ミリタリー

【私怨デモ?】色々な意味で凄い自衛隊のエピソード

大規模災害の際には必ずといっていいほど自衛隊が出動する。そのため、「頼りになる」というイメージがある反面、自衛隊や迷彩服そのものに抵抗を感じる人も少なくない。しかし、彼らの本来の任務は「日本の防衛」だ。そのための訓練や技術が災害救助や復興支援にも活かされている。

今回はその存在意義とは関係なく、自衛隊の色々な面での「凄さ」にまつわるエピソードを調べてみた。

スポンサーリンク

沈黙の潜水艦

自衛隊

海上自衛隊が米海軍との合同演習で、敵味方に別れ模擬演習をしたときのこと。
米海軍は「日本の自衛隊なんぞ楽勝。まあ、一応自衛隊の潜水艦は実戦レベルで探すけどね」という具合。
そこへ、自衛隊の潜水艦からピンガー(海中探知用音波)が届き、早くも米海軍の駆逐艦は撃沈判定される。海自の潜水艦は遥か遠くからエンジンを停止して、海流の流れだけでアメリカの駆逐艦の真下に到達。面子を潰された米海軍は本気で潜水艦を追尾するが悠々離脱したという。

さらに別の合同演習では、米海軍も気合を入れて臨んだが、自衛隊の潜水艦は無音潜航中で居場所が特定できない。海中では音を頼りに敵を探知するため、エンジンを止めた無音潜行中は探知されないわけだ。
しかし、その時間があまりにも長かった。

アメリカ海軍は「事故でも起したか?!早く探せ!」ということなる。一方、自衛隊も「なかなか発見されないな。もしかして何かトラブルでも起きたのだろうか?」と、あまりに長く発見してくれないので、たまらず潜水艦を空母の真横に浮上させた。

あの~何かトラブルでもあったんですか?

心配そうな自衛隊の声に安堵するアメリカ海軍。

無事だったか・・・って言うか演習中に勝手に浮上するな!

潜水艦は普通に潜航していただけなのに、アメリカ海軍にとっては異常と思えるほどの長さだったのだ。

女王陛下のキス


※クィーンエリザベス号

2000年7月4日、20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う洋上式典に参加するため、世界各国の帆船170隻、海軍の艦艇70隻がニューヨーク港に集結した。
翌日の5日に英国の豪華客船「クイーンエリザベス号」が入港してきたのだが、折悪しくも2ノット半の急流となっていたハドソン河の流れに押された巨大な客船は、あれよあれよと言う間もなく、係留中の海上自衛隊の自衛艦「かしま」の船首部分に接触してしまったのである。

相手は「軍艦」、事と次第によっては国際問題にもなりかねない事態。 着岸した「クイーンエリザベス」から(着岸直後は船長は船にとどまるのが慣例のため)船長のメッセージを携えた機関長と一等航海士がすぐさま謝罪にやってきた。

しかし、相手の詫び言に対応した「かしま」艦長はこう答えた。

「幸い損傷も軽かったし、別段気にしておりません。それよりも女王陛下にキスされて光栄に思っております」

これが何千人もの船乗りたちの間で大評判になり、ニューヨークだけでなく、ロンドンにも伝わって「タイムズ」や「イブニング・スタンダード」も記事にし、海上自衛官のユーモアのセンスを評価する声が高かったそうである。

私怨デモ?


※イラクに派遣された自衛官の制服に縫いつけられた日の丸のバッジ

陸上自衛隊がイラクに派遣されていたときの話である。
自衛隊宿営地の近くに迫撃砲が撃ち込まれるという事件があった。これを受けて、現地の人々の間では「自衛隊は帰るのか?」という懸念が瞬く間に広まる。
すると、140人老若男女からなるデモ隊が結成された。

一方でその噂は宿営地の自衛隊にも届く。

「おい、デモ隊がここ(宿営地)に向かっているらしいぞ」
「えっ?!この間アブグレイブ刑務所でイラク人虐待があったばかりだろ?どうすんだよ」
「それが、どうも支援デモらしいぞ」
「は?支援デモ?私怨デモじゃなくて?そんなデモ聞いたことないぞ」
「俺だってないよ。まあ、一応本当にデモが来たときに備えておこう」

その後、本当にデモ隊は宿営地に到着した。彼らは「日本の支援に感謝する」と自衛隊宿営地に詰めかけ、口々に「帰らないで」と懇願した。同時に「自衛隊の滞在延長を願う署名運動」が展開され、2日間で1500人もの署名が集まったという。

前代未聞のデモに、近くに駐留する英米オランダ軍も驚き「あのデモを演出するのにいくら使ったんだ?」と聞いてくる始末。「あれは住民が自発的にやったんだ」と説明しても信じてもらえなかったらしい。

少女の怒り

ある駐屯地祭でのこと。
こうした行事には良くあることだが、その日も「自衛隊反対」を掲げる団体の姿が見られた。
その集団に向かって一人の女子高生とおぼしき少女が向かっていく。
少女は集団に対して「あんたら、地元の人間か?何しに来たんや?」と聞いた。
団体の代表が「私たちは全国から集まった市民団体で、自衛隊は憲法違反であることを知らせるために来た」と答える。

それに対し、少女は意外な答えを返した。
「私は神戸の人間や。はるばる電車乗って何しにここまで来たかわかるか?地震(阪神淡路大震災)で埋もれた家族を助けてくれたのはここの部隊の人や。寒い中ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて、夜は夜でパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。 私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。あんたらにわかるか? 消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。でもここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・」

最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった。その言葉に団体は撤退し、少女も帰ろうとした。
彼女が門をくぐった時に守衛が彼女に社交辞令の軽い敬礼ではなく、直立不動のまま敬礼していたという。

最後に

こういったエピソードは他にも色々とある。

コンピューター制御により動くイージス艦のシステムに対し「システムの反応が遅いから手動に出来ませんかね」と言ってアメリカ海軍を驚かせたり、ロッキー山脈でのアメリカ軍との合同雪中訓練中、大寒波のために吹雪となって混乱するアメリカ軍に対し、何事もなかったかのように訓練を終えた「普通の」陸上自衛隊の部隊の話だったり。

多分に脚色はあるだろうが「火のないところに煙は立たない」。

今回は純粋に「凄い!面白い!」というエピソードを集めただけだが、自衛隊の訓練レベルは世界でもトップクラスだということは有名な話である。

関連記事:自衛隊
イージス艦について調べてみた【最新の対空システム】

 

gunny

gunny

投稿者の記事一覧

gunny(ガニー)です。こちらでは主に歴史、軍事などについて調べています。その他、アニメ・ホビー・サブカルなど趣味だけなら幅広く活動中です。フリーでライティングを行っていますのでよろしくお願いします。
Twitter→@gunny_2017

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. イージス艦について調べてみた【最新の対空システム】
  2. スターリングラード攻防戦 【最大規模の市街地戦】
  3. 封印されたフィラデルフィア実験【駆逐艦が消えた!レインボー・プロ…
  4. シークレットサービス 【最初の仕事は警護ではなかった?】
  5. 北朝鮮の個人崇拝と建国の歴史を調べてみた【ソ連の生み出した怪物】…
  6. ヘリコプターの歴史と構造 について調べてみた【発想は紀元前】
  7. ナチス・ドイツの勲章について調べてみた
  8. フランス外人部隊について調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP