調べてみた

【吉野家・松屋・すき家】三大チェーンの牛丼を食べ比べてみた

私がサラリーマンだったときには、ランチを牛丼で済ませることが多かった。

今でも急にあの味が恋しくなってふらりと寄るが、女性客や家族連れが多くなったものだ。今でこそ安くて手軽な食事は多いが、牛丼というと吉野家しかなかった頃は、格段に安く食べられる「男の店」という感じがした。

でも、味わって食べたという記憶がない。かっ込むように食べて長居はしない。それが牛丼という食べ物だと当然のように思っていた。どの店でもいいから近くにあれば入る。それだけだった。

そこで、吉野家、松屋、すき家という三大チェーンの牛丼の味を食べ比べてみた。

スポンサーリンク

牛丼の歴史

吉野家・松屋・すき家

牛丼の歴史は明治時代にまで遡る。

牛丼」の名称は、吉野家を1899年(明治32年)に創業した松田栄吉が名付けたとされ、牛鍋(すき焼き)の具材を丼飯に乗せたものが原型だった。牛鍋そのものは、明治時代の文明開化により牛肉を食べる習慣が広まり、東京・芝に外国人向け食肉加工場が完成。結果、肉質が良くなるにつれて、関東地方の味付けは味噌から醤油と砂糖などを調合したタレ(割下)が主流になっていった。

1887年(明治20年)頃になると、具材において牛肉や野菜の他に白滝や豆腐が使われ始め、今の我々が知るようなすき焼きの形に変化してゆく。

その後も牛丼は庶民の味として広まり、1973年から吉野家がファストフードとしてチェーン展開したことで爆発的な人気を得た。さらに他社も参入した結果、現在の三大チェーンが主流として人気を分けている。

さて、食べ比べの話だが、ここでいくつかルールを決めてみた。

まず、食べ比べなので順位を決めたり、採点するようなことはしない。すべて私が食べた感想なので、簡単に決められるものではない。あくまで参考として欲しい。注文はどれも「牛丼並盛り(グループによって名称は違うがそれに相当するもの)」、紅ショウガや七味唐辛子などは入れずに、牛丼だけの味を調べてみた。

たかが牛丼というなかれ、まぁ、しばらくお付き合いいただきたい。次のページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 蕎麦(そば)の歴史について調べてみた
  2. 恋のタイミング【漫画~キヒロの青春】⑨
  3. 江戸時代の人気料理について調べてみた
  4. 藤原道長が奢り高ぶっていたというのは本当なのか
  5. 劉備玄徳が母親思いだったというのは本当なのか?
  6. 戦国時代の人口について調べてみた
  7. 「ベジタリアン」の食事と栄養について調べてみた
  8. 【2017】WordPressの超オススメ高機能テーマ(無料&有…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP