安土桃山時代

千姫(德川家康の孫娘、豊臣秀頼の妻)の波乱に満ちた生涯

千姫
※千姫姿絵(弘経寺蔵)
徳川秀忠の長女千姫は、わずか6歳で大坂城の豊臣秀頼に輿入れし、大坂冬の陣と夏の陣を体験、落城時に助け出されました。

そして本多忠刻と再婚。美男美女のお似合いのカップルと言われた姫路城での幸せな結婚生活は、夫忠刻と幼い息子の早世で終わりを迎えました。その後、江戸城に帰り、静かに暮らした彼女の後半生は、あまり知られていませんが、どのようなものだったのでしょうか。

千姫は、慶長2年(1597年)に徳川家康の三男秀忠と、正室お江の方の7人の子供たちの最初の子として、伏見の徳川屋敷で生まれました。

同母兄弟姉妹は2歳下に妹珠姫(3歳で前田利常に嫁ぐ)、4歳下に勝姫(10歳で松平忠直に嫁ぐ)5歳下に初姫(9歳で伯母常高院の養女となり京極忠高に嫁ぐ)、7歳下に徳川家光、9歳下が忠長、10歳下に和子(8歳で後水尾天皇女御として入内、中宮)がいます。

他にも、お江の方の連れ子である豊臣完子(九条家に嫁ぐ)という異父姉と、異母弟保科正之もいます。

千姫が生まれた慶長2年(1597年)頃は、激動の時代

慶長2年には慶長の役が起き、翌年8月には豊臣秀吉が亡くなっています。
そして慶長5年(1601年)には関ヶ原の戦いが勃発、
慶長8年(1603年)には徳川家康が征夷大将軍となり、江戸幕府を開府。
慶長10年には、家康は千姫の父である秀忠に2代将軍を譲り、大御所となっています。
浅間山は噴火し、慶長の大地震、八丈島も噴火と、激動の時代です。

秀頼との結婚 大坂城での生活

秀吉の命令で、生まれたときから豊臣秀頼と婚約していましたが、慶長8年(1603年)に6歳で大阪城に輿入れしました。
司馬遼太郎著「城塞」には、千姫が大阪城に嫁入りの際、身重の母お江が、姉の淀殿にくれぐれもお千をよろしゅうと挨拶したところ、我が姪という言い方はせず、「江戸殿のお孫、大切にいたします」と言ったというシーンが出てきます。

このとき母お江のお腹にいたのが、千姫の弟でのちの将軍家光です。
兄弟と言っても、千姫とは幼い頃を一緒に過ごしていないんですね。ちなみに忠長はともかく、末っ子の後の中宮和子とは、ちらっとしか会ったことがないのではと思います。

千姫の大阪城での生活は、どうだったのでしょう。
秀頼との夫婦仲は良かったと伝えられていますが、千姫は別の御殿を与えられ完全別居、儀式のとき顔を合わせるのみであったようです。秀頼は従兄にあたるし、姑の淀殿は伯母です。
側についている人たちはといえば、母お江の方は娘がきちんと育つような頼りになる人材をつけたでしょう。そしてなによりも祖父家康は、大坂城の動静の情報を手に入れるための千姫輿入れだったはずなのです。

千姫の側には、お江の方の異母妹でもある乳母の刑部卿の局や、松阪の局おちょぼという、同じ年の小姓もいました。彼女たちには、千姫を守る役目もあり、スパイの役目もあり、かなり有能な女性たちに囲まれていたはずです。我が子を心配するお江の方との手紙のやり取りなども頻繁にあったでしょう。

千姫は、何不自由ないが、囚われ人のような生活でした。それでも手の付けられないわがままな女の子にならず、後々の出来事を見れば、まっすぐに育ってしっかりした女性に成長したことは、奇跡的なことではないでしょうか。

豊臣秀頼についても、大男だったという祖父の浅井長政似の約190cm、体重も100kg越えの巨漢で、武芸にも優れていたという話ですが、まったくはっきりとしたイメージがありません。が、彼が書き記した書、主に豊国大明神を見て「こういう立派な書を書く人が、頭が悪かったはずがない、おそらくは相当な人物だったであろう」という研究者の感想を聞いたことがあります。

まあ、滅びるときは誰が何をやっても滅びるもので、ヘッドが賢くてもどうしようもないのが歴史というものですが、どうも母淀殿の陰に隠れて、マザコンというイメージが強い秀頼、あんなに大坂城の奥深くにこもらず、どんどん加藤清正や、北政所らと接触していれば、もしかして歴史は変わったかもしれません。

大坂夏の陣の後

ともあれ、慶長20年(1615年)の大坂夏の陣の後、城の奥深くで成長した千姫が、再び歴史の舞台に登場することになります。
大坂城陥落で、山里廓の糒櫓(ほしいやぐら)に淀殿や秀頼たちが籠った後、千姫だけが城の外へ脱出できたのです。

色々な説がありますが、淀殿の命令で、千姫は輿に乗り侍女たちと共に家康の元に送り届けられたということです。
淀殿や秀頼の命乞いの使者であったともいいますが、なぜ一緒に死ななかったと表面上は叱責したけど、じいさまの家康も父の秀忠も千姫の無事を見て大喜びしたと伝わっています。

幼いときに嫁に出して苦労をさせた負い目とかあったのでしょうか、それにしても家康もあんまり息子や孫にやさしくした、可愛がったという話をあまり聞いたことがないけど、なにか特別に千姫のことは可愛がっていたような雰囲気を感じます。

大坂城落城後、千姫には有名な二つの話があります。次のページへ
スポンサーリンク

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 徳川吉宗【徳川8代目将軍】享保の改革
  2. 葛飾北斎の魅力「あと5年で本物になれた」画狂老人
  3. 【鎖国は正解だった!?】明治の発展は鎖国のおかげ!
  4. 「ちょんまげ」について調べてみた
  5. 上杉鷹山について調べてみた【米沢の名君】
  6. 関ケ原の戦い以降の長宗我部氏と土佐について
  7. ジャポニズム の頂点!西洋美術に与えた葛飾北斎の影響
  8. 徳川秀忠は凡庸だったのか調べてみた【徳川2代目将軍】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP