施設

外国人が驚く日本の温泉マナー 「裸で入浴するのは日本人だけ?」

日本人にとっての温泉

※温泉イメージ画像 Photoac haruharu2

私たち日本人にとっては、「温泉」は癒しの場所である。

多くの外国人は日本へ旅行へ来る際「温泉のマナー」について一通り学んでから入るそうだ。

それもそのはず、外国人は温泉に入る時は水着を着て入る。いわばSPAのような場所なのである。
北欧などでは男女混合全裸でサウナに入ったりもするが、服を全部脱いで全裸にならないといけないと聞くと、ほとんどの外国人は躊躇するようだ。

以前筆者は神戸の老舗旅館でアルバイトをしたことがある。そこでは、多くのインバウント客がやってきた。
外国人を接客する時は必ず温泉について説明するのだが、大抵は

水着を着てはいけないのはなぜか?」「体を見られて恥ずかしくないのか?

などと聞かれる。

筆者は決まって「それが日本の温泉のマナーです。」と答えていた。

筆者は以前、中国と台湾に在住していたが、中国人や台湾人もこの温泉マナーを受け入れられない。

読者の皆さんは「ニーハオトイレ」という言葉を聞いたことがあるだろうか?

ニーハオトイレ」とは何かというと、用を足している時に隣の人に「ニーハオ」と挨拶できるトイレのことである。つまり壁や扉がなく、かなりオープンなトイレだ。中国の田舎では未だにニーハオトイレが多い。

中には扉はあるが、腰から上のみで跳ね返り式の扉である。イメージは西部劇に出てくるカウボーイがやってくる酒場の扉といった感じだ。上半身は隠せるが下半身は丸見えなのである。

だが彼らは平気なのだ。用を足している最も見られたくない状態を見られることには不思議と抵抗感がないのである。

しかし温泉で裸になるのは躊躇するのである。

彼らに言わせると、それはまた別の話なのだそうだ。

温泉に入る前に外国人が学ぶべきこと

タトゥー イメージ画像

①刺青のある人は入れない

最近ではおしゃれ感覚でタトゥーを入れる人が増えてきた。

最近ではタトゥーOKの温泉もあるようだが、日本の温泉は基本的には刺青のある人は入れない。

日本で刺青のある人が入場を拒否されるのは、歴史にも理由があるようだ。例えば紀州では罪人に刺青を入れる習慣があった。

単純に社会的イメージが悪いのである。

②温泉に浸かる前に体を洗う

実際多くの温泉旅館やホテルでは、温泉に浸かる順番が書いてある。
体を綺麗にして温泉に浸かることは、他の人への配慮であり最低限のマナーだ。

③温泉に浸かるときは、他の人のことも考慮する

足を大の字に広げたり、寝そべったりしてはいけない。
裸でそのような体勢をとるのは恥ずかしい行為である。他の人が入ったり出たりするのを妨げることにもなる。

④更衣室に戻る前にきちんと体を拭く

体が濡れたままで更衣室に入ると、びちゃびちゃになる上に、床が濡れて他の人が転倒するかもしれないので、できるだけ体を拭くことは大事なマナーである。

⑤音量に注意する

必要以上に大きな声で話したり笑ったり、大きな音を出すこともNGである。

ある日本人に対する調査で、外国人の温泉マナー違反のうち最も嫌な行為の第一位は「大声で話すこと」だったという。

日本人にとって温泉は、遊ぶ場所ではなく体を癒す場所なのである。

もし、日本の温泉マナーについて理解できないとしても理由を聞いてはいけない。

なぜなら日本人自身もうまく答えられないからだ。

日本人に聞いても「すみません。規定です」と答えるだろう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 【浅草のシンボル十二階】凌雲閣について調べてみた
  2. ノイシュヴァンシュタイン城 「狂王と呼ばれたルートヴィヒ2世の理…
  3. 一宮 彌彦神社(弥彦神社)に参拝に行ってきた【新潟オススメ観光】…
  4. 大盆栽まつり(大宮盆栽村)に行ってみた 【BONSAI】
  5. 「オーロラ」の特徴に迫る 〜日本でも観測できる「オーロラ」とは?…
  6. 認知症について調べてみた 【認知症の種類や関わり方、支援制度】
  7. 格安航空会社(LCC)の上手な利用方法を調べてみた
  8. ヒルトン ワイコロア ビレッジ(ハワイ島)の喫煙場所【Smoki…


新着記事

おすすめ記事

人の幸せ【漫画~キヒロの青春】最終回

みゆちゃん編はこれにて終わりです。ご愛読ありがとうございました。&n…

魅力満載のカラフルなポルトガル宮殿 「シントラのペーナ国立宮殿」

フォトジェニックな街並みが話題のポルトガルの首都『リスボン』に隣接する都市「シントラ」は、城跡と宮殿…

織田信長の人物像 「信長の身長、性格、趣味」〜 戦国三英傑の逸話

三英傑とは戦国三英傑(せんごくさんえいけつ)とは、天下人へあと一歩のところまで迫った「織…

ジェームズ・ボンドの魅力と歴代のボンド 【世界最高のスパイ】

「マティーニをステアではなく、シェイクで」このセリフに反応した方は、「ドクター・ノオ」からの…

ラグビーの歴史と「2019年ワールドカップ日本代表全選手」

ブライトンの奇跡ノーサイドまでワンプレイの状況のなか、同点狙いのペナルティキックでは…

アーカイブ

PAGE TOP