西洋史

ガイウス・ユリウス・カエサルについて調べてみた

賽は投げられた」(alea iacta est)、「来た、見た、勝った」(veni, vidi, vici) 、「ブルータス、お前もか (et tu, Brute?)」などの特徴的な引用句で、日本でも有名な政治家だが、これらの言葉がなぜ、どのようにして生まれたかを知る人は少ない。

今回は古代ローマ最大の野心家であるガイウス・ユリウス・カエサルについて調べてみた。

スポンサーリンク

ローマからの亡命

ガイウス・ユリウス・カエサル
※ガイウス・ユリウス・カエサル立像

かのナポレオン・ボナパルトが賞賛した7人の英雄。その中には古代マケドニアのアレキサンダー大王たちに並び、カエサルの名もあった。英語読みの「ジュリアス・シーザー」(Julius Caesar) でも知られる共和政ローマ期の政治家である。

ちなみに「ユリウス」はユピテル(ジュピター)の子孫を意味する氏族名であり、ユリウス氏族のカエサル家のガイウスということになる。カエサルの青年期に当たる前90年代から前80年代はローマが戦乱に明け暮れる時代であり、ローマ国内も政治的に不安定であった。

当時は、民衆派と元老院派が対立しており、元老院派のルキウス・コルネリウス・スッラが、民衆派の抵抗を受けたがローマ市を制圧。紀元前83年に終身独裁官となり、政治的に対立する民衆派をプロスクリプティオに基づいて徹底して粛清した。

終身独裁官とは特定の元首を設けていなかった共和政ローマにおいて、非常事態に1人だけ任命される「全権を有する政務官」、つまり事実上の国家元首である。一方、プロスクリプティオとは、共和政ローマで実施された特定の人物を国家の敵として法の保護の対象外に置く措置。その名簿は公示され、その人物の財産を没収しても罪に問われないものとされた。

このとき、カエサルも処刑の対象とされたが、紀元前81年に小アジア、アカエア(ギリシア南部)へ亡命した。

ローマへの帰還


※カエサルの胸像(ウィーン美術史美術館)

紀元前78年にスッラが死去したことでカエサルはローマへ帰還した。

当時のローマは属州総督らが現地民を相手に脅迫・搾取・収賄などを行っていたが、カエサルは彼らをことごとく批判し、次々と告発した。その後は、軍団司令官に選出され、政治の階段を登ることになる。

紀元前69年に財務官に就任するも、30歳前後のカエサルにとっては普通のキャリアであり、政治の頂点に立つにはスタートラインにも立っていないという有様だった。アレキサンダー大王の像の前では、「アレクサンドロスの年齢に達したのにも拘らず何もなしえていない」と嘆いている。

財務官の任期を終えたことで元老院の議席を得たカエサルは、ポンペイアという女性と結婚する。ポンペイアは皮肉にもカエサルがローマから亡命する原因となったスッラの孫であった。しかし、ポンペイアは裕福だったため、彼はその財産を買収や陰謀に使った。

実はカエサルは若い頃より多額の借金があった。それも個人では返済不可能な額である。しかし、彼は「借金が少額のうちは債権者優位、借金が高額になれば債務者有利」と気付き、債権者の支持を取り付けて政治の頂点を目指したという。債権者たちは、回収のためにはカエサルが出世するしかないことをわかっていたからだ。

その後も遅咲きながら出世を重ねたカエサルは、グナエウス・ポンペイウスマルクス・リキニウス・クラッススと手を組み三頭政治体制を築く。民衆派として民衆から絶大な支持を誇るカエサル、元軍団総司令官として軍事力を背景に持つポンペイウス、経済力を有するクラッススの三者が手を組むことで、当時強大な政治力を持っていた元老院に対抗できる勢力を形成したのである。
次のページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. アレキサンダー大王の伝説 について調べてみた
  2. 非運の王妃、マリー・アントワネット について調べてみた
  3. ロシア内戦について調べてみた【赤軍対白軍】
  4. 【ジャンヌダルクの活躍】オルレアン包囲戦について調べてみた
  5. 第一次世界大戦とは何かについて調べてみた
  6. ソンムの戦いについて調べてみた【世界初の戦車・実戦投入】
  7. エリザベート・バートリ について調べてみた【血の伯爵夫人】
  8. ジル・ド・レは青ひげだったのか調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP