イベント

キッチンカーはなぜ人気なのか?【開業許可と種類】

キッチンカー

フードフェスだけではなく、音楽フェスなどの野外フェスで必ずお世話になるといってもいいのがキッチンカーである。その種類も年々増加しており、ファストフード、スイーツ、B級グルメと、アイデア次第で扱うフードも多い。

では、なぜキッチンカーが人気なのだろう?いや、そもそも、キッチンカーで買いたくなる魅力とは何なのだろうか?売る側、買う側の両面からその人気に迫る。

スポンサーリンク

屋台がキッチンカーに変化!


※ニューヨークのキッチンカー

ニューヨークではキッチンカーのことを、Food Truck, Street Vendorと呼び、街中いたるところに出没する。多民族国家らしく、さまざまな国の料理とそれらが融合したメニューが特徴だ。オフィスに持ち帰って食べれるようにテイクアウト系ランチは昔からの定番で、完全にニューヨーカーの日常の一部となっている。

日本でキッチンカーの人気が高まってきたのは2010年頃からだ。それまでは屋台と呼んでいたが、日本人にとって「屋台」とはラーメンやおでんをイメージさせる。そこでキッチンカーの名称が広まり、同時に全国でフェスが増えたことにより需要も高くなった。移動販売と呼ばれることもあるが、厳密には移動販売車=キッチンカーではない。
そのことは後ほど説明するが、キッチンカーで出店することの醍醐味は、自分のセンスで店の売り上げを伸ばせるところだ。メニュー、食材、看板などすべてに自分のアイデアが反映され、ヒットすれば口コミだけで顧客が増える。

ラーメンなどの屋台は規制により年々姿を消しているが、キッチンカーの需要はまだまだ伸びる。

日本人にとって「移動販売=屋台」から、「移動販売=キッチンカー」に変化したのだ。

キッチンカー で営業するメリット


※ケバブ

まず、費用面から見てみると、何といっても家賃がかからないことがある。また、初期費用が安く、人件費が安い。極端な話、1人でも営業が出来るのはキッチンカーならではだ。

商売的な側面では、客のいる場所に自分から行けることだろう。
日本マクドナルドを開業した藤田田が「飲食業は何よりも立地が大切」と言っていたのは有名な話だが、移動販売に置き換えてもこれは同じ話だ。

客との距離が近いために、客のニーズをダイレクトに商品作りに活かせる点も大きい。客がSNSなどで店の情報を発信することで人気を集めたり、客との会話が好印象を持ってもらえるチャンスにもなる。

最後に個人的なメリットとしては、労働時間が自由に選べる点だ。自己管理がしっかりできないと大変だが、移動販売は稼げるときに一気に働くというのがセオリーである。また、何も無いところから店を作り上げてゆけるという楽しみもある。どんな料理にするか、メニューはどうするか、車のラッピングやPOPはどうするかなど自分の好みをそのまま反映させられるのは労働意欲の向上にも繋がるわけだ。
次のページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. スターバックスの成功の秘密について調べてみた
  2. 東京ディズニーシーのリアルさについて調べてみた
  3. サッカーワールドカップ中継の歴史【放映権はいくらなのか?】
  4. 京都五山の送り火、8月16日じゃないのに夜空に燃えた大文字
  5. 小田原の松原神社例大祭に行ってきた
  6. 高村光太郎と智恵子 【智恵子抄の誕生】
  7. 重陽の節句について調べてみた
  8. さぬきうどんについて調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

松下幸之助について調べてみた【経営の神様】

大正7年(1918年)、妻の「むめの」、むめのの弟・歳男とともにわずか3人で設立した「松下電器器具製…

文化の扉を開け!縄文時代について調べてみた

縄文時代の始まりは土器が登場し、定住生活が本格化した12,000年前からというのが定説である。し…

戦国大名としての織田氏(2)

―本能寺の変以降の織田氏―1. はじめに「戦国大名としての織田氏(1)―下剋…

アーカイブ

PAGE TOP