UFO,宇宙人

この地球は樹木の残骸でできていた

この地球は樹木の残骸でできていた

さて、まずは先にこちらを読んで欲しい。

古代の地球は巨木世界だった確かな証拠【この地球に山は森はなかった】

読んでもらったなら、話を先に進めよう。読んでいなかったとしても大丈夫。これから話すことは、上記の記事を読みたくなる内容だからだ。

山は存在しない

現在の我々が見ている山々は、太古に存在した巨木の切り株だったり、折れて朽ちてしまった根元のなれの果てだとういうことは以前にお話した。

巨木といっても数十m程度のものではなく高さが数km-数十kmもあるものだ。その証拠である「柱状節理(ちゅうじょうせつり)」という垂直方向の割れ目が入った「」が表面を覆っている山もある。柱状節理は、六角形の柱の形をしており、それが幾本も束になって山を形成しているのだが、それはマグマの冷却面と垂直に発達するとされている。

マグマは高温であれば溶けて液状になり、冷えれば固体となる。誰もが知っている常識だが、では「なぜ六角形になるのか?」が説明できない。

この世界には雪の結晶だったり、蜂の巣だったり、植物の茎の内面だったりと、自然界に六角形は多く存在する。しかし、それらは最初から六角形であり、マグマが冷える過程で六角形になるというような「偶然としかいえない」プロセスは含まれていない。

ならば、柱状節理にも他の自然界に存在する六角形のように「最初からその形状であった」ということができる。つまり、必然的に六角形だったのだ、と。

蜂の巣のように正六角柱を隙間なく並べた構造を「ハニカム構造」というが、強度をあまり損なわずに必要な材料を減らすことができるのが特徴である。

これは、巨木が自重を支えながら、地表から水分を吸い上げるのにも適した構造なのだ。
次のページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメ記事

関連記事

  1. 南極で不時着のUFOがGoogle Earthに写り込む【英紙報…
  2. 謎の暗号・cicada3301 について調べてみた
  3. 虚偽記憶【現実には経験していない事を経験したかのように思い込む記…
  4. 本気の科学で迫るUFOの謎(フランス ノルマンディーのUFO)
  5. 【現代版ノアの箱舟】中性子星が地球に接近したら人類はどうする?
  6. 北海道の神居古潭(カムイコタン)の話【神のいる村】
  7. 西洋占星術の起源について調べてみた
  8. 蘆屋道満について調べてみた【安倍清明のライバル!?】


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

山本勘助は本当に実在したのか?【信玄の軍師】

多くの武将を配下にしていた武田信玄。その配下の中で信玄の軍師として活躍したとされているのが山本勘…

結局ダメ・・・【漫画~キヒロの青春】78

先週は風邪を引いてしまい、更新できずにすみませんでしたm(_ _)m数年ぶりに風邪ひ…

抜刀、居合術の開祖・林崎甚助【奥義は敵討ちから生まれた】

林崎甚助とは一瞬のうちに相手を斬る「居合(抜刀術)」の開祖が林崎甚助(はやしざきじんすけ)である…

アーカイブ

PAGE TOP