海外

フランコ 〜スペインを30年以上独裁した軍人

30年以上の独裁

フランコ 〜スペインを30年以上独裁した軍人

※フランシスコ・フランコ・バアモンデ (Francisco Franco Bahamonde)

フランシスコ・フランコは、スペインの軍人にして独裁者として30年以上の長きに渡って君臨した人物です。

その独裁の期間だけから見ると、アドルフ・ヒトラーベニート・ムッソリーニよりも政権を維持し続けた独裁者と言えます。

フランコの後に民主主義への転換が図られたスペインにおいては、フランコの統治に対する批判が盛んに行われ、現在ではその存在を忌避されている人物と言えます。

モロッコで活躍

フランコは1892年にスペインのガリシア地方のフェロルという町で、海軍で准将をつとめた祖父と父を持つ職業軍人一家の次男として生まれました。
フランコ自身は陸軍士官学校へと進み、18歳で少尉に任官して職業軍人への道を歩みました。

1912年から5年間、フランコは当時スペインの植民地であったモロッコへ赴任し、植民地原住民の反乱鎮圧に従事しました。

この時の功績から少佐に昇進し、本国へ戻ると陸軍士官学校の校長に就きました。

第二共和政下のフランコ

1931年にスペインでは王族が追放される第二共和政が始まり、この下でフランコは少将へと昇進を果たしました。

続く1934年に右派の内閣が成立すると、これに反抗する左派勢力がストライキを煽動した為、フランコはこのストライキに加わったアストゥリアス地域の労働者の鎮圧を行い、その功により翌1935年に陸軍の参謀総長の地位を得ました。

しかし翌1936年に左派が政権を握り人民戦線内閣が成立したため、筋金入りの右派であったフランコは陸軍の中枢から排除され、参謀総長の座を追われることになりました。

スペイン内戦の勃発

※スペイン内戦

1936年7月、フランコはモロッコで反乱を起こした軍に合流し、これを指揮してスペイン本国へと侵攻しました。

こうしてスペイン内戦と呼ばれる激しい内戦が勃発しました。ただし当初フランコは一介の陸軍の司令官に過ぎない存在でした。

しかし実戦経験が豊富であったフランコは、有力な指導者であったモラ将軍が事故死したことで、その後釜として反乱軍の中心を担う人物となりました。

フランコ総統の誕生

フランコは1936年10月には反乱軍総司令官の地位に付き、未だ内乱が続くスペインにおいてその賛同者たちの後押しを受けて国家元首に就任しました。

この時フランコは軍の総司令官も大元帥となって兼任すると自らを「総統」と称しました。

フランコはその後ヒトラーのドイツや、ムッソリーニのイタリアの援助を受け、共和国側との内戦を続けました。

フランコは1939年3月末にスペイン全土の鎮圧を終え、ここに多数の犠牲者を出した内戦は一応の決着を見ました。

第二次世界大戦中のフランコ

※フランコとヒムラー

1939年3月にフランコは枢軸国の同盟であった日独伊三国防共協定へ加入を決め、同年5月には国際連盟からも脱退を行いました。

ドイツがポーランドに侵攻したことで第二次世界大戦が勃発すると、一応フランコは中立を打ち出しましたが、ドイツが優勢に戦いを進めるのを確認すると、立場を改めてドイツ・イタリアへの協力を行いました。

狡猾なフランコはドイツ優位だった戦局が英国本土上空戦やギリシャなどで逆転、連合軍が優勢となると枢軸国としての参戦を見合わせました。

しかしドイツがソ連侵攻を開始すると、反共の姿勢から義勇兵約1万人を援軍として差し向けました。
フランコは1943年頃に連合軍の優位が確定すると再び中立を装って、第二次世界大戦をやり過ごしえました。

フランコの最期

第二次世界大戦後に創設された国際連合は、軍事独裁政権であるスペイン・フランコを排除する決議を採択しました。
しかし戦後の米ソによる冷戦構造が、反共という共通項で西側諸国とスペインとを再び協調関係へと導きました。

※フアン・カルロス1世(2013年)Juan Carlos

フランコは1969年に王族のフアン・カルロスを後継者に指名すると、以後は公的な場に姿を現すことはありませんでしたが、1975年に83歳で没するまで終生総統の地位に君臨し続けました。

関連記事:
ムッソリーニの生涯【元々はヒトラーよりカリスマだった独裁者】
ヒムラーの謎の城について調べてみた【ナチス親衛隊】

※フランコが死去して1年半余りの時期に出版された綿密に検証された歴史書↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. オルレアン包囲戦とは 【ジャンヌダルクの活躍】
  2. ナポレオンはエジプト遠征で何を得たのか?
  3. 条約に見る北方領土・プーチン外交でロシアの勝利か?
  4. NYダウ 一時2197ドル安【過去最大の下げ幅で2度目の取引中止…
  5. 北朝鮮の観光事情について調べてみた【日本人も行ける!】
  6. ウィンチェスターミステリーハウスとは 【映画になった実在する幽霊…
  7. 【インド初の女性首相】インディラ・ガンディー
  8. ロンドン塔について調べてみた【イギリス屈指の観光スポット】


新着記事

おすすめ記事

今川義元の領国経営と組織的戦いについて調べてみた

はじめに今川氏は京の将軍家の家系である。今川氏親が死去すると、今川氏輝が跡を継いだが、その後、急…

「お軽勘平の碑」めざし歩く 4月24日 戸塚の歴史の会参加者募集中

戸塚の歴史や文化、魅力を市民に伝えるために活動する「戸塚見知楽会」(根岸正夫代表)が、4月24(土)…

宇喜多秀家 ~戦国の貴公子と呼ばれたが流刑にされた大名

宇喜多秀家とは宇喜多秀家(うきたひでいえ)は27歳の若さで豊臣五大老になった武将である。…

日本軍人を苦しめ続けた「脚気(かっけ)」との戦いの歴史【陸海で別れた対応】

椅子に座った状態で足の力を抜き、木槌で膝をハンマーで軽く叩く、反射で膝が跳ねればよし、跳ねなければ……

ドン・ジョヴァンニについて調べてみた【騎士団長殺し】

※ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト2017年に発行された村上春樹の長編小説「騎士…

アーカイブ

草の実堂マンガ

人気記事ベスト7

PAGE TOP