西洋史

ルイ16世について調べてみた

ルイ16世は、ブルボン朝第5代のフランス国王である。
この名前を聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか。
おそらく、「背が低く太っている」「性的不能者」「愚鈍」というような、悪いイメージを持っている人が多いだろう。
日本では『ベルサイユのばら』の影響からか、ルイ16世のイメージは、おそらく今でもそれで固定されてしまっている。
しかし実際のルイ16世は、どうもそれとは大分違った人物であったようだ。

背が高くて痩せていた

ルイ16世について調べてみた

※ルイ16世。Wikiより

太った姿で描かれている肖像画が多く残っているが、実際は(特に若い頃は)痩せていた。
また、この家系の男性は皆背が高く、ルイ16世も身長が192cmもあった。
皇太子時代の肖像画は、痩せた姿で描かれたものが多いが、国王になってからは太った姿で描かれるようになった。

恰幅のよい姿の方が、王としての威厳があるように見えるためである。

真面目な性格

当時のベルサイユでは、男性は軟派な言動をするのがよいとされる風潮があった。
女性を口説いたり、ダンスに誘ったりするのが上手い男性ほど、よくモテたのだ。
しかしルイ16世は大変真面目で、へらへらと女性と喋ったりするような性格ではなかった。
漫画や小説では「口下手」と表現されることが多い。確かに当時の感覚では、口下手というマイナスな評価だったのかもしれない。
現代であれば、むしろ好意的に受け取られるのではないだろうか。

優秀な勉強家

ルイ16世は4歳の頃から帝王学を学び、1日12時間も勉強していた。
英語やドイツ語、イタリア語、スペイン語を話すことができた。
錠前作りという一風変わった趣味のおかげで、オタクっぽいイメージを持たれているが、錠前作りには理系の知識と技術が必要であった。
物理学や数学、地図作製術、航海術に秀でていて、読書が好きで、とにかく勉強熱心であった。

ルイ16世の死後、「愚鈍な王」というイメージを持たれたのは、重罪である“国王殺し”を正当化するためにゴシップ誌が嘘八百を書き連ねたためである。

「性的不能者」というのは嘘

ルイ16世が性的不能者」という話は、かなり一般的に知られた話だ。
しかし、これが全くの嘘だったのである。
こんな間違った噂が広まってしまったのは、シュテファン・ツヴァイクが書いた小説『マリー・アントワネット』に書かれた記述が原因だ。

ツヴァイクはルイ16世を性的不能者と決めつけ、性器の手術までしたと書いているのだが、これはあくまで巷の噂を基にした記述である。
残っている史料によれば、ルイ16世に身体的問題はなかった。医師がそのように2度も診断している。
また、王妃マリー・アントワネットの兄が書いた手紙には、ルイ16世とマリー・アントワネットの夫婦生活についてかなり生々しく詳細が書き残されている。その内容を見ると、ルイ16世の身体は至って健康だったようである。
長年子供に恵まれなかったのは、2人がまだ心身ともに幼かったことや、2人の結婚に反対している勢力が子供を作ることに反対していたという、政治的な理由などが考えられる。

おわりに

ルイ16世について調べてみた

※ルイ16世。Wikiより

ルイ16世は、「ヴァレンヌ逃亡事件」で捕まるまでは、フランス国民に大変慕われていたという。
慎ましく勉強家で、愛人を1人も持たなかったというルイ16世は、王としてはかなり変わったタイプだった。
大きな歴史の流れの中で、悪人にされ、処刑され、後世に残った悪いイメージが一人歩きしたままになっている、不憫な王。
彼の真実の姿が、新たな彼のイメージとして、今後広く定着することを願っている。

関連記事:
マリー・アントワネット について調べてみた【非運の王妃】
中世フランスに実在した謎の「鉄仮面の男」の正体
【ルイ17世】マリーアントワネットの子供たちの残酷な人生

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
歌夜

歌夜

投稿者の記事一覧

人形と本で埋め尽くされた部屋に住んでいる。古いものと、変なものが好き。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. チャウシェスク大統領【公開銃殺されたルーマニア最大の独裁者】
  2. ベルリンの壁の崩壊【こんなことで歴史は変わる】
  3. 戦術の天才「ハンニバル」とライバル「スキピオ」
  4. アレキサンダー大王の大遠征について調べてみた
  5. 【王冠を捨てた恋】エドワード8世について調べてみた
  6. ジル・ド・レは青ひげだったのか調べてみた
  7. エリザベス1世が”ヴァージン・クイーン”…
  8. 【カトリック, プロテスタント, 正教会】キリスト教宗派の違い


新着記事

おすすめ記事

巨人は存在したのか? 【世界に伝わる巨人伝説】

古来、国や地域を問わず、共通の伝説や伝承が残っている例は多い。ノアの箱舟のような洪水伝説とと…

天下統一に至るまでの豊臣秀吉

豊臣秀吉像(狩野光信筆 高台寺蔵)豊臣秀吉と言えば、百姓時代に木下藤吉郎と名乗っていた人物で、百…

デュ・バリー夫人 「ギロチン台で泣き叫んだルイ15世の愛人」

デュ・バリー夫人(Madame du Barry:1743~1793)は、フランス革命前に君…

根岸鎮衛 ~「遠山の金さん」以前にもいた!全身に入れ墨の名南町奉行

根岸鎮衛とは根岸鎮衛(ねぎししずもり・やすもり)とは、江戸時代の中期から後期の将軍徳川家…

高村光太郎と智恵子 【智恵子抄の誕生】

日本における近代詩人の代表例としても挙げられ、今でも様々な作品が教科書などに掲載されてみなさんに親し…

アーカイブ

PAGE TOP