オカルト

古代の地球は巨木世界だった確かな証拠【この地球に山は森はなかった】

古代の地球は巨木世界だった確かな証拠【この地球に山は森はなかった】

結論から言ってしまおう。

太古の地球は、現在では想像できない巨木世界だったと。

ほとんどの読者が「何を言っているんだ?」「オカルトか?」などと疑うはずである。中には私の正気を疑う人もいるかもしれない。

だから、タイトルにありのままの事実を書いたまでだ。

それがどのような意味なのか、順を追って話してみたい。

スポンサーリンク

脳のフィルター

人間の脳の働きについては、まだ解明されていない領域があるという話は有名である。さらに「脳は10%しか機能していない」という話も蔓延している。

しかし、この10%は何を基準にした数値なのだろうか?ハードディスクのように脳に「1TB」とでも記してあればわかりやすいのだが、脳の領域がどの程度あるのかも解明されていないのに「10%」とはナンセンスな話である。

しかし、その不確かな情報により我々が助けられることもある。

解離性障害という精神的な病気のひとつに「解離性健忘(Dissociative amnesia)」というものがある。

強いストレスや心が耐え切れないほどの体験をしたときに、その原因となった出来事を忘れて思い出せなくなる状態のことだ。

これは、病気とされているが本当は「人間を守るための脳のフィルター」である。記憶は脳に蓄積されるが、同時にその個人を動かす指令所でもある。その指令所が外的要因で正常に機能しなくなっては日常生活すらままならない。そのためにこのような高度な機能が備わっている。

しかし、それは誰もが作動するわけでもなく、作動させようとして働くものではない。脳の「解明されていない領域」が働いたという証拠なのだ。

だが、そうした機能はフィルターだけなのだろうか?

不可視のプリズム

脳には「未知の領域」や「未知の機能」があることを知ってもらった上で、さらに話を進めよう。

人は誰でも想像をする。

夜、ベッドに入って何も考えずにすぐに眠れる人は別として、大抵は何かを考えたり、思い出したり、想像しながら眠りに落ちてゆく。では、こんな想像をしたことはないだろうか?

「今、私が見ている世界は本物ではないのではないか?」

私もそうだが、多くの人が一度は考えたことがあるはずだ。現実を真実だといえる根拠などどこにもない。

もしかしたら、視界に映る景色だけが造られていて、視野に入らない場所は真っ白で何もない空間かもしれない。または、真実の自分は眠っていて、誰かが作った仮想世界で生きているように「演じて」いるのかもしれない。

なぜこんなことばかり書くのかというと、人間というのは「常識」が邪魔をして目に映るものしか信じないという障害があると伝えたかったからだ。本当は違う景色を見ているのに、脳内にある「不可視のプリズム」により、その景色は常識で理解できる範囲の別物として記憶されてしまう。そうでなければ、脳への負担が大きくなるからだ。

ここでも、脳の「未知の領域」や「未知の機能」が働いているのだが、これから話すことに対しては、そういった働きがあるのだと知ってもらい、常識という先入観を捨てて欲しかった。

さあ、では本題に入ろう。

世界に残る二つの遺産


※北欧神話における世界図

世界中には大洪水の伝説が残っていることが多い。ノアの箱舟に代表されるものだが、もうひとつ共通して残っている伝説が「巨木」である。

シュメール神話の「キスカヌ (Kiskanu)

中国神話の扶桑

ヒンドゥー神話の「アシュヴァッタ (Aśvattha)」

北欧神話の「ユグドラシル」

ユグドラシル北欧神話に登場する1本の架空の木である。それは、世界を体現する巨大な木であり、アースガルズミズガルズヨトゥンヘイムヘルヘイムなどの九つの世界を内包する存在とされる。ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指輪」の「神々の黄昏 (楽劇)」の冒頭で歌われることで有名だが、この巨木は世界そのものを内包する大きさである。

そして、世界中に残されたもうひとつのものは、伝説ではなく現在の我々でも目にできるものだ。それは世界のいたるところにあり、我々の景色の中に同化している。

ただし、「違う姿となって」だが。

それは「」や「」、「」と呼ばれている。いや、常識によってそう思い込まされているだけなのだが。「また、おかしなことを言い出したな」と思った方にはタイトルを読み返すことをおすすめする。そこには「この地球に山は森はなかった」と書いてあるはずだ。

偶然か必然か


※デビルズタワー

アメリカ合衆国ワイオミング州北東部にデビルズタワーと呼ばれる巨大な岩山がある。
地下のマグマが冷えて固まり、長年の侵食によって地表に現れた岩頸と呼ばれる地形であり、1977年のスティーヴン・スピルバーグ監督の映画『未知との遭遇』で宇宙船の降りる場所として描かれ、広く知られるようになった。岩頸(がんけい)とは、火山が侵食によって削られて、火道内の岩栓が地表に現れた地形のことである。

この岩山の興味深い点は、柱状節理(ちゅうじょうせつり)という垂直方向の割れ目が表面を覆っていることだ。

柱状節理は、六角形の柱の形をしており、それが幾本も束になってこの山を形成している。高さは386m、頂上は91m×55mの広さのテーブル状になっている。実はこのデビルズタワーとよく似た地形は世界中に存在する。


※柱状節理

しかし、上の画像をよく見て欲しい。麓に大きな川があるわけでもなく、強風が吹き続ける場所でもないのに、デビルズタワーの柱は下だけが侵食されている。これではまるで、朽ち落ちた樹皮のようではないか?

では、もう一度デビルズタワーの画像を見てみよう。

おっと、いけない。

こちらが正解だった。「似ていた」ものだからつい間違えてしまった。そう、デビルズタワーと切り株は似ている。いや、正確には大きさが違う切り株というべきだろう。

なぜなら、デビルズタワーも巨木の切り株なのだから。

常識の壁を超えて


※南アフリカのテーブルマウンテン


※クケナン山

※ロライマ山 Photo by Yosemite 04:26, 20 Feb 2005 (UTC)


※アウヤンテプイ Photo by  Heribert Dezeo

これらはほんの一例で少し探せば世界中いたる所に存在する。

常々、科学者というのは面白いものだと考えていた。批判するわけではないが、物理学者は数式で宇宙の謎を解明しようとしたり、地質学者は年代を測定して古代の様子を想像する。どちらも目に見えているわけではないのに、それが「定説・常識」という言葉で評価される。

それに比べたらデビルズタワーやそれに似た山々が巨木の切り株だというほうが目に見える分だけ分かりやすい。その形状や構造が樹木とそっくりなのも目に見える。

現在の我々が見ている山々は「巨木の切り株」であったり、「朽ち折れていびつな形状になった巨木の根元」であり、木や森は巨木がこの地上から姿を消した後に生まれてきた「小さな芽」だったのだ。

巨木の根が岩のように見えるのは、それこそ時間の経過によって化石のように変質したためである。事実、アメリカには樹木の化石が見られる場所があり、それは宝石のようで美しい。

仮に、デビルズタワーの規模からどのくらいの巨木だったのかを計算すると、約6,000mの高さになる。さらに同じような形状でより大きなメサ(テーブル状の台地)が南アフリカのテーブルマウンテンである。ここは約3kmに亘り山頂がほぼ平坦なことから名づけられたが、これを切り株だとすればその高さはなんと60kmにもなる。

先ほど「よく似た地形は世界中に存在する」と書いたが、そのことを考えれば太古の地球はまさに巨木に覆われた世界であり、現在、我々が暮らしている世界は、それらが崩壊した跡地ということになるわけだ。

巨木の森に棲む者

太古に地球規模で巨木の森が広がっていたのなら、さぞ光合成も捗り酸素の供給も十分だったに違いない。いや、規模から考えると供給過多で酸素濃度が高すぎるのではないかと思った人もいるに違いない。

しかし、それだけの酸素を必要とする「」が存在すれば、問題は解決する。

その者も巨木と同じく世界中の伝説に残された「巨人」である。ギリシア神話に登場するガイアの子供たちや、北欧神話のヨートゥン、旧約聖書のネフィリム、ネイティブ・アメリカンのナルムクツェ、そして、日本各地に伝わるダイダラボッチなど数多く存在している。
しかも、北欧神話では、炎の化身であるロギが世界の終末であるラグナロクにおいて、世界樹ユグドラシルに火をつけることにより、世界へ最終的な破滅をもたらす役を負っていた。


※北欧神話のトール

ここで、巨木と巨人は繋がったことになる。

我々は「有り得ない」「考えただけで気が遠くなる」という理由から「不可視のプリズム」によって、こうした事実を常識ではないと思ってしまっていた。しかし、それも脳の機能が正常に働いているからであり、事実を知れば受け入れることもできるだろう。

最後に

我々が目にしているものは現実だが、現実と真実は違う。

岩は岩にしか見えないが、本当に岩なのかという事になれば話は別だ。人類は数千年前の出来事も解明できていないのに、さらに太古のことを正確に知るのは相当先の話だろう。

真実はそのときに分かるに違いない。

なお、この話についてもっと詳しく知りたい方にはこちらの動画をおすすめする。前後編となっているが、より細かな検証と事実の提示がなされている。

 

日本人でも随分前から指摘されている方がいる。こちらも参考までにリンクを貼っておきます。
石の囁き 聞こえますか

※2017/05/23 続編追記
この地球は樹木の残骸でできていた

※2019/07/05 追記
記事のコメント欄にて熱い議論を交わされていた実在派の方が、より綿密に解説されたサイトを立ち上げました。より多くの画像とデータにて解説されています。↓
http://umekatsu.com/

 

gunny

gunny

投稿者の記事一覧

gunny(ガニー)です。こちらでは主に歴史、軍事などについて調べています。その他、アニメ・ホビー・サブカルなど趣味だけなら幅広く活動中です。フリーでライティングを行っていますのでよろしくお願いします。
Twitter→@gunny_2017

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. ナポレオンはエジプト遠征で何を得たのか調べてみた
  2. この世界はすでに終わっていた?!マザー・シプトンの予言
  3. ラスプーチンの怪奇な能力について調べてみた【ロシアの怪僧】
  4. 日本の謎の未確認生物【UMA】
  5. ラプラスの悪魔について調べてみた
  6. 封印されたフィラデルフィア実験【駆逐艦が消えた!レインボー・プロ…
  7. パワースポット?ミステリースポット?魂の宿る5つの史跡
  8. 【謎の飛行物体X】NASAも関与する計画について調べてみた

コメント

  1. アバター
    • 超巨大植物・実在派
    • 2019年 7月 21日

    新井キヒロ様へ
    前回の私の文章に、誤記が発生しました。
    「ぺこ」のところです。
    このあとに「土下座している様子の顔文字」があるのですが、表示されませんでした。
    たぶんhtml言語の単語の表記と、同一の記号があると、それらは表示されないのでしょう。
    以下の顔文字なら、表示されるかもしれません。
    ぺこ m(_ _ )m

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

村上武吉と村上水軍について調べてみた【海の関ヶ原】

瀬戸内海に浮かぶ芸予(げいよ)諸島の周辺は、潮の流れが速く、航海の難所であり、地元の住人は「船に乗る…

直江兼続の才能について調べてみた【上杉景勝の重臣】

2009年の大河ドラマ『天地人』の主人公として、人気漫画『花の慶次』や『義風堂々 直江兼続 -前田慶…

全財産を失ったニコラス・ケイジの素顔【血は争えない!?】

ハリウッドスターの一人であるニコラス・ケイジは、1995年~2011年の収入が1億5,000万ドルに…

アーカイブ

PAGE TOP