日本史

佐々木小次郎は実在したのか調べてみた【巌流島の戦い】

室町から江戸時代初期に活躍した二人の剣豪は、巌流島でその決着をつけた。
この決闘で宮本武蔵が勝ったことは有名だが、敗れた佐々木小次郎についてはあまりに資料が少ない。

燕返し」を会得して、この戦いに臨んだ佐々木小次郎とはどのような人物だったのだろうか?その資料の少なさから実在したのかも疑問視されている。

そんな佐々木小次郎について調べてみた。

スポンサーリンク

出生の謎

佐々木小次郎は実在したのか調べてみた【巌流島の戦い】

※一乗滝にある佐々木小次郎像

まず、この男については不明な部分が多い。多すぎる。

出身については、豊前国田川郡副田庄(現福岡県田川郡添田町)の有力豪族佐々木氏のもとに生まれたという説がある他、1776年(安永5年)に熊本藩の豊田景英が編纂した『二天記』では越前国宇坂庄浄教寺村(現福井県福井市浄教寺町)と記されており、秘剣「燕返し」は福井にある一乗滝で身につけたとされている。生年は天正もしくは永禄年間とされる。

名前についても、号(別名)は岩流(巖流、岸流、岸柳、岩龍とも)となっているが、詳細は不明な点も多い。

また、「小倉碑文」には、小次郎の名は「岩流(巖流)」としか書かれていない。小倉碑文(こくらひぶん)は、宮本武蔵の養子・宮本伊織が武蔵の菩提を弔うために、承応3年(1654年)に豊前国小倉藩手向山山頂に建立した、自然石に刻まれた碑文のことである。

文書に「佐々木」の姓が登場するのは、武蔵の死後130年経った1776年に書かれた『二天記』が初めてで、それまでに佐々木の姓は記録になく、『二天記』が準拠した『武公伝』には「小次郎」とあるのみである。そもそも『二天記』が宮本武蔵の伝記であるため、佐々木小次郎も武蔵の物語の登場人物として書かれているだけだ。

燕返し

小次郎の剣術は、中条流(ちゅうじょうりゅう)、あるいは鐘捲流(かねまきりゅう)と言われ、初め、安芸国の毛利氏に仕えた。

その後は武者修業のため諸国を遍歴。越前国(福井県)に立ち寄った際に、一条滝で会得した技が秘剣「燕返し」だといわれている。また、先の『二天記』では、小次郎の出身は越前国となっており、そのためここで技を磨いたという説もある。

燕返しがどのような技であったか、その詳細がわかる資料はないが、有力なのは「虎切り」という剣術がモチーフになったのではないかといわれている。大太刀という刀身の長さが三尺(約90cm)以上の太刀を用い、相手の間合いの外で振り下ろす。そこで相手は間合いに入ってくるので、振り下ろした刀を瞬時に返して切り上げるというものだ。当時の防具は「上からの打撃・斬撃」には十分に考慮された形だったが、下からの攻撃には無防備だった。

この技は、ただでさえ長くて重い太刀を、瞬時に切り上げるだけの腕力が必要であり、そのことから小次郎がいかに腕利きの剣客だったかがわかる。なお、技の名前についてはその動きが燕が地面を掠め飛ぶ様を連想させるから付けられたものと思われる。

後に「岩流」と呼ばれる流派を創始。小倉藩の剣術師範となる。 次のページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2
  • follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 酒癖の悪さで名槍を失った武将・福島正則
  2. 【三大蕎麦】江戸時代の蕎麦について調べてみた
  3. 江戸の発展に貢献した玉川上水について調べてみた
  4. 上杉鷹山について調べてみた【米沢の名君】
  5. 【二条城の会見】加藤清正の忠信について調べてみた
  6. 寛政の改革後の徳川家斉【化政文化】
  7. 【畿内の大五芒星】東西の結界について調べてみた
  8. 徳川秀忠【徳川2代目将軍】―意外に実力者だった―

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

格安航空会社(LCC)の上手な利用方法を調べてみた

格安航空会社(LCC) とは?日本国内の景気が非常にゆっくりではあるが上向きになっているため…

始皇帝と秦王朝の中国統一までについて調べてみた

紀元前221年、始皇帝は「秦(しん)」の王となってから、わずか26年で中国全土を統一した。中国初の統…

フランス外人部隊について調べてみた

※外人部隊の兵士その部隊はフランス軍において外国籍の兵士だけで構成されている。傭兵部隊ではな…

アーカイブ

PAGE TOP