安土桃山時代

天下統一に至るまでの豊臣秀吉

豊臣秀吉
豊臣秀吉像(狩野光信筆 高台寺蔵)
豊臣秀吉と言えば、百姓時代に木下藤吉郎と名乗っていた人物で、百姓の出身で天下統一を果たした人として評価されている。秀吉の人柄について、司馬遼太郎が人たらしという評価をしているが、この秀吉の人柄が大河ドラマなどで演じられている。この人柄が好きで秀吉のファンがいると言われている。
豊臣秀吉について、秀吉の天下統一までの過程と天下統一以降の政策の2回に分けて取り上げたい。今回は織田家に仕えてからの秀吉と本能寺の変以降の天下統一までの過程について取り上げたい。

スポンサーリンク

織田家に仕えてからの 豊臣秀吉

当時、木下藤吉郎は1550年代から織田信長に仕え始めた。当時、信長は意欲と能力のある武士の次男・三男以下の若者を積極的に採用していた頃であった。百姓出身の人に対しても能力と意欲があれば採用していたと考えられ、藤吉郎と信長の出会いはその頃から始まったと考えられる。

美濃攻めの際、斎藤龍興の家臣であった竹中半兵衛などを交渉によって味方にすることに成功した。

竹中重治像(禅幢寺所蔵)

また、美濃の山賊であった蜂須賀小六を味方につけることにも成功している。藤吉郎の交渉術が優秀な家臣を引き抜く要因になったと考えられる。後に、黒田官兵衛が藤吉郎の家臣として仕えている。


如水居士画像(崇福寺蔵)
交渉の時の人懐っこい部分が優秀な人材を引き抜く要因になったかもしれない。

藤吉郎は戦で功績を上げ、浅井氏が滅んでから近江国を任されるようになった。

この頃から名前を木下藤吉郎から羽柴秀吉に変えたと言われている。秀吉は近江国を任されるようになってから、都市政策にも力を入れるようになった。具体的には、今浜を長浜に名前を変えたうえで、商業が活発になるような政策をとったことで賑わったと言われている。

秀吉が近江国を任させるようになってから、信長から中国地方の征伐を命じられた。

秀吉は播磨国の赤松則房別所長治小寺政職を従わせるとともに黒田官兵衛から姫路城を譲り受ける形で播磨国を勢力下においた。その後、2年にわたって三木城を包囲して兵糧攻めにして別所長治を降伏させた。

この戦いは三木合戦で、兵糧攻めの様子から三木の干し殺しと呼ばれている。他に、鳥取城を兵糧攻めで落とした。備中高松城では水攻めで城を落とそうとしていたことから、秀吉は城攻めの名人として伝えられるようになった。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 関ケ原の戦い以降の長宗我部氏と土佐について
  2. 本多忠勝の忠義について調べてみた
  3. 長宗我部氏-始まりから四国平定まで
  4. 今川義元の領国経営と組織的戦いについて調べてみた
  5. 戦国大名としての織田氏(2)
  6. 戦国時代の人口について調べてみた
  7. 関ケ原の戦い以降の毛利氏と明治維新
  8. 戦国時代の女性の生活について調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP