安土桃山時代

黒田官兵衛(孝高)が織田家の家臣となるまで

多数くの逸話

黒田孝高(勘兵衛)織田家の家臣となるまで

※画名「如水居士像」

黒田孝高(くろだよしたか)は豊臣秀吉の軍師として、官兵衛の名で知られている武将・大名です。

しかし当初から秀吉に家臣として仕えていた訳ではなく、元は当時播磨国姫路を治めていた播磨御着城主・小寺政職に仕えていました。

孝高は父・職隆の代から小寺氏に仕えて、小寺家の家老まで務めた人物でした。
後に秀吉の軍師として名を馳せる孝高は、秀吉に付き従った過程・戦いにおいて余多の逸話が残されています。

例えば、中国攻めに侵攻してきた秀吉に対し自身の居城・姫路城を提供した件、清水宗治の籠城する備中高松城の水攻めを献策したとされる件、明智光秀との山崎の合戦のため、秀吉勢の中国大返しを成功させた件など、枚挙に暇がないほどです。ここでは孝高の小寺家時代を調べてみました。

小寺官兵衛

孝高は、天文15年(1546年)に父・職隆の嫡男として播磨国姫路で生まれました。

織田信長が天文3年(1534年)、秀吉が天文6年(1537年)生まれですので、信長とは一回りほど若いことになります。
孝高は父・職隆と同じく政職に仕え、最初は近習として永禄4年(1561年)齢15のときに出仕しました。

翌永禄5年(1562年)には父・職隆と共に土豪の征伐で初陣を飾り、同年から「小寺官兵衛」を名乗ったとされています。

孝高は、永禄10年(1567年)頃に父・職隆から家督と家老職を継いで、主君・政職の縁戚にあたる櫛橋伊定の娘・光(てる)を正室として、姫路城代を務めました。

因みに翌永禄11年(1568年)に嫡子・松寿丸(後の長政)が生まれています。

青山・土器山の戦い

孝高は、永禄12年(1569年)に居城・姫路城を赤松政秀から攻められることになりました。

正秀は信長側に与した池田勝正、別所安治、宇喜多直家らの支援を受けて、兵3000を以て侵攻してきました。
この頃の姫路城は小城であり、且つ防御にも適さない城でした。加えて小寺家の兵力は主君・政職の置塩城にあり、姫路城には僅かな手勢しかいない状態でした。

しかし孝高はここで籠城しつつ、隙を衝いて赤松勢に奇襲を仕掛け、わずか300余りの手勢で2度に渡って敵を退けました。しかし政秀は、その1ヵ月後に再び3000の兵を率いて侵攻してきました。このときも孝高は、僅かな手勢の中から精鋭150人を選んで野戦を挑みました。

孝高は、母里小兵衛井出友氏らの重臣を討ち取られて窮地を迎えましたが、援軍の英賀城主・三木通秋ら後詰が到着すると果敢に打って出て政秀勢に奇襲を敢行しました。

政秀勢は既に孝高らに反撃の余力はないと油断していたことから、不意を突かれて敗走しました。

孝高が政秀勢を辛くも撃退したこの戦いは「青山・土器山の戦い」と呼ばれています。

織田家への臣従

元亀4年(1573年)頃には、孝高ら小寺氏を含む播磨の国人らは、畿内の新興勢力である信長か、中国地方を制した毛利のいずれに与するかの決断を迫られました。

孝高は、天正3年(1575年)長篠の戦いで武田氏を破った信長に分があるとみて主君・政職にその旨を進言します。

同年7月に秀吉を介して岐阜城で信長に謁見した孝高は、このとき信長から名刀「圧切長谷部」を授与されています。

孝高は、翌年には政職をはじめ、赤松広秀(政秀の嫡子)、別所長治ら播磨の国人領主を京で信長に謁見させ、臣従させました。

英賀合戦

天正4年(1576年)2月、信長によって京を追われた室町将軍・足利義昭が毛利を頼って落ち延びると、義昭を擁した毛利は、同年7月に第一次木津川口の戦いで織田の水軍に勝利を収め、包囲されていた本願寺顕如に兵糧・弾薬を届けることに成功しました。

翌天正5年(1577年)5月には同じく毛利水軍5000の兵が海路から姫路に侵攻してきました。

英賀に上陸した毛利勢に対し、孝高は付近の山に大量の軍旗を持たせた農民を配して織田の援軍を装う計略を用いました。

その上で手勢500の兵で奇襲を行い、10倍の数の毛利勢を退却させたと言われ、戦いは英賀合戦と呼ばれています。

こうして孝高は、毛利と織田の争いにおいて、緒戦の木津川での敗北を覆す勝利をもたらしたのでした。因みにこの戦いの後に長男・長政は人質として信長の元へ送られています。

幽閉と水攻め

天正5年(1577年)10月に織田の中国地方方面軍として秀吉が播磨へと入りました。

※姫路城

孝高はこのとき居城・姫路城を秀吉に提供したとされています。

翌天正6年(1578年)3月、別所長治が突如織田に反旗を翻すと、これに乗じて毛利・宇喜多勢が阿閉城へと侵攻、これを孝高は辛くも防ぎます。しかし同年7月に信長の命令により秀吉本体が上月城を放棄したことで、それまで対毛利に支援していた尼子勝久山中幸盛らの尼子勢を見殺しにする結果とになりました。

更に同年、摂津の荒木村重が織田氏に謀反を起こしたため、孝高は村重の説得に有岡状に赴きました。

しかしそこで囚われることになり、翌年救出されるまでの間、幽閉されました。

この時信長は孝高も裏切ったものと見做して、人質の長政を殺すよう指示しました。しかしその指示は竹中半兵衛の機転で実行されず、長政は無事だったとされています。

有岡状の幽閉から解放された後の孝高は、秀吉と共に天正8年(1580年)に三木城、翌天正9年(1581年)に鳥取城を陥落させました。

孝高は続く天正10年(1582年)には、清水宗治が守る備中高松城への水攻めを献策したとされています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 大久保忠世 「信玄、信長、秀吉に称賛された徳川十六神将」
  2. 柳生宗矩 ~剣豪から大名となった武将
  3. 蜂谷頼隆 ~織田家の天下布武を支えた知られざる武将
  4. 徳川秀忠は本当に凡庸だったのか調べてみた【徳川2代目将軍】
  5. 徳川家康【江戸幕府初代将軍】の生涯 「徳川将軍15代シリーズ」
  6. 破天荒で自由気ままな剣豪・伊藤一刀斎【一刀流の流祖】
  7. 豊臣秀吉が亡くなる前の行動を時系列で追ってみた 【朝鮮出兵、死因…
  8. 松平定政 〜突然大名を捨てて出家し「狂気の沙汰」と呼ばれた家康の…


新着記事

おすすめ記事

大政奉還後の徳川慶喜と戊辰戦争

大政奉還の狙い徳川慶喜は15代将軍に就任して1年足らずで朝廷に政権を返上した。1866年…

能の大成者・世阿弥の生涯に迫る

室町時代。一つの舞台芸術を大成した天才がいた。世阿弥元清(ぜあみもときよ)である。「秘すれば…

荒木又右衛門 【日本三大仇討ちの一つ、鍵屋の辻の決闘で名を馳せた柳生新陰流の剣豪】

荒木又右衛門とは荒木 又右衛門(あらき またえもん)とは、柳生宗矩・柳生十兵衛親子から新…

仙石秀久について調べてみた【人気漫画センゴクの主人公】

漫画「センゴク」でも人気仙石秀久(せんごくひでひさ)は、美濃の斎藤氏の家臣から織田氏へ仕…

精神科医がすすめる「コロナ不安対処法」

新型コロナウイルスが全世界的にパンデミックを起こしていることにより、心療内科・精神科のクリニ…

アーカイブ

PAGE TOP