どうする家康

食べすぎ注意!徳川家康がハマった「鯛の天ぷら」実際に作ってみました!

時は元和2年(1616年)1月21日、徳川家康は京都からご機嫌伺いにやって来た、茶屋四郎次郎(三代目)に尋ねました。

「のぅ、近ごろ都で何か珍しいことはないか?」

「そうですなぁ……そうだ、鯛の天ぷらはいかがでしょう?」

「ほぅ、何じゃそれは」

「鯛を榧(カヤ)の油で揚げ、韮(ニラ)のすりおろしを薬味につけて食うのです」

「ふむ。味の想像がつかんなぁ」

「それがしも前日初めて食わせていただいたのですが、まこと風味もよく楽しめました」

「なるほど……それはぜひ試してみたいのぅ」

するとちょうど今朝、家臣の榊原清久が献上した鯛がありました。

画像 : 今朝水揚げしたばかりの、新鮮な鯛(イメージ)

さっそく調理させたところ、家康は大喜び。

「おぉ、これは美味い。美味いぞ!」

しかし日ごろ食いなれぬ油モノを食いすぎてしまったせいか、家康はその夜、盛大に腹を壊してしまいました。

そもそも75歳という老齢でもあり、家康は大きく体調を崩し、約3ヶ月後ノ4月17日に世を去ることになります。

……という訳で、よく「家康は鯛の天ぷらに中(あた)って死んだ」と冗談めかして伝えられますが、実際は胃がんだったという説が有力のようです。

それにしても、鯛の天ぷらってどんなモノなんでしょうか。家康がハマってしまうほど美味しいのでしょうか。

家康が鯛の天ぷらを食ってから408年の歳月を経た令和6年(2024年)1月21日、鯛の天ぷら作りに挑戦してみたのでした。

今回はその記録になります。

(※当時は旧暦なので、厳密には約1ヶ月のズレがあります)

思い立ったが吉日、さっそく食材を調達してみた

さて、鯛の天ぷらについて記されている『徳川実紀付録(東照宮御実紀附録)』の記述を見ると、調理法は以下の通りです。

……鯛をかやの油にてあげ。そが上に韮をすりかけしが……

1、鯛をカヤの油で揚げる。衣の有無は言及なし。

2、それをおろしたニラで食べる。

うーん、榧の油って、どこに売ってるんでしょうか。スーパーでも売ってないし……。

そう言えば『元和年録』にはこんな記述がありました。

……鯛を胡麻の油にて揚げ候て、ひるをすりかけ候て……

こちらはゴマ油と蒜(ひる)で調理したとのこと。蒜とは大蒜(ニンニク)か野蒜(ノビル)か……ここはニンニク説で行きましょう。

で、天ぷら感を出すために衣はつける方針にしました。

画像 : さぁ、家康が食べたという鯛の天ぷらを作ろう!筆者撮影

以上の脳内会議を経て、近所のスーパーで買い揃えた食材は以下の通り。

一、鯛の切身(刺身用。鮮度が大事)
一、ゴマ油
一、おろしニンニク(チューブ)
一、天ぷら粉

さぁ、これで準備は万端。さっそく調理を始めます。

いざ実食!これは家康も大満足の味わい

画像 : 鯛の天ぷら調理中。筆者撮影

作り方は普通の天ぷらと同じ。天ぷら粉を水でといた衣を鯛の切身につけて、適当に熱した油でいい感じに揚げました。

さぁ、出来上がりです。

ちなみに、塩をかけたような表現はないため、まずはそのまま食べてみました。

ニンニクだけでモノを食べたことがないので、正直「味はするのかな……」と不安でしたが大丈夫。

確かにとても風味がよく、これは家康がついつい食べすぎてしまうのも無理はありません。

ちなみに家康が腹を壊した原因が、鯛や油が古くて傷んでいたのか、食べすぎたのかは不明です。

画像 : 鯛の天ぷらに、おろし大蒜を添えたもの。器の色味を考えればよかった。筆者撮影

ニンニクだけでも、こんなに美味しいんですね。

つけすぎるとマナー的に気がかりながら、ほんの少しつけるくらいで充分美味しく食べられました。

天ぷらは油の片付けが大変ですが、少なめの油で揚げ焼きっぽくしてもいいかも知れません。

とても美味しかったし、鯛もそこまで極端に高い食材でもないので、よかったら一度試してみて下さい!

終わりに

……元和二年正月廿一日駿河の田中に御放鷹あり。そのころ茶屋四郎次郎京より参謁して。さまざまの御物語ども聞え上しに。近ごろ上方にては。何ぞ珍らしき事はなきかと尋給へば。さむ候。此ごろ京坂の辺にては。鯛をかやの油にてあげ。そが上に韮をすりかけしが行はれて。某も給候にいとよき風味なりと申す。折しも榊原内記清久より能浜の鯛を献りければ。即ちそのごとく調理命ぜられてめし上られしに。其夜より御腹いたませ給へば。俄に駿城へ還御ありて御療養あり。一旦は怠らせ給ふ様に見ゆれども。御老年の御事ゆへ。打かへしまたなやましくおはして。はかばか志くもうすらぎたまはず。  君にはとくにその御心を決定せしめられしにや。近臣には兼て御身後の事ども仰られしなり。……

※『東照宮御実紀附録』巻十六「元和二年家康大漸」

以上、徳川家康が食べたと伝わる鯛の天ぷらを作って食べてみたレポートでした。

画像 : 鯛の天ぷら。仲間たちとちょっとずつ、美味しくいただきました。筆者撮影

榊原清久や他の調理人らが罰せられていないことを願うばかり(記録がないので、大丈夫だと信じたい)です。

厳密には違うでしょうが、かつて先人たちが食べた料理を再現してみると、彼らの気持ちが少し解るかも知れません。

これからも、色々試してみたいと思います!

「ごちそうさまでした!」

※参考文献:

  • 『徳川実紀 第壹編』国立国会図書館デジタルコレクション
角田晶生(つのだ あきお)

角田晶生(つのだ あきお)

投稿者の記事一覧

フリーライター。
 
日本の歴史文化をメインに、時代の行間に血を通わせる文章を心がけております。
(ほか政治経済・安全保障・人材育成など)
※お仕事相談はtsunodaakio☆gmail.com ☆→@
 
このたび日本史専門サイトを立ち上げました。こちらもよろしくお願いします。
 
時代の隙間をのぞき込む日本史よみものサイト「歴史屋」
https://rekishiya.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. つけ麺の歴史と「東京のつけ麺」10選
  2. 「チョコレートの歴史」について調べてみた
  3. 四川料理はなぜ辛いのか? 「激辛料理 麻辣兎頭(ウサギの頭の唐辛…
  4. みかんの白いすじ について調べてみた
  5. お田鶴の方(演 : 関水渚)は史実ではどんな女性だったのか? 【…
  6. 卵の殻の再利用術 5選「捨てるだけではもったいない」
  7. 望月千代女 (演 古川琴音)は史実ではどんな女性だったのか? 「…
  8. 最も有名な忍者・服部半蔵(山田孝之 演ずる)は実は忍者ではなかっ…

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

菊姫 〜才色兼備で賢夫人と敬愛された上杉景勝の正室

菊姫とは菊姫(きくひめ)とは、武田信玄の五女で武田勝頼の異母妹であり、越後の戦国大名・上杉景勝の…

聖武天皇が何度も遷都を繰り返した「彷徨五年」とは

聖武天皇(しょうむてんのう)は、奈良の大仏を造仏した有名な天皇だ。大仏を造仏し、仏教を深…

『ブギウギ』解説 大正時代のエンタメ事情 ~「宝塚に落ちて松竹に入団した笠置シヅ子」

NHK連続テレビ小説『ブギウギ』は、大坂の銭湯の看板娘・鈴子が「ブギの女王」と呼ばれる大スターになる…

『茶器と一緒に爆死した男』 松永久秀は茶の湯を愛する文化人だった

松永久秀(まつながひさひで)といえば、茶器「平蜘蛛」とともに爆死したことで知られています。久…

全国各地の「お雑煮スタイル」について調べてみた

1.お雑煮についておもに、お正月に食べる日本料理ですが、そのスタイルは地域や家庭によってさまざ…

アーカイブ

PAGE TOP