ミリタリー

山本五十六と真珠湾攻撃を調べてみた【連合指令長官】

山本五十六

「やってみせ、言って聞かせて させてみせ 褒めてやらねば 人は動かじ」

戦後72年(平成29年)であるが未だに深い傷を残す、1945年昭和20年広島・長崎に原爆が落とされた。悲惨かつ残忍な戦争であった「第二次世界大戦」である。
その火ぶたを切ったのが1941年12月7日「真珠湾攻撃」であり、この時の連合艦隊司令長官は山本五十六  その人であった。

当時アメリカを知り尽くし「日米開戦」に反対してきた山本五十六が、なぜ「真珠湾攻撃」を命令し実行したのか?

その時の時代背景と共に「アメリカに恐れられた男」山本五十六の死について調べてみた

スポンサーリンク

山本五十六 と日露戦争

山本五十六は明治17年4月4日に越後長岡藩士「高野貞吉」の6男として産まれた。貞吉が56歳の時に産まれ「五十六」と名付けられる。
彼が「山本」になるには、32年後である。

明治34年、五十六は中学を卒業し江田島の海軍兵学校へと入校した。採用者190名うち2番と言う優秀な成績であった。
しかし1年後半で大きく成績を落としてしまう。プッレシャーもあったのだろう。

海軍兵学校では、席順(ハンモックナンバー)は全て成績順となっていた。生徒達は日常生活の中にでも、成績を意識させられる「エリートシステム」の中に置かれていたのである(この頃、日露戦争が影を落としていた為)

そして五十六が卒業した明治37年「日露戦争」開戦の年となった。

明治38年、五十六は装甲巡洋艦日進」の艦隊勤務として最前線へ送られた。当時世界から見たこの戦争は「大国ロシアに挑む小国日本」であった。

バルチック艦隊発見との知らせを受け旗艦「三笠」先頭に五十六の乗り込む「日進」は最後尾6隻目であった。ロシアの「スワロフ」「オスラビア」の砲弾は、先頭の「三笠」に27発も直撃し、「三笠」の合図で残り5隻の砲弾が一斉に火を噴いた。

ぐらついたと思われたロシア艦隊は「アレキサンドル」を先頭に出し、砲弾を何発も打ち続けた。
五十六の乗った「日進」も直撃弾を受け、この時彼は左手指2本失い、右足大腿部の裏側の肉をそぎ落とされた。
大出血したが「名誉の負傷」と賞され、3日後ようやく佐世保の海軍病院に送られた。(その後、五十六は常に白手袋をし人前では外さなくなった)
初陣での大出血、戦争は机上のものとは違う事を、身をもって知った体験であった。

その後の五十六は、海軍営内で「三公の位間違いなし」と評される様になる。
海軍の「三公」とは、海軍大臣・軍令部総長・連合艦隊司令長官である。
故郷にしばしば帰る事が多い彼は、大正5年に長岡藩の名跡である山本帯刀家を継ぐ事になる。御年33歳「山本五十六誕生」である。

山本がアメリカで見たものとは?

大正8年(1919年)山本は35歳、アメリカ駐在を命じられた。

ボストンを拠点に隣接するハーバード大学に留学し語学を習得するとともに、アメリカの見識を広げることが目的だった。しかし大学に通ったのは2回しかないと、山本は記録している。

では、どこに行っていたのか?山本はデトロイトの自動車工場に足を運んでいた。特に興味を持ったのは、飛躍的に発達するアメリカの航空機だった。
第一次世界大戦では、潜水艦・軍用飛行船・戦車・近代兵器の他に飛行機が投入され1700万人以上の戦死者・2100万人以上の戦傷者がでたと推測される。
日本にとって、かつての「日本海海戦」以上に大きな衝撃でもあった。

また山本は、大正14年12月~昭和3年まで、ワシントンの日本大使館の駐在武官を勤めている。延べ5年近くのアメリカ生活を体験した事になる。
山本は海軍の中でもっともよくアメリカを知る軍人でもあった。

「デトロイトの自動車工場とテキサスの油田を見ただけでも、アメリカを相手に日本の国力でやり抜ける訳がない」

これは日頃、山本が口にしていた事である。

大正10年(1921年)ワシントン海軍軍縮会議

  空母   戦艦
 米・英 13万トン  50万トン
  日本  8万トン  30万トン
 仏・伊  6万トン 17万トン

昭和5年(1930年)第一次ロンドン海軍軍縮会議(山本全権委員随員参加)
日本は潜水艦約7万トンを要求、若槻礼次郎は米提案の5万2700トンとした。
山本は異議を唱え米・英から「注目すべき日本の軍人」と評される。

大型巡洋艦 小型巡洋艦   駆逐艦  潜水艦
 18万トン 14万トン  15万トン 52700トン
14万トン 19万トン  15万トン 52700トン
10万トン 10万トン 10万トン 52700トン

 

帰国後「海軍航空本部技術部長」に任命され「空母は艦上機を行動させる道具、母艦を飛行機の性能に合わせて設計・改造するべき」と提案する。山本が「海軍航空の育ての親」と言われた由縁である。

それに合わせる様に「戦争の足音」が山本に近づいてきた。

昭和9年(1934年)第二次ロンドン軍縮会議予備交渉不調に終わる

●新条約の締結(日本政府)VS条約破棄(軍令部)に山本は、発言権なし。
成果をあげられず帰国。山本に対し海軍首脳部は冷淡な態度だった。

昭和10年12月「ワシントン海軍軍縮条約」破棄通告

●山本「海軍航空本部長」に任命される。

昭和11年本会議脱退表明する。

●戦艦大和の基本設計が決定する。
山本は永野修身海相から「海軍次官就任」への要請が2度に渡りあり、仕方なく承諾する。

昭和11年2月26日 二・二六事件勃発。同年11月山本暗殺計画の噂がたつ

国際連盟脱退した日本は孤立。ドイツ・イタリアとの三国同盟の道へ

三国同盟は「アメリカ・イギリス」との戦争を覚悟しなければならない。

山本は、軍務局長井上と共に、当時の海軍大臣米内光政を支え「日、独、伊、三国同盟」を阻止した。
日本に勝つ見込みはない。日本の艦隊は出来上がっていない」と山本は言う。

山本は「連合艦隊司令長官」に任命され「悲劇の英雄」への道へと歩んでいく。次のページへ
スポンサーリンク

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 【北朝鮮】金正恩体制におけるカネと権力について調べてみた
  2. 世界の特殊部隊 について調べてみた
  3. 北朝鮮のミサイルの性能と脅威について調べてみた
  4. スカッドミサイルとPAC3について調べてみた
  5. 第一次世界大戦前における各国の立場【WW1シリーズ】
  6. 最新の超音速旅客機【ソニックブームを克服せよ!】
  7. 松下幸之助について調べてみた【経営の神様】
  8. 第一次世界大戦とは何かについて調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

アーカイブ

PAGE TOP