドを制圧しようとして始まった争いである。

圧倒的に海軍力が強いスペインと、海賊船の寄せ集めであったイングランドの戦いはスペインの勝利は間違いないと思われていた。
海戦では互角の戦いを繰り広げ、アルマダが嵐に遭遇したくさんの犠牲を出しイングランドに敗れた。
スペインの全盛期の艦隊を破り、その後のイングランドの海洋帝国としての発展の始まりをドレイクは支えていたのである。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

matsu3204

投稿者の記事一覧

大学時代にイングランド史を専攻。イングランド史に限らず、西洋史全般が好き。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. イギリスの国旗の歴史について調べてみた
  2. 【王冠を捨てた恋】エドワード8世について調べてみた
  3. キリスト教と占星術の関係【ローマ帝国時代】
  4. ヨーロッパで最も危険な男・オットー・スコルツェニー
  5. エリザベート・バートリ について調べてみた【血の伯爵夫人】
  6. 世界最強の戦闘民族、スパルタ人について解説 「過酷すぎる訓練」
  7. ポンペイ はなぜ一夜にして消えたのか?【石膏で復元された遺体】
  8. 昔強かった国を調べてみた【モンゴル,スペイン,オーストリア,アル…


新着記事

おすすめ記事

第一次世界大戦・地上の主力は大砲だった【WW1シリーズ】

第一次世界大戦では、多くの新兵器が投入された。戦車、航空機、毒ガス、火炎放射器などの登場は、…

江戸の人々を悪から救う「火付盗賊改・長谷川平蔵」

知ってのとおり、池波正太郎の小説「鬼平犯科帳」では、巨悪を次々と取り締まる「鬼の平蔵」として活躍した…

DITをアップさせるブースト食【疲れない体を作ろう】

慢性的な疲れは日常生活の大敵ですが、分かっていてもなかなか健康法を試す気になりません。「どの健康…

朝倉宗滴【信長に着目していた朝倉家全盛期を築いた戦国初期の名将】

信長の才能を見抜いていた 朝倉宗滴朝倉宗滴(あさくらそうてき)は元の名を教景(のりかげ)とい…

パワースポットでミステリーな5つの史跡 「田谷の洞窟、神居古潭 他」

日本の史跡には、あまり知られていないものも多い。華々しい観光地とは裏腹にひっそりと残る異界と…

アーカイブ

草の実堂マンガ

人気記事ベスト7

PAGE TOP