どうする家康

関ヶ原の合戦で、上杉景勝と戦った結城秀康。なぜ彼は殿軍を引き受けた? 【どうする家康】

徳川家康の次男として生まれ、豊臣秀吉・結城晴朝とたらい回し、もとい養子に出された結城秀康(於義伊)。

複雑な生い立ちながら、父譲りの武勇をもって年若くも活躍を重ねます。

画像 : 結城秀康 public domain

時は慶長5年(1600年)、豊臣秀頼の後見役(五大老)の一人であった家康が、会津の上杉景勝を討伐するべく兵を挙げました。

そこにはもちろん秀康も従軍。今回も武勲を立てようと意気揚々、下野国小山までやって来た時のことです。

三成挙兵!家康はどうする?

……明る年の秋、徳川殿、奥の景勝中納言、御誅伐の時に上方の早馬来て、大坂の兵起りぬと申す、御方の大名小名、小山の御陣に集て。軍評定す、……

「申し上げます!上方にて石田治部(三成)らが兵を挙げ、伏見の城を攻め落としました!」

伏見城は家康の城代として鳥居元忠が守っており、彼らはことごとく討死して果てました。

「おのれ治部め、内府殿の不在を狙って兵を挙げるとは卑怯千万!」

諸将は口々に三成を批判しますが、家康は計画通りと内心ほくそ笑みます。
……先づ此所より引返して、上方に向はせ玉ふべきに議定す、徳川殿、本多佐渡守正信を召され、家康西に向はん時、景勝頓て跡を追て攻めのぼるか、さらずば又関東にや乱れ入らん、誰か此所尓残り留て、軍をばすべきと仰らる、正信誰とか更に申べき、守殿に若くことやあるべきと申、さらば召せとて召す、……

「これより直ちに上方へとって返し、石田治部を討つ!」

三成の挙兵を、手ぐすね引いて待っていた家康(イメージ)

家康は待ってましたとばかり全軍に号令しました。

「さて……」

今度は上杉景勝に背中を見せることになるため、その追撃を防ぐために誰かを残さねばなりません。

果たして誰が適任か……家康は佐渡守こと本多正信に相談しました。

「三河守(秀康)殿より、おいでますまい」

「然らば、早急に申しつけよ」

……守殿御参りあるに、正信むかひ参らせて、いかに守殿、天下の安危は、今日に決し候ひぬ、能く心して物申させたまへと申て、御跡に随て御前に参る、徳川殿東西の軍の事、御物語有て後、おこと我が為に此所に留りて、関東を鎮めなば、我はまづ上方に向て戦んとおもふは如何にと仰ければ、守殿御気色あしう成て、秀康いかでか御後に残り候べき、只いづく迄も、御先をこそかけ候べけれと、のたまへば、……

「お呼びにございましょうか」

秀康がやってくると、正信が任務を伝えます。

「かくかくしかじかにて、三河守殿がここで上杉の追撃をお防ぎ下されば、内府様も背後の憂いなく戦えるというもの」

これを聞いて、秀康は怒りだしました。

「何を仰せか!これから石田治部と天下を分けた大戦さが始まろうと言うのに、それがしはここで何をすればよいのか。どこまでも先陣を駆けてこそではないのか!」

今にも斬りかからんばかりの秀康を、正信は諭します。

上方の連中より、景勝の方が強敵?

画像 : 上杉景勝 public domain

……上方の軍勢は、みな国々の集り勢、何十万騎ありとて、何程の事かあるべき、抑上杉が家は、累代坂東の大将にて、中にも故輝虎入道が時に至り、弓矢取て天下に肩を並ぶる者すくなかりき、されば其子として景勝、又幼弱の昔より軍の中に成長し、年既にふけぬ、当時かれに向て、たやすう軍せんもの多からず、あつはれ、おことがためには、能きかたき、海道に向ひ、打込の軍せんよりは、おこと一人こゝに留て、軍したらんは、且は弓矢とつての面目、何事の孝行か、是に過べきと仰ければ、……

「何をおっしゃる。上方の連中など何十万騎が束になろうと敵ではござらぬ。むしろ上杉は関東管領として東国に名を馳せた強豪。かの謙信入道は天下無双の名将、その薫陶を受けた景勝こそは此度一番の強敵にござる。三河守殿でなくて、誰が食い止め切れようか。これこそ武士の面目、お父君に対してこれ以上の孝行はございますまい」

……とか何とか。

……やゝ有て、守殿軍は必勢の多少によらぬと承る、上方の大将にも名を得たる輩少からず、勢のほども又さこそ多からめ、秀康いまだ軍には慣らはねども、景勝一人が勢と戦んに、何程の事か有べき、あはれ大将をだに御許しあらんには、此所にや留り候べきと、宣ひしかば、正信聞きもあへず、いしくも仰せ候ものかな、関東を鎮め給はんには、大将を参らせ給はんこと、仰にや及べきと申ければ、……

これを聞いて、秀康はすっかりその気に。素直ですね。

かくして後顧の憂いを絶った家康が、大喜びしたのは言うまでもありません。

……徳川殿世に御嬉しげにて、頻りに御涙をながされ、みづから御鎧一領取出して、抑此鎧は、家康が若かりしより、身に附て、終に一度の不覚もおほえず、父が嘉例に准へて、こたび奥方の大将して能き軍し、天下に名をあげ玉ふべしとて、参らせらる、守殿も、御心地よげに御暇申させたまひ、下野国宇津宮に陣取て、関東を鎮めたまひしに、上方の軍破れて後、景勝も降を乞ひぬれば、伏見に参り給ひけり、……

これでこそ我が息子……家康は涙を流しながら秀康に鎧を与えます。

「これはわしが若い頃から身につけて、戦で一度も不覚をとらなかった鎧である。きっとそなたにも武運を加護してくれようぞ」とか何とか。

何かと屈折した人生を送ってきた秀康は、父上に使命を託されたと大はりきり。

上杉景勝の軍勢を相手に大暴れし、上方の戦がやんだ後、意気揚々と伏見へ上ったのでした。

終わりに

画像 : 福井県庁(福井城跡)敷地内にある秀康の石像 wiki c Twilight2640

……此度の勲賞に越前国賜て、明る慶長六年の五月、福井の城に移り給ひぬ、 六十七万石を領し給ふ、按する尓、守殿宇津宮より江戸に入せ玉ひ、夫より伏見に参り玉ひ、越前を賜て、伏見より越前へ入らせ玉ひしなり、北庄を改めて福井と名つけ、城築かれしなり、 其後従三位中納言に至て同き十二年閏四月八日、御年三十四歳にて世をはやくし玉ひぬ、

※『藩翰譜』第一

関ヶ原の戦いで家康の背中を守り抜いた秀康は、今回の武功により越前国を賜りました。

よく慶長6年(1601年)5月に福井城へ入り、67万石の大大名となります。

そして慶長12年(1607年)閏4月8日、秀康は34歳の若さで世を去ったのでした。

この若き英雄の活躍がNHK大河ドラマ「どうする家康」では描かれるのか、今から楽しみですね!

※参考文献:

  • 新井白石『藩翰譜 一』国立国会図書館デジタルコレクション

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
角田晶生(つのだ あきお)

角田晶生(つのだ あきお)

投稿者の記事一覧

フリーライター。
 
日本の歴史文化をメインに、時代の行間に血を通わせる文章を心がけております。
(ほか政治経済・安全保障・人材育成など)
※お仕事相談はtsunodaakio☆gmail.com ☆→@
 
このたび日本史専門サイトを立ち上げました。こちらもよろしくお願いします。
 
時代の隙間をのぞき込む日本史よみものサイト「歴史屋」
https://rekishiya.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 徳川家康の恐るべき財力の秘密 「鉱山と大久保長安とは?」
  2. 穴山梅雪は、なぜ武田勝頼を裏切って家康についたのか? 後編 「勝…
  3. 【どうする家康】 家康の終活と人生最後の決断 「天皇、宗教、外様…
  4. 「バカな甥っ子」家康を思いやる水野信元(寺島進)。愛敬のある伯父…
  5. 【どうする家康】 本能寺の変に“黒幕”はいるのか? 「世界史の法…
  6. 関ヶ原の戦い!本当の裏切り者は誰だったのか? 【小早川秀秋、島津…
  7. 家康に苦難ばかりが訪れた地獄の一年 【元亀元年~ 金ヶ崎の退き口…
  8. 織田家最古参の重臣・佐久間信盛があっけなく追放された理由 【どう…


カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

諸葛孔明の「天下三分の計」と周瑜の「天下二分の計」

天下三分の計とは三顧の礼の後にようやく出会った劉備玄徳と諸葛孔明だが、二人が初めて会った…

村上武吉と村上水軍について調べてみた【海の関ヶ原】

瀬戸内海に浮かぶ芸予(げいよ)諸島の周辺は、潮の流れが速く、航海の難所であり、地元の住人は「船に乗る…

パワースポットで買ったお守りの扱い方について

はじめに神社やお寺にいくとほとんどの方が「お守り」を買うと思います。最近ではお守りも可愛…

F-35 vs F-15EX「日本は騙されたのか?」

元号が令和になり、初の国賓として訪日したドナルド・トランプ大統領。日本政府による格別な「おも…

封印されたフィラデルフィア実験 【駆逐艦が消えたレインボー・プロジェクト】

いつの時代においても戦争では「隠密性」が求められてきた。ニンジャのように足音もなく敵陣に忍び…

アーカイブ

PAGE TOP