人物(作家)

【貧乏で苦しんだ文壇の美女】 樋口一葉たった一度きりの恋の行方

画像 : 樋口一葉の肖像 五千円紙幣 public domain

文学界には数多くの文豪たちがいますが、樋口一葉は女性ならではの視点で不朽の名作を世に打ち出した女流作家として有名です。

作品を読んだことが無い方でも、5千円札の肖像画の人物として知っている方も多いでしょう。

今回の記事では、一葉が小説家を目指すきっかけになった家庭環境、そしてどのように恋を経験し、その影響を彼女の作品にどのように反映させたのかを詳しく見ていきます。

裕福な家庭に生まれた一葉。しかし父の病死で人生が一変

画像 : 樋口一葉 public domain

樋口一葉は1872年に現在の東京都千代田区で、役人の子どもとして生まれました。

父が副業で高利貸をしていたため、裕福な子ども時代を過ごします。一葉は小柄で色が黒く、赤毛の少女だったと言われています。
子ども頃から頭が良かった一葉は、11歳のとき小学校高等科を首席で卒業。

しかし「女に学問は必要ない」という母の方針で、それ以降学校に通うことはありませんでした。
そんな一葉の少女時代が終わりを告げたのは、1889年、一葉17歳のときのこと。

父親が病死してから一葉の人生は一変します。

「お金がない!」17歳で家計を支えることになった少女の極貧生活

画像 : 両親の故郷甲州市慈雲寺にある一葉女史碑 wiki c Sakaori

父親が莫大な借金を残して無くなったため、一葉が一家を養うことになりました。
針仕事や洗い張り(着物の洗濯)、雑貨店を経営するもうまくいきません。

和歌を教える歌塾を開設しようとするものの、資金が足りず断念。
そんな中「小説を書けばたくさん原稿料がもらえる」と知り、小説家になることを決意したと言われています。

もし、彼女の経済状況が裕福だったら有名な「たけくらべ」は存在しなかったのかもしれません。

ちなみに一葉には「吾輩はねこである」で有名な夏目漱石との縁談の話もあったと言われています。(※漱石の兄との説もある)

画像 : 愛媛県尋常中学校教師の漱石(1896年3月) public domain

しかし、樋口家があまりにも貧乏過ぎたためか、夏目家が破談にしてしまいました。
樋口家が相当な財産難だったことがわかる悲しいエピソードです。

「一葉」というペンネームも、達磨大師が一葉の葦の葉に乗って揚子江を渡った、という伝説から来ています。
だるまさんには足が無い、私にはおアシ(お金)が無い…流れにさすらうところも似ているわ…」と共感して自身のペンネームにしたと言われています。

そんなお金で生涯苦労した彼女が、お札の肖像画になるとは皮肉なものです。

イケメン小説家に一目ぼれ。生涯で一度きりの恋愛の行方は?

そんなお金の神様には愛されなかった一葉ですが、彼女を小説家として育て、支え、そして愛してくれた男性がいました。

お相手は半井桃水、一葉の小説の師匠です。

画像 : 半井桃水(右)對馬洋弥吉(左)public domain

「小説を書いて家計を支えよう」と決意した一葉は妹の友人のつてで、当時東京朝日新聞の小説記者だった半井桃水に面会します。

そこで当時19歳だった一葉は、31歳のイケメン小説家に一目惚れ。
一葉はあまりにも緊張してほとんど口をきくことができませんでしたが、後日あらためて「小説の書き方を教えてほしい」と申し込みをして、桃水に師事することになります。

その後二人の思いは通じ合い、恋愛関係に発展。
一葉が「明日相談しに行きたいのです」と手紙を出すと、入れ違いに「明日来てほしい」と桃水から手紙が届き「こんなにも気持ちが通じ合うなんて…」とドキドキした、なんてエピソードもあります。

しかし1年余りたったころ、一葉と桃水の恋愛は唐突に終わりを告げます。

桃水の周りには常に女性関係の噂が絶えず、一葉の家族や周りの友人たちは心配して「桃水との交際は止めた方がよい」と忠告をするようになりました。
悩んだ挙句、一葉は桃水と絶交することを決意。

当時は女性が職業を持つことが当たり前ではなかったため、20歳の女性が生半可な気持ちで家族を養っていくことはできません。
自分の恋愛ではなく、自身と家族を食べさせていくことを最優先に考えた結果でした。

桃水との恋愛が終わった後、一葉は作家として万人の恋人になろうと考えます。

その後「大つごもり」「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」を次々に発表。
これらの名作はわずか1年半の間に立て続けに発表され「奇跡の14か月」とも呼ばれました。

その後、一葉は若き日の苦労がたたり24歳でこの世を去りますが、晩年「苦しく、憎たらしく、憂欝で、悩ましく、悲しく、寂しく、恨めしい恋こそが究極の恋なのです」といった内容の日記を遺しています。

亡くなる間際まで一葉の心には、桃水への恋心が消えずに残っていたのでしょう。

おわりに

生涯苦労し続けた一葉の恋愛模様を追ってきましたが、彼女の深い感受性と情熱が作品に大きく影響を与えてきたことがよく分かります。

貧乏や困難な状況にあっても、一葉が綴る言葉はその情熱と愛情で溢れていることは間違いありません。

今後彼女の作品を読むときには、ぜひその背後にある生涯や恋愛の深さを感じ取ってみてはいかがでしょうか。

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 西郷隆盛が西南戦争でなぜ戦ったのか調べてみた
  2. 小川洋子のオススメ小説「年間読書数100冊超えの筆者が選ぶ!」
  3. 野口英世【苦学・努力の人の印象とは少し違う実像】
  4. 岡田以蔵 ~人斬り以蔵と呼ばれた剣豪【幕末の四大人斬り】
  5. 鈴木梅太郎 ~「ビタミンB1を発見し脚気治療に貢献」
  6. 『日本騎兵の父』 秋山好古とはどのような人物だったのか
  7. 【作品との落差が酷すぎる男】 石川啄木の破滅的すぎる性格と優れた…
  8. 大隈重信が発した「若者たちへのメッセージ」とは【自分の命を狙った…

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

時代は剣ではなく槍? 「天下三名槍」についてわかりやすく解説

戦国時代の武器といえば、多くの人がまず「刀」をイメージするだろう。数ある方なの中で特…

【どうする家康】 ドラマでは絶対に描かれない築山殿の正体とは 「実は夫婦仲が悪く、家康に捨てられていた?」

平和のために奔走する築山殿現在放送されている「どうする家康」は、築山殿事件に突入しています。…

ネスレより先にインスタントコーヒーを開発していた日本人 「大金持ちになりそこねた?」

コーヒーには様々な種類や飲み方があり、商品も焙煎されたコーヒー豆から、缶コーヒー、インスタン…

【ブギウギ】 小夜ちゃんがアメリカに? 戦後、日米で差別を受けた「戦争花嫁」とは?

NHK『ブギウギ』で、富田望生さん演じる小夜ちゃん。突然、スズ子の付き人をやめると言い出した裏には、…

「スーパーマンの呪い」とは ~はした金しか貰えなかった2人の原作者

アメコミヒーローの代名詞で、後の作品にも強い影響を与えたスーパーマン。赤いマントを羽織り、汽…

アーカイブ

PAGE TOP