健康

トランス脂肪酸とは何か「マーガリンは身体に悪い?」

トランス脂肪酸とは何か ?

トランス脂肪酸 は、自然界にはわずかな量しか存在せず、科学が大量に生み出した新しい物質であり、人体が適切に処理できないため体に悪いと言われている。

動物性脂肪よりもコレステロールが増えるという説もあり、健康のためにとバターをマーガリンで代用していた方にとっては衝撃的な情報かもしれない。

そんなトランス脂肪酸について今回は見ていきたい。

トランス脂肪酸の害

さて、トランス脂肪酸は脂肪だが、他の脂肪と何が違うのだろうか。
脂肪(正確には脂肪酸)には大きく分けて4つの種類がある。

単価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸、飽和脂肪酸、そしてトランス脂肪酸だ。

不飽和脂肪酸(単価・多価)は液状の植物油であり、LDL(悪玉コレステロール)の吸収を阻害してくれるフィトステロールを多く含む。

確かに脂肪なのでカロリーは高くなるが、新鮮で加熱されていない液状の植物油は総じて良質の油であり、賢く利用することによって健康をサポートする機能も持っている。

トランス脂肪酸とは何か

飽和脂肪酸とは、常温で固体になっている油脂や動物性の脂肪を指す。
肉の脂身や乳製品、チョコレート(カカオバター)、ココナッツオイル等がこれにあたる。

飽和脂肪酸はエネルギー源として有能だが、欧米化した食生活などで大量摂取が習慣化されると、循環器系の疾患リスクを高めることでよく知られている。
常温で固まり、冷えるとザラついた食感になるので、これが体内で血管に付着するイメージを持てば摂取は控えやすくなるかもしれない。

最後にトランス脂肪酸
これは食用油脂の中でも歴史が浅く、イレギュラーな存在だ。
欧米で飽和脂肪酸の過剰摂取が健康に悪いと明らかになってからは、そのヘルシーな代替品として採用されてきた。

だが、時代とともに研究が進むと、トランス脂肪酸も決してヘルシーではないどころか、LDL(悪玉コレステロール)を有意に向上させることが判明した。
そのため、油脂類を多く消費しがちな欧米では、摂取量が規制されるようになっている。

日本でも、少し健康を気にして情報収集している人の間では、避けるべきものとして定着しているが、全く知らずに生活している人々も多い。

トランス脂肪酸が多く含まれる食品

さて、この問題児、トランス脂肪酸とは実際どこにあるのだろうか。
それはあまりにも身近なところに存在する。

多くのマーガリン、ショートニング、ファーストフード、そしてそれらを使ったパンや菓子類。
こういった食品にトランス脂肪酸は含まれる。

つまりはジャンクな加工食品や店売りの安くて甘いものに要注意だ。

トランス脂肪酸とは何か

トランス脂肪酸は第一に、揚げ油などの植物油を高温加熱した場合、また電子レンジで食品を加熱したりすると発生することで知られている。
自然界にはわずかしか存在しないが、牛や羊由来の肉や乳製品には天然のトランス脂肪酸がほんの少し含まれている。

そしてそれよりも圧倒的大量に含まれているのは、マーガリンやショートニング、ファットスプレッドといった固形の加工された植物油脂だ。
植物油というといかにもヘルシーそうで、本来は確かにヘルシーだった。

しかし、これらの油脂製品には「水素添加」という工程が含まれ、それによって大量のトランス脂肪酸を発生させてしまう。

トランス脂肪酸、デブの危険なお友達

トランス脂肪酸とは何か
ジャンクでジューシー、かりっとしたファーストフード。
安くて大袋の菓子パン。
これらは安価で手軽に現代人の胃袋を満たしてくれる庶民の味方だ。筆者もよくお世話になってきた。
しかし時計やお財布に優しくても、体には優しくない。
こういったチープな食品に頼りすぎることは危険だ。

全体的に栄養バランスを欠きカロリー過多傾向になることは言うまでもなく、トランス脂肪酸というきわめて質の悪い脂肪を摂取してしまう。

カロリー上等!デブが食いしん坊で何が悪い?

そう開き直る声もある。
けれどもそれが体型だけの問題でなく、深刻な健康問題に直結していたら…?
身体がある程度健康であってこそ、食事も安心して楽しめるのではないだろうか。

神経質にならず、意識して避ける

このようにトランス脂肪酸の危険性についてご紹介してきたが、外食産業や加工食品が日常的に利用されている現代日本。
まったく摂取を0にすることはかなり難しいのが実際のところだ。

とはいえ、トランス脂肪酸=食べると死んでしまう毒 という訳ではない。

他の食品添加物や不摂生な生活習慣と同様に、無理のない範囲で避けるよう心掛けていくことが大切だ。元々、バランスの良い健康的な食生活を心がけている人にとっては特別警戒するほどではない。

例えばマーガリンの食感が好きでやっぱり使いたい、という場合は少しくらいなら食べてもいいだろう。問題点が各方面から指摘されるようになってきたため、各社では製造時にトランス脂肪酸を0に近づけるべく工夫するようになった。(例:ミヨシ油脂は10年以上前からトランス脂肪酸の低減化に取り組んだマーガリンを製造)

また、油脂分だけではなく、健康に良い成分も添加してヘルシー方面に近づけようと努力してもいるいる。購入する場合は表示を見比べて、安いほうではなくより良いほうを買うようにしたい。

もちろん徹底的に摂取を避けたいと考えて食生活を一新することも素晴らしい心がけになるが、ヒステリックになってストレスを溜めてはそれも身の毒になる。また、周囲の人々に押しつけるような形になってはまずい。

クリスマスや年末年始も近く、高カロリーな加工食品のお世話になりがちな季節。
あくまで自然に楽しめる範囲内で、食生活を改善していきたい。

関連記事:
コレステロールをやっつける!フィトステロールの底力 「見逃されている栄養素」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

ニジクマノミ

投稿者の記事一覧

ちょっと変わった色の魚です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 日本軍人を苦しめ続けた「脚気(かっけ)」との戦いの歴史【陸海で別…
  2. 「わずか5分で新型コロナウイルスを検査できるキット」を米アボット…
  3. 実体験【首こり 肩こり】を解消する薬&グッズ 6選
  4. ビタミンC の効能について調べてみた
  5. 「ベジタリアン」の食事と栄養について調べてみた
  6. 梅干しの歴史と効能について調べてみた
  7. なぜ健康食品が売れ続けるのか?
  8. うつ病に『がんばれ!』はNGじゃない?!うつの人との正しい接し方…


新着記事

おすすめ記事

日本の餃子について調べてみた「実は完全食?!」

まず日本人で餃子が嫌いという人は少ないだろう。カリッとした焼目、噛むと肉汁と野菜の旨味が口中…

そろばん教室の開祖・毛利重能【昔は割り算九九があった】

「和算」、あまり聞き慣れない言葉ですね。これは江戸時代に日本独自に発達させた「数学」を指します。…

徳川家康も震え上がった?天下分け目の関ヶ原合戦で見せた毛利秀元の執念!

時は戦国末期の慶長5年(1600年)、天下分け目の関ヶ原合戦において西軍の総大将となりながら、一戦も…

七福神と仏教の関連について調べてみた

福をもたらすとされる神への信仰は中世から始まったとされる。室町時代、地位が高い人々ではなく、町の衆…

笑わない武将 上杉景勝の生涯【謙信亡き後の上杉家を守り抜く】

上杉景勝とは上杉景勝(うえすぎかげかつ)は越後の龍と謳われた上杉謙信(うえすぎけんしん)の甥…

アーカイブ

PAGE TOP