教育

現役中学生に聞いてみた「現代っ子に忘れ去られた昔の遊び」

現役中学生に聞いてみた「現代っ子に忘れ去られた昔の遊び」

Σ64ベーゴマ(尾県郷土資料館で撮影)

「中学生のコミュニケーションにはスマホが必須!」
そんな風潮が、だんだんと普通になりつつある現代。
その子達の親世代である筆者が親しんだ『子どもの遊び』は失われつつあるようだ。

これは、筆者が現役中学生である息子に

『周りのお友達は何して遊ぶの?』

と何気なく聞いたところ、得たお話である。

『竹馬』『ベーゴマ』『ちゃんばらごっこ』

「そもそも、竹馬を持っていない。」

「ちゃんばらって何?時代劇のように刀を振りかざす?ところでその『時代劇』って、何?」

息子の同級生達が話していた言葉である。

そう、子どもが遊びを無くしたのではない。
大人が子供を遊ばせる場所を、遊ばせる道具を無くしていったのであろう。近年は真っ新の土地は駐車場になり、空地というものが無くなってゆくことが多い。
子どもが遊べるように配慮されている公園でも

「ボール遊びはしないでください!」

という看板が立ててあるこの時代。

息子がベーゴマやめんこを覚えても一緒にやってくれる相手が見つからず、全然楽しめないという経験もあった。
わかっちゃいるけど、土地や公共の場の話、グループでの遊びまでは自分一人で何とかできる問題でもないし、どうして良いのかわからない…そんなモヤモヤを抱えてしまう。

『缶蹴り』『缶ぽっくり』『竹とんぼ』『ゴム飛行機』

筆者が子どもの頃は、ちょうどゲームが生まれて広まっていく、そんな時期だったのかもしれない。
ゲームを持つ子が増えていき、ゲームを手に入れることで社会的地位を得るかのような感覚もあったが、その一方で缶蹴りドロケイ鬼ごっこなど、外で駆けずり回る遊びも残っていた。
竹とんぼも学校におじいさん先生(?)が来て、竹を削って竹とんぼを作る所から教えてくれた。それを家に持ち帰り、自分でカッターを使って削り具合の調整をしたものである。
ゴム飛行機なんかも『ゴムの力を利用して飛ばす』という、知恵の塊のような姿に格好良さを感じたものだ。

今は、どこへ行ってもゲームかスマホで遊ぶという子が増えた。

「缶蹴りって何?」
「竹を削る?ナイフの持ち方がわからない。(鉛筆をカッターで削ったことないし…。)」
「ゴム飛行機?…見たことない。」

そんな友達もいるようだ。

もちろん、これだって『どの子もそうだ』と言う訳ではない。
親が教えているご家庭もあるだろうし、地域の集まりやお祭りで昔遊びを楽しむ場を提供していることもあれば、缶蹴りやゴム飛行機が大好きだという子だっているだろう。

ただ個人的には、
昔は『知っていて当たり前』だと思っていた遊びの認知度が下がっている

ということを実感する場面が増えた。

『凧上げ』『コマ』『羽子板』

お正月になると家族で毎年凧を上げに行き、室内ではコマ、家の前では羽子板を楽しむ。
そんな人もいるのではないだろうか。
ところがこれらは学校で先生に教わる遊びと変わりつつある。
道徳の時間に昔遊びをしたり、放課後の学校開放や学童で昔遊びを企画する。やってみれば本当に楽しいようで、子どもは目を輝かせて家路に着く。
ただ、息子の友達の中には
「羽子板って、学校で教えてもらうまで知らなかった」
という子もいる。
確かに、近年家の前で羽根突きをする光景を見たことがない…そう気付いて、ハッとした筆者であった。

『漫画雑誌』

友達との話題のネタは、もっぱら『面白動画』。

ネットで公開されている動画を見て、腹を抱えて笑う毎日。
そんな子が増えた一方で

「漫画雑誌を読まない」

という子も出てきたようだ。
特に衝撃なのは、息子が友達に漫画の話を振った時

「漫画を読むと頭が痛くなる」

こう返されたと教えてくれた時だった。
もちろん、これは一例であるが

『漫画ばっかり読んでないで、勉強しなさい!』

という掛け声が印象的だった子ども時代を過ごした人にとっては、驚きなのではなかろうか?

 

近年はスマホを持っていない子が、スマホを持っている子達と遊ぶと、話題が全くかみ合わずに苦労するようだ。

最後に記載しておくが、スマホが悪い訳ではない。
様々な事情でスマホを持たせているご家庭が多いだろうし、ゲームだって節度を持って遊べば楽しい思い出になるだろう。
ただ、これだけの遊びを

「知らない」

という子達が大人になり、親になったとき、自分の子どもと何をして遊ぶのだろう?
そんな想像をしてしまう筆者であった。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
鈴蘭

鈴蘭

投稿者の記事一覧

ライターをしている鈴蘭です。
自身の失敗から学んだことを記事にしたいと思います。
一緒に頑張りましょう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 車中泊が捗る!便利グッズおすすめ5選
  2. デリバリープロバイダについて調べてみた 「Amazonの落とし穴…
  3. バイセクシュアルの歴史について調べてみた
  4. 介護保険制度について調べてみた 「どんなサービスが受けれるのか」…
  5. 学習塾の歴史について調べてみた
  6. 働き方改革について調べてみた
  7. 令和の男子マナー?座りションのメリット・デメリット
  8. 障害者向け福祉サービス・就労移行支援とは?


新着記事

おすすめ記事

竹中直人、“歴史上の人物”演じる意識「『秀吉』もでたらめにしましょうと」

俳優の竹中直人、中尾明慶、味方良介が、フジテレビ系スペシャルドラマ『桶狭間~織田信長 覇王の誕生~』…

遠距離恋愛は続かない?近くにいる人を好きになる単純接触効果

遠距離恋愛 は続かない、という話がある。なかなか会えないし、お金もかかるし。会えない…

フリッツ・ハーバー【凄惨な兵器 毒ガスを実用化したノーベル賞受賞者】

ノーベル化学賞の受賞フリッツ・ハーバーは、ドイツ出身の化学者であり、1918年にはノーベル化…

兼好法師に学ぶ 心の健康法 「病を受くる事も、多くは心より受く」

平安の世から現代に来た私には、現代の人々は著しく心の健康を損なっているように見える。そんな人…

八丈島で天寿を全うした武将・宇喜多秀家

秀吉の一門衆へ宇喜多秀家(うきたひでいえ)は、豊臣政権では五大老の一人も務めた戦国大名で…

アーカイブ

PAGE TOP