不思議

死神 について調べてみた

死神

「死神」と聞くと、どんなことをイメージするだろうか。

死した者を迎えにくる存在
魂と肉体を切り離す存在
命を奪ってしまう悪い存在
魂がさまよい続けるのを防ぐため、冥府に導いてくれる存在
そして、その姿は――。
黒いローブを纏い、大きな鎌を持っている。白骨姿、あるいはミイラ化している…。

 

捉え方によって恐怖も安らぎも与えてくれる存在――。
今回はそんな、「死神」について調べてみた。

 

スポンサードリンク

 

西洋の死神

前述した「黒いローブに鎌を持っている」という出で立ちは、西洋の死神のイメージだ。
鎌は大鎌だけでなく、草刈鎌の場合もあるのだとか。
ローブもボロボロであったり、足がなく浮遊していたり、白骨化した馬に乗っていたりと、バリエーションがある。
死神が写真に写ってしまった場合、鎌を持っていたなら「命に関わる危険の前兆」、鎌を持っていなくても「なんらかの危機の前兆」とする迷信があるのだそう。

一度振り上げられた大鎌は、振り下ろされるときに必ず魂を獲るといわれている。死神の鎌から逃れるためには、他者の魂を差し出さなくてはならない、という説がある。

 

日本の古典にみる死神

江戸時代の古典文学にも、死神について記されているものがいくつかある。

桃山人が発表した『絵本百物語』には、死神のことが竹原春泉斎の画とともに描かれている。

「悪念をもった死者が生者の悪念に呼応して死へと導く」

「刃傷沙汰などがあった場所は必ず清めなくてはならない」

といったことが書かれている。自害したり首をくくったりするのも、死神が誘うからだという。

幕末を生きた鈴木桃野の随筆『反古のうらがき』には、縊鬼(いつき)という存在が記されている。

江戸の鞠町で開かれた酒宴に、客のひとりである同心が来ない。

ようやく現れた同心は「首をくくる約束をしたので、断りに来た」と話す。酒宴を開いた組頭が乱心したかと酒を飲ませ引き止めたところ、しばらくして同心は落ち着きを取り戻した。

同心によれば、喰違御門にさしかかったところで何者かに「首をくくれ」とささやかれた。

なぜか拒否できない気持ちになり「組頭に言って約束を断ってからにしたい」と伝え、わざわざ断りにきたとのことだった。

同心は助かったが、喰違御門で首つり自殺があったとの知らせが届く。

縊鬼が同心を死なせようとしたがあきらめ、別の者に憑いたことで同心から離れた。それで彼は助かったのだ――。

という話だ。

江戸時代後期の三好想山の随筆『想山著聞奇集』には

「死に神の付たると云は嘘とも云難き事」

という記述がある。女郎が「あんたに惚れたから」と客の男を心中に誘う話だ。

誘われた男は半信半疑ながらも「ああ、死んでもいい」と答える。

「明晩、死のうよ」と約束するが、当日になるとなんだかんだとあり結局、死ねなかった。

「明晩こそ」と女郎と約束し、翌晩、店の者たちには夜芝居に行くと見せかけ、森で死ぬためにふたりで出掛ける。

覚悟を決め、目がすわった女郎の顔を見て、男は我に返る。

女郎からなんとか逃げた男は三日後、その女郎と旅の男が昨夜、森で心中したことを知る。

女には死神が取り憑き、それが旅の男にも取り憑いたのだろうか――。

と語られている。

 

日本の古典では、死神の認識は「人に取り憑き、自殺させる」というものだったようである。

 

日本の死神

仏教においては、死にまつわる魔として「死魔」というものがある。
人を死にたくさせる魔物で、「死魔に憑かれると衝動的に自殺したくなる」などといわれている。そのため、「死神」と説明されることもあるという。

他にも、冥界の王である閻魔や、地獄にいたとされる牛頭馬頭、鬼が「死神」の類とされている。

神道では、日本神話においてイザナミが人間に死を与えたとされているため、イザナミを死神とすることもある。

日本の死神は、西洋の死神とは様子が違うようである。

 

キリスト教には存在しない死神

キリスト教は一神教なので「唯一とされる神」以外に神は存在しない。だから、死「神」というのはいないのである。
生きている者に死を知らしめ執行するのは、天使になるそうだ。
死神を悪と捉えた場合は、悪魔もま、死神と似た存在であるといえるだろう。

黙示録の『第4の封印』が解かれたときに現れる、青白い馬に乗った【死】という騎士も、死神に類似している。

 

落語と死神の深い関係

日本では他にも、人形浄瑠璃や落語のなかにも「死神」が登場する物語がある。
古典落語の死神は、グリム童話『死神の名付け親』が原典のひとつと考えられている。
サゲのパターンがいくつもあるようなので、一度、直接、落語を聞きに行ってもいいかもしれない。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 厄払いの側面から陰陽師を調べてみた【護符も自分で書ける】
  2. とても怖い?! ゆびきりげんまんの由来
  3. この地球は樹木の残骸でできていた
  4. 古代の地球は巨木世界だった確かな証拠【この地球に山は森はなかった…
  5. 【現代版ノアの箱舟】中性子星が地球に接近したら人類はどうする?
  6. 北海道の神居古潭(カムイコタン)の話【神のいる村】
  7. ドッペルゲンガーについて調べてみた
  8. 石北峠の通称「バケトン」について調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP