スポーツ

1994 アメリカワールドカップでの3つの悲劇

ドーハの悲劇

1994 アメリカワールドカップでの3つの悲劇

※ゴールを決められ崩れ落ちた日本代表

ドーハの悲劇とは日本がアジア地区最終予選において、イラクが後半ロスタイムの土壇場でゴールを決め引き分けとなった試合の別名である。

日本はこの試合に勝てば悲願であったワールドカップ初出場を果たすことが出来たのだが、この試合で引き分けとなったせいで得失点差で韓国に追い越されてしまい、予選敗退となってしまった。
この頃の日本は前の年、Jリーグが開幕されたことがきっかけで、この予選は日本中の関心を大いに寄せたものでもあった。

その関心具合はこの試合の視聴率が真夜中にもかかわらず48.1%を記録し、テレビ東京の歴代視聴率ランキング第一位になったほどである。このドーハの悲劇は日本がワールドカップに熱中するようになる一つのきっかけとなった試合でもあった。ちなみに日本がワールドカップ本戦に初出場を果たすのは、この試合から4年後の1998年を待たなくてはならない。

余談ではあるが、日本を敗退に追い込んだイラク代表は、当時権力を握っていたフセインの息子であるウダイ・フセインから「もし、日本に負けたらてめーらを鞭打ちの刑にするからな!!!」と厳命を受けていたとか。

イラク代表からすればこの試合こそ絶対に負けられない試合だったかもしれない。

パリの悲劇

この大会においてまさかの結末で本戦の出場を逃してしまったのは日本だけではない。

2018年ワールドカップにおいて優勝を決めたフランスにも悲劇が起きてしまったのである。フランスはこの大会において予選通過の最有力候補としてあげられていた。

フランス代表はその前評判に応えるように初戦では負けたものの、その後三連勝するなど着々と本戦出場の道を歩んでいく。しかし、フランス-ブルガリア戦で悲劇が起きてしまう。フランスはブルガリアに勝つか引き分けになれば本戦に出場出来たのだが、後半44分、1-1で進んでいた時にジノラ選手が時間稼ぎをせずにパスをしたことがきっかけで失点。

1994 アメリカワールドカップでの3つの悲劇

※2014年のジノラ

そのまま1-2で試合終了し、フランスは本戦出場を逃してしまったのである。

その後フランスでは本戦出場を逃してしまった大戦犯であるジノラ選手を大バッシング。フランス代表に二度と召集されなくなり、イングランドのプレミアリーグに移籍する事態にまで追い込まれた。

その後フランスはこの悲劇をバネに、4年後に自国で開かれた1998年ワールドカップで初優勝することになる。

エスコバルの悲劇

※アンドレス・エスコバル

エスコバルの悲劇は本戦リーグでコロンビアの代表アンドレス・エスコバル選手が、オウンゴールしたことによって引き起こされてしまった悲劇である。

コロンビアはこの大会で強豪アルゼンチンを降し、本戦に見事出場を決めたのだが、本戦になると苦戦を強いられ初戦のルーマニア戦で敗北。もう後がない状態に追い込まれていた。

そして第2試合コロンビア-アメリカ戦で悲劇が起こる。コロンビアは堅実な守備で試合を進めていったのだが、前半35分。エスコバル選手がまさかのオウンゴール

これがきっかけで最終的には1点返すものの1-2で負けてしまい、第一次ラウンドで敗退となってしまった。

こうなると怖いのがエスコバル選手含むコロンビアの代表たち。パスのミスで国内から批判の嵐を受けるのに、直接の敗因であるオウンゴールを決めてしまったのだから本国に帰った時にどうなるかわかったもんじゃない。そう感じたコロンビアの代表たちはアメリカに留まり本国に帰らなかったのである。しかし、オウンゴールを決めた本人であるエスコバル選手は「このオウンゴールの説明をしなければいけない」と帰国。これがエスコバル選手が最悪の結果導くことになってしまった。

1994年7月2日、エスコバル選手はバーで飲んで店から出たところを銃撃。12発の銃弾を浴びて即死。この時27歳であった。

彼を殺害した犯人は銃撃する前に「オウンゴールをありがとう」と発言していたらしく、一説にはこのオウンゴールのせいで敗戦したことによってサッカー賭博で大損をしてしまった恨みが犯行動機とされているが、真相は不明である。

その後、彼の葬儀には12万の人が集まり、さらに直後に行われた決勝トーナメントでは彼のために黙祷が捧げられた。

関連記事:
サッカーワールドカップ中継の歴史【放映権はいくらなのか?】

アバター

右大将

投稿者の記事一覧

得意なジャンルは特に明治以降の日本史とピューリタン革命以降の世界史です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメ記事

関連記事

  1. 夏の甲子園、高校野球応援ブラスバンドの歴史
  2. オリンピックに懸けた日本人達 ~「マラソンの父」金栗四三の軌跡~…
  3. 渋野日向子選手の全英女子オープン優勝をやさしく解説
  4. 「田畑政治ゆかりの地」案内板設置全11ヶ所へ行ってみた
  5. ラグビーが国民的人気スポーツの時代があった~早明戦今昔物語
  6. 幻の東京オリンピック(1940年)招致に命を懸けた男~嘉納治五郎…
  7. ラグビーの歴史と「2019年ワールドカップ日本代表全選手」
  8. 戦争に翻弄された悲劇のアスリート達【オリンピックに懸けた日本人】…


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

あの美女は誰?!みんなが気になるトリバゴの秘密

一時期、集中的にCMが流れて気になっていたのに、忘れた頃になってまた頻繁に見かけるCM。それが「…

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』第10話キャスト&あらすじ紹介 光秀と信長、史実と違う二人の出会いに注目

織田側の人質となっている竹千代(岩田琉聖)が、今川へ行くのかどうか調べてこいと道三(本木…

トマトの栽培の方法 について調べてみた

幼稚園や小学校で植物を栽培する授業があるが、ミニトマトの栽培も盛んに行われている。それだけ育てや…

アーカイブ

PAGE TOP