西洋史

ルネサンスはなぜイタリアで起こったのか?

ルネサンスはなぜイタリアで起こったのか?

一部では「日本の美術教育は海外に比べて積極的でない」といわれることもあるようだが、各地の美術館や博物館には素晴らしい作品を求めて沢山の人が訪れている。
企画展で人気の作品が日本に来日する!というような話題の美術展では、時に入場何時間待ちとなることも少なくない。
美術には様々な分野、時代、表現があるが、「モナ=リザ」「最後の晩餐」を生み出したレオナルド=ダ=ヴィンチを聞いたこともないという人はおそらくいないだろう。彼が活躍したのは15世紀のルネサンス真っ最中のイタリアであった。

ルネサンスとは、中世の文化を引き継ぎながらも、人間性を解放し各個人の個性を尊重しようとする動きである。
生きている中での楽しみや、理性や感情の動き、つまり「人間らしさ」というものを大切にしようとする思想だ。
今回は彼が才能を発揮したイタリアのルネサンスというものについて調べてみる。

ルネサンス のベース

ルネサンス

画像:最後の晩餐

まずルネサンスというものはイタリアで発生した。
フランスでもドイツでもイギリスでもなく、なぜイタリアだったかというといくつか要因がある。
まずひとつめに、金を持っている人間が多かったということ。

当時のイタリアでは東方貿易(アジアと貿易をすること)が盛んで、各貿易都市では日々様々なモノとカネが動いていたのである。
一生懸命畑を耕して、小麦粉で自分とその周辺のためにパンを作り、おいしく食べて人生が終わっていたような地域とはだいぶ違う。
商工業の発展によって、世界史でよく出てくる「富の蓄積」というものがあったのであった。

つぎに、当時のイタリアがしっかり統治されていなかったことがある。
国王や皇帝が地域を支配し、統治していると、その権力者の意見や思想がすべてになってしまう。
偉い人が言ったことは絶対である、となると新たな発想が花開くことを止めてしまうのだ。

最後には、前述した東方貿易などによって他所の文化が入ってくる環境にあったことが要因だろう。
例えばイスラーム文化やビザンツ文化などが流入してくるのだが、それらはギリシア文化の影響を大いに受けている。
ギリシア文化とは人間的な文化であり、イタリアをはじめとしたヨーロッパに浸透していたキリスト文化とはまったく違っていた。
キリスト文化ではすべての物事の中心は「」なのである。
対してギリシア文化での中心は「人間」。
ヨーロッパの人々にとっては人間を中心に思考することは、とても斬新なものだったのである。
現代のわれわれからすると、当時のヨーロッパ人の考えのほうが理解しがたいのだが…。

人間への関心

都会の人間関係に疲れた芸能人が田舎で畑仕事をしてのんびり暮らすなんていう話がたまにあるが、当時のイタリアは真逆だ。
農業というものは、雨が降らないだとか気温が低いだとか、自然に左右されることが多い。
今年は暑い、今年は嵐がたくさん来る、今年は雪が多い。
それを決めるのは人間ではなく自然であり、見る人から見れば「神」がそれを決めていると感じることもある。

逆に商業は自然よりも「人間」に左右されることのほうが多い。
○○商店のあいつはケチだから値引きしてくれない、××商店の後継ぎと△△商店の娘さんは恋仲だから優遇している。
また、貿易をしているということは、見たこともない服を着た見慣れない顔つきの異国の人間と出会う機会も多い。
すると必然的に、人間関係、人間社会というものへの関心が高まっていくのである。

また、商業に従事する人々は帳簿をつける必要があるため、文字の読み書きができる人もいた。
文字が読めると、聖書のほかにもいろいろと読んでみたくなる。
興味の対象が「神」に加えて「人間」になっていた当時の人々にとって、今では当たり前に存在する「恋愛小説」などが斬新で最先端の珍しいものに映った。

芸術家を支えたパトロン


芸術家たちは作品の制作に没頭するため、生活費を稼ぐための仕事をしている暇などない。
富を蓄積したパトロンたちがルネサンスを支えた。

イタリアのルネサンスを支えたパトロンの筆頭として挙げられるのがメディチ家である。
フィレンツェで薬屋としてスタートしたメディチ家は商売に成功し財を成した。
その財力を使って銀行を創設し、ローマ、ナポリ、ヴェネツィアなど主要都市に銀行の支店を置いてどんどんと大銀行へと成長していった。
特にローマ支店が担当していたローマ教皇庁はかなり大口の顧客で、収益の多くがこのローマ教皇庁との取引によるものであった。
銀行の利益を使ってメディチ家はさらに事業を拡大し、毛織物などにも手を出し、最終的には総合商社として大成功するのである。
その潤沢な財力が、レオナルド=ダ=ヴィンチやボッティチェリ、ドナテルロなどの創作活動を支え、現在われわれが目にするいくつもの芸術作品をこの世に残してくれたのである。

関連記事:
【ルネサンスの光と影】ボルジア家&メディチ家
ルネサンス期の占星術について調べてみた

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

matsu3204

投稿者の記事一覧

大学時代にイングランド史を専攻。イングランド史に限らず、西洋史全般が好き。

コメント

  1. アバター
    • 匿名
    • 2018年 8月 07日

    >>ルネサンスとは、中世の文化を引き継ぎながらも、人間性を解放し各個人の個性を尊重しようとする動き

    よくこんな出鱈目を平気で書けるね。ルネサンスは暗黒の中世をやめて古代ギリシャ・ローマの優れた文化を取り戻そうとした運動の事なのに

    1
    0
    • アバター

      >>古代ギリシャ・ローマの優れた文化を取り戻そうとした運動の事なのに

      これはルネサンス以前にも各地で起こっていますし、ルネサンスの定義は研究者によって異なるのです。中にはルネサンスの存在そのものを否定する研究者もいるようです。

      0
      0
  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. オーストリア・ハンガリー帝国 「なぜ世にも珍しい二重帝国となっ…
  2. デュ・バリー夫人 「ギロチン台で泣き叫んだルイ15世の愛人」
  3. 球体関節人形について調べてみた
  4. ザマの戦いについて調べてみた【ハンニバルの大敗】
  5. 今も残る ジャンヌ・ダルクの生家「ドンレミ村」神のお告げを聞いた…
  6. 第二次大戦の2つのフランス【ヴィシーフランスと自由フランス】
  7. カタコンブ・ド・パリ 「パリの地下に広がる死の帝国!」
  8. スターリンが指導者だった頃のソ連について解説


新着記事

おすすめ記事

戦争論 〜現在でも各国の軍の教育に用いられている名著

プロイセン軍人 クラウゼビッツ戦争論 はプロイセン(北部ドイツ)の軍人カール・フォン・ク…

おせんべい(煎餅)の歴史について調べてみた

煎餅(せんべい)とは穀物の粉で作る菓子の総称ですが、地方色が強く材料や製法も様々です。…

軍国主義亡霊賛美に潜む危険な野望 朝鮮外務省、過去の犯罪を美化する日本政府を非難

朝鮮外務省は、菅日本首相と一部閣僚が靖国神社へ供物を奉納したことに関連、過去の侵略史を美化粉飾する日…

松本城の構造と見どころ【6層の天守は日本最古】

北アルプスの雄大な山々を一望できる長野県松本市。JR篠ノ井線「松本駅」から徒歩で15分ほどの…

御朱印帳はどこで買える?「神社仏閣のかわいい御朱印帳」

御朱印帳を知っていますか?神社やお寺を巡るのが、好きな人増えてきましたね。それこそ最…

アーカイブ

PAGE TOP