UFO,宇宙人

この地球は樹木の残骸でできていた

この地球は樹木の残骸でできていた

さて、まずは先にこちらを読んで欲しい。

古代の地球は巨木世界だった確かな証拠【この地球に山は森はなかった】

読んでもらったなら、話を先に進めよう。読んでいなかったとしても大丈夫。これから話すことは、上記の記事を読みたくなる内容だからだ。

山は存在しない

現在の我々が見ている山々は、太古に存在した巨木の切り株だったり、折れて朽ちてしまった根元のなれの果てだとういうことは以前にお話した。

巨木といっても数十m程度のものではなく高さが数km-数十kmもあるものだ。その証拠である「柱状節理(ちゅうじょうせつり)」という垂直方向の割れ目が入った「」が表面を覆っている山もある。柱状節理は、六角形の柱の形をしており、それが幾本も束になって山を形成しているのだが、それはマグマの冷却面と垂直に発達するとされている。

マグマは高温であれば溶けて液状になり、冷えれば固体となる。誰もが知っている常識だが、では「なぜ六角形になるのか?」が説明できない。

この世界には雪の結晶だったり、蜂の巣だったり、植物の茎の内面だったりと、自然界に六角形は多く存在する。しかし、それらは最初から六角形であり、マグマが冷える過程で六角形になるというような「偶然としかいえない」プロセスは含まれていない。

ならば、柱状節理にも他の自然界に存在する六角形のように「最初からその形状であった」ということができる。つまり、必然的に六角形だったのだ、と。

蜂の巣のように正六角柱を隙間なく並べた構造を「ハニカム構造」というが、強度をあまり損なわずに必要な材料を減らすことができるのが特徴である。

これは、巨木が自重を支えながら、地表から水分を吸い上げるのにも適した構造なのだ。
次のページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 謎のアトランティス大陸について調べてみた
  2. 日本の謎の未確認生物【UMA】
  3. 死神 について調べてみた
  4. ドッペルゲンガーについて調べてみた
  5. NASAの無人探査機が火星でエイリアンの地上絵を撮影していた!
  6. 【楔形文字は語る】甦る メソポタミア文明
  7. おみくじの起源について調べてみた【元号もくじで決まった】
  8. 30秒の差が恐竜の絶滅を決めた!【小惑星地球激突死因ランキング】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

【皇帝に仕えたイギリス人】外国人から見た徳川家康

豊臣秀吉の没後、天下の実権を握った徳川家康は、キリスト教を禁止し、海外との貿易も限定するようになった…

三国志について~書物編~【正史、演義、吉川三国志】

三国志という言葉は、中国の歴史に興味がない人でも、一度は聞いたことがあるだろう。特に日本ではゲーム…

輪島塗について調べてみた

日本人には馴染みの深い塗料「漆」。北陸新幹線も開通し、何かと話題の石川県も国内屈指の漆器の産地…

アーカイブ

PAGE TOP