自然&動物

アメリカバッファロー激減の歴史 【なぜ6千万頭から500頭まで減ったのか?】

乱獲の悲劇

かつて北アメリカ大陸の大地には約6000万頭ものバッファローが群れを成し、大陸を縦横無尽に駆け巡っていました。

しかし、19世紀になりヨーロッパからの移民が本格的になると、バッファローは彼らの手によって凄まじい勢いで激減していきます。

今回はアメリカ大陸発展の裏で、絶滅寸前まで追いやられてしまった、悲しきバッファローたちの歴史を調べてみました。

バッファローとは?

最初にバッファローの名称と生態について簡単にご説明します。

まず、この「バッファロー」という名称なのですが、もともとは「水牛」を意味しており、正しくは「アメリカバイソン」が正しい名称です。

アメリカに水牛はいなかったのですが、ヨーロッパからの移民らがアメリカバイソンをバッファローと呼んでいたため、「バッファロー」の名が通称となったと考えられます。
(※以下通称のバッファローで記述いたします)

アメリカバッファロー激減の歴史

バッファロー(※画像はヘイゲンバイソン)画像:wiki c

生態は草食性で体長は2.0~3.5m、体重は320~1400kgと個体差があります。

大人しいのですが警戒心が強く、ひとたび怒りだすと手に負えなくなり、その巨体と角から繰り出すタックルはヒグマをも一撃で葬るほどです。

また鈍重そうですが、最高時速は70km/hに達し、ジャンプも高さ1.8メートルもの物を跳び越える脚力を持つため、生身の人間が相手にできる動物ではありません。

白人移民

バッファローを狩るインディアンたち 画像:wiki c

もともと北アメリカ大陸には約6000万頭近くのバッファローが生息しており、原住民であるインディアン(ネイティブアメリカン)たちの衣食住を兼ねる豊富な資源でした。

しかし、17世紀に白人と呼ばれるヨーロッパ移民が北アメリカ大陸に移民を開始すると、農業や牧畜を妨害する害獣として駆除されるようになります。

さらに18世紀になると、白人による猟銃を使った狩猟が行われるようになり、バッファローの生息数は急激に減少し始めます。

1830年ごろには、大平原に生息する個体も壊滅的となり、白人に生活を追われたインディアンたちもバッファローの乱獲に手を染める事態に陥ってしまいます。

激減するバッファロー

1861年にアメリカ南北戦争が勃発すると、バッファローたちも戦争の余波を受けることとなります。

大陸の各地に輸送用の鉄道線路が敷設されると、大量輸送が可能となったためバッファローの毛皮や肉の需要はさらに高まります。

他にも列車から銃でバッファローを狩猟するツアーなどが催されたため、一般大衆にとってバッファローを狩るのは娯楽の一つだと定着し始めます。

一方で南北戦争が激化すると、兵士たちの間でフラストレーションが溜まり始め、ストレス解消のため野生のバッファローを撃ち殺すなどの行為が横行します。

しかし、兵を指揮する将軍たちはそれを咎めることもなく、むしろ最新のライフルなどが支給された際には、バッファローを使って試し打ちを奨励するほどでした。

アメリカバッファロー激減の歴史

積み重なったバッファローの頭骨(1870年代中期)画像:wiki c

1865年に南北戦争が終結しても、バッファローの乱獲は止まることはなく、西部開拓民による乱獲は増々エスカレートし、1870年ごろには一人当たり一日50頭のバッファローが仕留められます。

また、農地拡大によりバッファローの住処(すみか)は失われ、持ち込まれた牛などの家畜から発生した病原菌などにより、バッファローの生活圏はさらに減少していきました。

絶滅寸前と保護活動

1860年ごろに一時期バッファローを保護するべきとの声が挙がるのですが、多くの白人にとって敵であるインディアンの貴重な資源であるバッファローは、むしろ取り除くべき障害でしかありませんでした。

実際、南北戦争で活躍した北軍の将軍フィリップ・ヘンリー・シェリダン

バッファローを消滅することが出来れば、インディアンはおのずと制圧できる

と発言しており、兵士やハンターたちに狩猟を推奨していたのです。

アメリカバッファロー激減の歴史

バッファローの毛皮の山 画像:wiki c

その後もバッファローの減少を食い止めるべく1874年と1876年に保護法案が提出されるのですが、先のインディアン問題や皮革業者の生活保障などの理由から議会の承認は降りず、問題は先送りにされ続けます。

気づけば1890年代にはバッファローの数は1000頭未満にまで落ち込み、1905年にようやくアメリカバイソン協会が発足して、セオドア・ルーズベルト大統領が保護区の設立に動き出すときには、バッファローの数は500頭ほどしか残っていませんでした。

その後

1907年、セオドア・ルーズベルト大統領の下、バッファロー保護区が正式に制定。

1970年には15,000 – 30,000頭まで数は回復します。

2014年の報告によると、北アメリカの約4,000の農場や牧場で、約300,000頭が商業的に飼育・繁殖れており、2016年にはバラク・オバマ大統領によってアメリカバッファローは正式に「国の哺乳類」へと指定されました。

バッファローの数は絶滅寸前のころに比べれば確かに回復はしたものの、そのほとんどは商業用であり、野生個体や保全目的で飼育されている個体群は非常に少ないのが現状です。

また、近年は生息地の破壊だけでなく、亜種間の交雑などによる遺伝子汚染、牛結核やブルセラ症などの感染症の伝播による影響が懸念されており、今後も野生個体のバッファローの保護には多くの注意が払われると考えられています。

 

アバター

figaro

投稿者の記事一覧

歴史・雑学サイト「Erudition arts」を運営しています。
https://www.erudition-arts-site.com/
よかったら遊びにきてね!

コメント

  1. アバター
    • 名無しさん
    • 2023年 4月 29日 3:07pm

    ヨーロッパ人とアメリカ人はよくもまあコレで日本の捕鯨を否定できるよなぁ

    6
    0
  2. アバター
    • 名無しさん
    • 2024年 3月 15日 4:13am

    邪魔な種族は徹底的に虐殺する民族性…

    0
    0
  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 500年後に大悪人となったコロンブス 【奴隷貿易の生みの親、原住…
  2. 「中世ヨーロッパ、貴族の食事、農民の食事」を調べてみた
  3. ロシア帝国の歴史とロマノフ朝について調べてみた
  4. ディエンビエンフーの戦い 「フランス外人部隊最大の激戦」
  5. 5月頃、コンクリートの上にいる「小さな赤い虫」の正体 【人に害は…
  6. ケルト人について調べてみた
  7. エカテリーナ二世 「王冠を被った娼婦と呼ばれたロシアの有能な女帝…
  8. マッコウクジラの腸結石(アンバーグリス) を海辺で拾えば一攫千金…

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

【どうする家康】 関ヶ原の戦いは史上最大の情報戦だった 〜後編 「勝敗を決した吉川広家の決断」

前編では、日本を東軍と西軍に分けた天下分け目の関ヶ原の戦いにおいて、史上最大級とも言える情報戦が繰り…

『日本書紀』 が示す日本の国家形成における真実とは?

朝鮮半島で唐と新羅が激しく争っていた7世紀半ば、日本は先進国である唐に習いながら、中央集権国家を着々…

エウロパサウルス 「島嶼化によって小さくなった飼えるブラキオサウルス」

島嶼化とは恐竜に限らず、生物の進化に関する情報を集めていると「島嶼化(とうしょか)」という言葉に…

沿岸海域の温暖化で「人食いバクテリア」の感染が拡大中 【約5人に1人が死亡】

米国では、毎年推定80,000人がビブリオ菌に感染し、100人が死亡している。しかし近年、温…

サラ・ベルナールについて調べてみた【新芸術様式アール・ヌーヴォーの立役者】

サラ・ベルナール (1844~1924)という女優をご存じだろうか。彼女は、当時新し…

アーカイブ

PAGE TOP