地理

なぜ山中に「塩」のつく地名が多くあるのか?

塩は人間の生命活動において、必要不可欠なものである。

日本においても古代から塩は重要視され、「」のついた地名も数多くある。そして塩の主要産地は沿岸部である。

しかし、なぜか山中にも「塩」のついた地名は数多くあるのである。

一番不思議なのは長野県である。

なぜ山中に「塩」のつく地名が多くあるのか?

※長野県 塩尻市

長野は海がない県であるが、なんと長野県が「塩」の地名が一番多くある県なのである。

地図検索で「長野県 塩」と入力すると、塩尻、塩田、塩野、塩川・・など多くの地名が表示される。

なぜ山中に「塩」のつく地名が多くあるのか?

長野県以外でも、栃木、山梨、岐阜などの海なし県でも「塩」のつく地名が多いのである。

それは一体なぜなのだろうか?

塩の道

なぜ山中に「塩」のつく地名が多くあるのか?

塩尻宿 wiki c

これには日本人の食生活が大きく影響しているようである。

日本の国土は主に山岳で、日本人の主食は古来より米である。しかし米には塩分は含まれておらず、塩を沿岸部から内陸の山間部へ輸送する必要があった。

そのために、古代から「塩の道」が発達していったのである。

つまり、山間部についている「塩」の地名は、かつては「塩の通り道」だったということを伝えているのである。

例を上げると、四国の讃岐山脈北側には「塩入」という集落があり、そこはかつては讃岐沿岸部でとれた塩を阿波の山間部に運ぶための入り口だったとされている。

長野県の「塩尻」は、かつては「塩の道」の終点であったころから、この地名がついたとされている。

他の説

他にもいくつか説がある。

長野県大鹿村の鹿塩温泉では「山塩」がとれる。ただし温泉(塩泉)からとれる塩なので、全国的な例は多くなさそうである。

また、土地の形などから「しぼんだ、しおれた」という意味合いでつけた地名に「塩」という当て字がつけられた、という説や、内陸部の人間は「塩」に対する憧れが強かったために「塩」という地名を多くつけたという説もある。

ただ、現在の長野~新潟間の千国街道は、かつては信濃で「糸魚川街道」越後で「松本街道」と呼ばれており、江戸時代は、信濃の松本藩が日本海産の塩を運ばせた主要ルートであったことがわかっているので、「塩の道」説がやはり正しいようである。

参考文献 : 地理の話大全

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. アバター
    • 名無しさん
    • 2022年 6月 21日 6:01pm

    愛知県の山奥に塩津と云う集落があります。その昔鉱泉に塩が入りかなり賑わいをみたそうです。現在も温泉があり近くに塩田と呼ばれる所があります。集落も過疎には勝てず数軒のみですが温泉旅館は二軒営業しています。

    2
    0
  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. ワールドカップ2022の開催地カタールはどんなところ?
  2. 日本にも「異族」がいた?「まつろわぬ民」はどのような人々だったの…
  3. 源義経が逆落としをしたのは本当なのか
  4. 落語の歴史、階級、流派について詳しく解説
  5. 藤原道長が奢り高ぶっていたというのは本当なのか?
  6. 縁日の定番『金魚すくい』の意外な歴史とは 「金魚救いだった?」
  7. 日本人と桜の歴史について調べてみた
  8. 万世橋駅と秋葉原貨物ホームについて調べてみた

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

関東1泊2日の旅行 おすすめ5選

新緑の季節に向けて、色々と旅行の計画を立てている方も多いと思います。海外旅行も当たり前のよう…

杉田玄白は実はオランダ語ができなかった【解体新書の翻訳者】

玄白と解体新書杉田玄白(すぎたげんぱく)は江戸時代中期の蘭方医であり、歴史の教科書にも「…

動画配信サービスを徹底比較!【見放題 5選】

以前、「【ミュージックアプリを徹底比較!】聴き放題 5選」という記事を書きましたが、定額料金で楽しめ…

天才仏師・運慶と源頼朝 「東大寺再建に挑んだ二人」

平安の天才仏師平安時代の末期から鎌倉時代へと移り行く激動の中で、仏像を彫ることを生業とした1人の…

チャウシェスク大統領【公開銃殺されたルーマニア最大の独裁者】

今から30年前のクリスマス。ある1人の独裁者が銃殺刑に処されました。その男はルーマニアを恐怖…

アーカイブ

PAGE TOP