西洋史

アレキサンダー大王の伝説 について調べてみた

古代マケドニア王国のアレキサンダー大王は、その生涯のほとんどを東方への遠征に費やした。

そのなかには中東地域も含まれ、アラビア語・ペルシア語圏でも英雄とされている。
アレキサンダーは支配した地域の文化や宗教を尊重したためである。そのため、彼にまつわる伝説も各地に残されている。

今回はアレキサンダー大王の伝説について調べてみた。

スポンサーリンク

イスカンダル

アレキサンダー大王の伝説

※ゴルディアスの結び目を断ち切るアレキサンダー大王

イスカンダル」という名を聞いたことがあるだろうか?

イスカンダルとは、古代マケドニア王国のアレキサンダー大王を指すアラビア語・ペルシア語の人名である。アレキサンダーは西アジア地域でも英雄として記憶されたため、古代の英雄に基づいた人名として男性名に好んでつけられる。

イスカンダルはその支配地域が広大だったため、地域や国によってその扱いも異なっている。

イランでは、アケメネス朝ペルシア帝国を滅ぼした侵略者として記憶され、アラブでは「ズルカルナイン(二つの角をもった王:双角王)」という名の英雄の伝説に語られ、クルアーン(コーラン)にも神から強大な力を与えられて世界を征服した王として登場する。

アッバース朝時代以降の伝統的歴史学では、イスカンダル・ズルカルナインは古代イランのカヤーニー王朝の偉大な帝王として位置付けられている。つまり、イスカンダルはマケドニア(ギリシア)の王ではなく、古代イランの王として伝えられたのである。

さらに文学ではフェルドウスィーニザーミーといった著名な作家たちが韻文や散文による『イスカンダル・ナーマ』(アレクサンドロスの書)を著している。これらの作品ではイスカンダルとアリストテレスが理想的な「君主と宰相」像として描かれている。

ファラオ

※アメン大神殿の大列柱室

紀元前332年、エジプトまで辿り着いたアレキサンダーを待っていたのは、武装したエジプト人ではなく、解放者としてアレキサンダーを迎える市民たちの姿であった。

エジプトは11年前の紀元前343年にアルタクセルクセス3世によって征服されたばかりであり、ペルシアの統治が根付いていなかった。アルタクセルクセス3世は軍事の才能は高かったが、暴君であったとされている。そのため、アレキサンダーはファラオとして認められ、「メリアムン・セテプエンラー」というファラオ名を得て、アメン神殿にその像を祭られた。

アメン神殿は、エジプト最大の神殿であるカルナック神殿複合体のなかでも最大の神殿である。

エジプトの首都カイロからナイル川を南におよそ670キロメートルさかのぼった東岸に位置し、テーベ三柱神(アメン、ムト、コンス)の最高神であるアメンに捧げられている。神域の周壁は日乾煉瓦で築かれ、厚さ10メートル、一辺の長さは約500-600メートルであり、東西540メートル、南北の西辺600メートル、東辺500メートルとなる。

この巨大な神殿に祭られているアメン神とは、ラー神と一体化、「ラー=アメン」としてエジプトの歴史・文明の中心に位置し、エジプトの神々の主神とされており、大気の守護神、豊饒神である。

アレキサンダー大王は、古代エジプトの偉大な文明にいたく感動し、この地を訪れた。すると1人で神殿に足を踏み入れた彼に神の神託(オラクル/oracle)が下がったという。

お前はアモンの息子である」と。

彼からこの話を聞いた家臣たちは、事があれば彼を「ゼウス・アモン(Zeus-Ammon:いずれも宇宙や太陽を司る神)の息子」と呼ぶようになり、死後に造られたコインの肖像には、アモン神のように、頭に羊の角(つの)2本が描かれるようになった。
次のページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. スパイス&ハーブの歴史と使い方について調べてみた
  2. 【ルネサンスの光と影】ボルジア家&メディチ家
  3. フリッツ・ハーバー【凄惨な兵器 毒ガスを実用化したノーベル賞受賞…
  4. ナイチンゲールの真の功績 について調べてみた【統計学の先駆者】
  5. 【共和制ローマvsカルタゴ】カンナエの戦いについて調べてみた
  6. マリーアントワネット について調べてみた【非運の王妃】
  7. ルイ16世について調べてみた
  8. モスクワの戦い について調べてみた【冬将軍到来】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

地図とともに見る幕末の江戸

徳川家康が江戸に幕府を開いて以来、政治の中心は250年以上も江戸が担っていた。家康が関東に封じら…

残虐な王妃として名高い カトリーヌ・ドゥ・メディシス

フランス王妃カトリーヌ・ドゥ・メディシスは、死者1万人を超えるサン・バルテルミの虐殺の首謀者として歴…

とても怖い?! ゆびきりげんまんの由来

幼い頃、親や友達と約束するときによく「ゆびきりげんまん♪ 嘘ついたらはりせんぼん飲〜ます…

アーカイブ

PAGE TOP