鎌倉時代

元寇の勝因は本当に神風だったのか調べてみた

元寇
※フビライ・ハーン

史上初めて日本への本格的な侵攻を行ったモンゴル帝国。最盛期のモンゴル帝国に対して、当時の鎌倉幕府はどのように動いたのか?

この戦いは結果的に日本の勝利となったが、神風という台風が日本を救ったという話は有名である。

しかし、本当にそれだけが勝因だったのか調べてみた。

スポンサーリンク

モンゴルからの使者


※モンゴル帝国

13世紀にモンゴル草原に生まれた英雄チンギス・ハーンが興したモンゴル帝国は、彼の孫である第5代皇帝フビライ・ハーンの治世には、現在のイラクやロシアまでその領土を拡大していた。アジアでは朝鮮半島の高麗を屈服させ、中華圏の南宋や現在のベトナムにも攻め込む勢いだった。

さらにフビライは、日本の鎌倉幕府に国書を送りつける。
内容はモンゴル帝国に対し、日本は事実上の属国になるよう求めてきたのだ。1266年のことである。

当時の鎌倉幕府は、北条家が執権として統治していたが、国際情勢にまで配慮できない状態の幕府はこの国書を黙殺してしまった。執権とは、将軍や皇族などの代役として政治を行う役職だが、この時代では事実上の国家元首といっていい。

フビライは1272年まで4回にわたって使者を派遣したものの、鎌倉幕府の態度が変わらないとみるや、武力による日本屈服を選択した。1274年、高麗駐屯の元軍と高麗軍を主力とする大軍勢が日本を目指して艦船を進めた。

これが、文永の役(ぶんえいのえき)である。

モンゴル軍上陸


※博多の息の浜に陣を布く日本軍の総大将・少弐景資とその手勢

同年10月、対馬・壱岐を襲い、略奪と殺戮を行った元軍は肥前・松浦半島を襲い、博多湾に姿を現す。
艦船900隻、兵力25,000の大軍であった。すでに元軍襲来を警戒していた幕府側も九州各地から数千の御家人が集められ、鎮西奉行・少弐資能(しょうにすけよし)、大友頼泰(おおともよりやす)の二名を中心として、元軍の襲来が予想される筑前・肥前の要害の警護および博多の沿岸を警固する番役の総指揮に当たらせた。

10月20日、元軍は博多湾のうちの早良郡(さわらぐん)に襲来。なお、元軍の上陸地点については諸説ある。

元軍に対し、名乗りを上げて一騎打ちを挑んだ武士団が散々に打ち破られたという話が有名だが、実際には少弐資能率いる武士たちが、元軍を待ち伏せて集団で戦闘を行おうとしたことが日本側の資料からわかっている。ただ、当時の武士の戦闘単位が騎乗した主人と徒歩の従者が数名という少人数であり、武士同士も連携して戦うということに慣れていなかった。そのため、乱戦になれば幕府側が苦戦したのは否定できない。

それでも、幕府の武士たちは奮戦し、元軍の報告には「矢が尽きた」と記されていることから、激しい戦いになったことがわかる。元軍は主要武器の矢の残りが少ないこと、副将軍が負傷したことなどを理由に陸から海上の船へ撤収した。総司令官ヒンドゥは被害の多さから撤退を決意して博多湾を後にしたが、暴風が元軍を襲ったのはその帰路のことで、多大な被害が出た。

鎌倉幕府はひとまず、防衛に成功したのである。次のページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 毛利氏―安芸の国人から中国地方統一まで―
  2. 源頼朝はなぜ義経を追放したのか調べてみた
  3. 百人一首の謎について調べてみた
  4. 兼好法師に学ぶ 心の健康法
  5. 端午の節句とその由来について調べてみた
  6. 鎌倉時代から室町時代までの島津氏
  7. 「いざ鎌倉」という言葉について調べてみた
  8. 江戸時代以前の東海道について調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP