海外

なぜハワイでは「レイ ~花の首飾り」を渡すのか?

レイ

ハワイのオアフ島

のんびりとした時の流れに、大自然と都会の賑わいが溶け合った憧れのリゾート地『ハワイ』。

日本人観光客のリピート率94%という記録を持ち、挙式やハネムーンといった人生のターニングポイントを迎える場所としても有名である。日本語が堪能な日系人も多く暮らしているため、日本人にとって親しみと安心を与えてくれる環境でもある。

分厚い『パンケーキ』に、フルーツたっぷりの『アサイーボウル』、味のバリエーション豊富な『マラサダドーナツ』といった日本で一躍ブームを巻き起こしたスイーツも、ハワイでの爆発的な人気が話題を呼び、日本へ伝わった。

その他にも、美容と健康の効果が期待されるフラ(ダンス)、運気を上げてくれるパワーストーンなど、日本の身近なところにハワイ文化は存在しているのだ。

ハワイの大自然が反映された愛情と祈りの象徴「レイ」

日本では、『ホノルル空港』と呼ぶことが定着しているハワイの玄関口『ダニエル・K・イノウエ空港』に到着すると、『アロハ〜!!』の挨拶と共に、ハワイ語で「レイ」と呼ばれる花の首飾りを渡されることがある。

この「レイ」を相手の首にかける姿が、両腕を回して相手をハグする姿と重なって見えることから、歓迎や祝福、感謝の気持ちを相手に表現したい場面で「レイ」を渡す習慣が始まった。

レイ

パレードでレイを身に着ける女性たち

かつては、魔除けや権力を表すために「レイ」を日常的に身に付けていたが、ハワイ文化を象徴する存在として「レイ」が世界中に知られるようになってからは、ハワイの伝統文化であるフラを踊る際にも使用されるようになった。

楽しく優雅に踊るフラは本来、ハワイの宗教儀式の一部であったため、身に着けた「レイ」自身にも自然の神々が宿り、自然と人間を結び付ける『絆』が生まれるという考えがハワイの人々の間で確立されていった。

「レイ」を贈る習慣にみる配慮と感謝の気持ち

結婚式や、卒業式など祝いの場面での活躍が目立つ現代の「レイ」は、贈る相手への愛情と配慮が重視されている。

相手の好きな花を選ぶ時間、花や草木の組み合わせを考える気持ちなど、相手に込めた想いを「レイ」に託しながら創ることが、ハワイの人々の暮らしに受け継がれた新たな伝統文化である。

レイ

レイを創る様子

一般的に、輪の形をしている「レイ」には、たったひとつだけマイナス要素が含まれている。

それは「母親と胎児の命を結ぶへその緒を絡めてしまう」という意味を持ち合わせている点だ。そのため、出産間近の相手に輪状の「レイ」を贈ることはタブーとされ、代わりにマフラーのような輪状に結ばれていない長い「オープンレイ」を贈ることが決まりとなっている。贈る側の「レイ」に関する知識の理解にも十分な注意が必要である。

「レイ」を受け取った側は、翌日に木に提げたり、海に流したりと、感謝の気持ちをハワイの大地に返すことが基本とされている。愛情表現のひとつである「レイ」の受け取りを拒んだり、すぐに首から外してしまう行動は、受け取る側の礼儀に反することに繋がる。

「レイ」に込められた相手の気持ちを快くを受け取ることが、ハワイの人々が最も大切にしている習慣である。

自然の恵みが織りなす「レイ」の魅力

代表的な「レイ」の素材として、思い浮かぶのはハワイの州花でもある『ハイビスカス』と、東南アジアにも生息し、インテリアのデザインに多く起用される『プルメリア』である。

花の色によっても花言葉が異なる『ハイビスカス』と『プルメリア』は、贈る相手に向けた気持ちや願いに合わせて、デザインの組み合わせや色合いを決めることに適している素材だ。

また、ストレス緩和を促す香りを放つ『プルメリア』は、ヘアアクセサリーとしての需要も高い。

レイ

プルメリアの花

色鮮やかな「レイ」に続き、シンプルで男性も身に付けやすい『ククイナッツ』の「レイ」も人気を集めている。

『ククイナッツ』とは、ハワイ州で採れる木の実のことで、皮膚炎などの肌の治療薬や魔除けのお守りとしても使用されている。冷蔵庫で保存することで、花の美しさを長く楽しむことができる生花で創られた「レイ」とは異なり、長い間、繰り返し使うことができるのも好まれる理由だ。

レイ

ククイナッツのレイを身に着ける女性

人の生涯を彩る「レイ」が伝えていること

人間の誕生から最期までを寄り添い、見守り続けてくれる存在であるハワイ生まれの「レイ」。人生の様々な転機を彩る「レイ」は、花や草木に込めた互いの気持ちを繋ぐ愛の形そのものだと考えられている。

イベントで身に着けるときも、誰かを歓迎し祝福するときも、別れの証として故人に供えるその瞬間も「レイ」が伝えているのは、『愛情』ただひとつだという。これは、ハワイ語の挨拶『アロハ(ALOHA)』にも込められた『人と人との出会いと別れにも愛が存在する』という深い意味に通ずるものがあり、常日頃から相手に向けた愛情を大切にしているハワイの人々の心情をも表現している。

ハワイの生花店では、世界にひとつだけの自分で考えたオリジナル「レイ」を創ることができる。

生花のため、航空規定上、日本への持ち込みは禁止されているが、ハワイで過ごす限られた時間の中だけでも「レイ」を身に着け、愛が溢れるハワイ文化に触れながら過ごしてみてはいかがだろうか。

他のハワイの記事一覧

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. スエズ運河建設【日本では明治維新を迎えた頃の大事業】
  2. インドカレー店がなぜ多いのか調べてみた【法務省も関与していた!?…
  3. 意外と知らないオルゴールの歴史 「スイス発祥、日本での広がり」
  4. 函館五稜郭の五稜郭公園に行ってみた 【北海道オススメ観光】
  5. オーストラリアの真夏のクリスマスはどう過ごしているのか? 「クリ…
  6. 【デンマーク初の女王誕生のきっかけを作った王妃】イングリッド・ア…
  7. 【近代イギリス長編小説の頂点】ジェーン・オースティンの生涯
  8. 台湾の新型コロナウイルス対策方法 「買い物の実名登録制度、感染者…


新着記事

おすすめ記事

神風連の乱について調べてみた【明治の士族反乱の魁】

肥後の士族反乱「神風連の乱」(しんぷうれんのらん)は明治9年(1876年)10月に肥後・熊本…

認知症について調べてみた 【認知症の種類や関わり方、支援制度】

年を取るにつれ、「体の節々が痛い」「人の名前を思いだせない」等、いろんな症状が出てきます。日…

デリバリープロバイダについて調べてみた 「Amazonの落とし穴」

ネット通販は現在の生活には欠かせません。私は少ないほうだと思うんですが、それでも月に2〜3回…

徳川家斉 【徳川11代目将軍】松平定信による寛政の改革

徳川家斉(いえなり)は1773年に徳川(一橋)治斉の子として生まれた。10代将軍徳川…

今も残る ジャンヌ・ダルクの生家「ドンレミ村」神のお告げを聞いた場所

ジャンヌ・ダルク と言えば、15世紀のフランスで活躍されたといわれている、フランスの国民的ヒ…

アーカイブ

PAGE TOP