西洋史

【世界三大美女】 クレオパトラの真の素顔 「実はエジプト人ではなかった」

クレオパトラの真の素顔

画像 : 絨毯の中からカエサルの前へ現れるクレオパトラ “Cléopâtre et César” ジャン=レオン・ジェローム画、1886年

実はエジプト人ではなかった!クレオパトラの出生

エジプト王朝、最後の女王として有名なクレオパトラだが、厳密にはエジプト人ではない
ギリシア、マケドニア系の血を受け継ぎ、イランの血も少し入っていたとされている。

マケドニアのアレクサンドロス大王に征服されたエジプトは、彼の死後、その武将であったプトレマイオスを祖とするプトレマイオス王朝によって統治されていたが、強国ローマの軍事的脅威の下で滅亡寸前であった。

その状況下でクレオパトラは紀元前69年、プトレマイオス12世の娘として誕生する。

「クレオパトラ」とは王家代々継がれてきた名で、正確には「クレオパトラ7世」という。

スポンサーリンク

血ぬられた一族の秘密

プトレマイオス王家は、アレクサンドロス大王の意志を継いで、当時としては驚くべき高い文化的教養を身につけていた。
アレクサンドリアという地中海の文化的首都があり、そこには数十万巻の本に恵まれた図書館があった。
有名な学者、哲学者、天文学者、数学者など、多くの英知ある人々が集まっていたという。

しかし、プトレマイオス王家はのちに血で血を洗う骨肉の争いを招くこととなる。
古代エジプトの「ある伝統」にしたがっていたからである。

近親婚だ。

王家の兄弟姉妹で結婚させ、国を共同統治することは当時、当たり前の慣習ではあったが、プトレマイオス王朝では権力争いの原因となり、親族同士で殺戮を繰り返し滅亡に追いやられることになる。

骨肉の争いの一族のなかで育ったクレオパトラは、自身も同じ道を歩んだ。
父の死後、18歳のクレオパトラが王位につき、弟で10歳のプトレマイオス13世と結婚し、父の遺言状通りに権力を共有した。(年齢は文献によってはやや差異がある)

現代の我々にはとうてい理解できないことだが、若いふたりにとっては結婚も名ばかりであった。

10歳の弟はとりまきの操り人形になり果ててクレオパトラに反発し、ついには姉であり妻でもあるクレオパトラを砂漠へ追放してしまったのである。

クレオパトラの真の素顔

画像 : 『クレオパトラをエジプト女王へ据えるカエサル』

その後、クレオパトラはローマから来た野心家、ユリウス・カエサルを取り込んで自身の後援者とし、プトレマイオス13世はカエサルから逃れる途中、ナイル川で命を落とした。

王の死によりカエサルは、さらに弟で当時11歳のプトレマイオス14世をクレオパトラの夫としてエジプトの王位につけ、クレオパトラに実権を与えた。
二人目の夫も幼き弟であった。

ところが、クレオパトラはすでにカエサルの子どもを宿していたのである。
カエサルが暗殺されると、プトレマイオス14世も突如、死亡する。

カエサルとのあいだに生まれた息子「カエサリオン」(小さなカエサル)を政治的切り札として利用しない手はない。
亡き王プトレマイオス14世に代わってカエサリオンがプトレマイオス15世となり、たった3歳で王位についた。

事実上の実権者はもちろんクレオパトラだった。

プトレマイオス14世はクレオパトラが殺した」とローマの史家イオセポスは記しているが、真実を示す記録は残っていない。

クレオパトラの真の素顔とは

クレオパトラは「絶世の美女」とよくいわれているが、フランスの哲学者パスカルによる『パンセ』の有名な一節がある。

「クレオパトラの鼻がもうすこし低かったら、歴史は変わっただろう」

男の心を次々ととらえたクレオパトラは、「さぞかし、すばらしい美人だったろう」という意味をこめてこの言葉を残したとされている。

その一方で、クレオパトラが「もう少し美人だったら……」という反対の意味を表しているという意見もある。
今日に残っている彼女の肖像に対する評判があまりよくないからだ。

クレオパトラの真の素顔

画像 : クレオパトラ7世頭部(紀元前40年頃、ベルリン美術館蔵)

英雄伝』で有名なプルタルコスはこう言った。

「見る人を驚かすほどのものではなかったが、人あしらいに人をそらさない魅力があり、容姿と会話の説得力がいつしか人をとらえ、人を打った」

クレオパトラは教養の高い才女で、芸術、科学、哲学などあらゆる学問を学び、多くの言語を操った。
学の高いクレオパトラが弁舌を振るったことで、男たちが魅了されたことは想像に容易い。

権威者であるユリウス・カエサルマリウス・アントニウスをその色香で手玉にとったと、ローマではすこぶる評判が悪く、「娼婦女王」「ナイルの魔女」などローマ市民は言いたい放題だったという。

画像 : 1963年の映画『クレオパトラ』より、エリザベス・テイラー(クレオパトラ7世)とリチャード・バートン(アントニウス) public domain

しかし、プトレマイオス王朝の女王として、クレオパトラは強国ローマの前で必死にもがき、生きる術を模索した。

あふれる知性を身にまとい、女の武器を最大限に利用することでしか自国を強国ローマから守ることはできない」と考え戦い抜いたのだ。

ローマの協力を得て自国を守り抜こうとした政治家であり、優れた統治者ともいえよう。

自国滅亡という悲劇で終幕するが、女ひとりで背負うには重すぎた帝国であった。

参考文献 :
国を傾けた女たちの手くだ』(森下賢一著 白水社)
古代エジプト女王・王妃歴代誌』 (ジョイス・ティルディスレイ監修 吉村作治/訳者 月森左知 創元社)

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 世界最初の貨幣と古代の貨幣の歴史
  2. 岡目八目・ダメ!八百長…みんなも使ってる?囲碁にまつわる慣用句は…
  3. 日本人なら知っておきたい!皇室用語「内親王」殿下について調べてみ…
  4. ポンペイはなぜ一夜にして消えたのか? 【石膏で復元された遺体】
  5. 日本の奇妙な迷信とその由来 「北枕、夜に爪を切る、彼岸花を摘む」…
  6. 【失業保険・自立支援・障害年金】うつ病などで働けなくなったときの…
  7. 暗黒時代の20代後半【漫画~キヒロの青春】①
  8. ポンパドゥール夫人 「平民からルイ15世の公妾に成り上がった影の…


新着記事

おすすめ記事

ローズ・ベルタン 【平民からファッションで大出世したマリー・アントワネットの仕立て屋】

マリー・アントワネットがフランス王妃として君臨していた時代は、ファッションの全盛期といっても…

中国最大の木造建築「紫禁城」 ~24人の皇帝が暮らした北京の故宮

紫禁城紫禁城(しきんじょう)とは、中華人民共和国の北京市内に所在する明清朝の歴史的建造物…

群馬県で35名の新型コロナ陽性反応【過去最多】山本一太知事が21時から臨時記者会見

11日、山本一太群馬県知事が自身のTwitterで、県衛生環境研究所にて107件のPCR検査…

30年にわたって海を駆け回った武勲艦、戦艦「榛名」について調べてみた

巨大な船体に、これまた巨大な砲を積み、大海原を力強く航行する、こうしたイメージは、いわゆる「戦艦」の…

イタリアの離島 「サルデーニャ島」の魅力 【ジョジョ第5部の舞台】

「イタリアのハワイ、美食溢れる街、様々な異国文化を受け入れてきた島」など、多くの愛称で知られ…

アーカイブ

PAGE TOP