幕末明治

松本城について調べてみた【6層の天守は日本最古】

北アルプスの雄大な山々を一望できる長野県松本市。

JR篠ノ井線「松本駅」から徒歩で15分ほどの場所に漆黒の城がある。それは現存する日本最古の五重天守、松本城の天守であった。今でもかつての状態のまま天守が残っている「現存天守」はわずか12しかない。そのうち、五重天守をもつ城は松本城姫路城のみである。

なぜ、松本城の天守は現存することが出来たのか調べてみた。

スポンサーリンク

深志城

松本城

※天守(国宝)

その城が松本城と呼ばれる以前は深志城(ふかしじょう)といった。その地名の名残は松本市内にある「長野県立松本深志高等学校」などに残っている。

戦国時代の永正年間(1504-1520年)に、信濃守護家小笠原氏林城(はやしじょう)を築城し、その支城の一つとして深志城が築城されたのが始まりといわれている。

天文年間には甲斐の武田氏の支配下にあり、1582年(天正10年)武田氏滅亡によって、織田家、上杉家と領主が変わり、徳川家康の麾下となった小笠原貞慶が旧領を回復し、松本城と改名した。大坂の陣以後は、松平康長や水野家などの松本藩の居城として機能。水野家の後は松平康長にはじまる戸田松平家(戸田氏の嫡流)が代々居城とした。

1727年(享保12年)には本丸御殿が焼失、以後の藩政は二の丸で執務がとられた。

松本城 の構造


※本丸内側より。右から乾小天守、渡櫓、大天守、辰巳附櫓、その手前に月見櫓。

典型的な平城。本丸・二の丸・三の丸ともほぼ方形に整地されている。南西部に天守を置いた本丸を、北部を欠いた凹型の二の丸が囲み、さらにそれを四方から三の丸が囲むという、梯郭式に輪郭式(どちらも本丸防御のための建物の配置方式)を加えた縄張りである。これらは全て水堀により隔てられており、現存12天守の中では唯一の平城である。

防御のために外側から総堀・外堀・内堀の3重の堀が設けられていることも特徴。総堀は明治時代にほとんどが埋め立てられてしまったが、外堀は復元中とのこと。

江戸時代になり、徳川家康の孫である松平直政が松本城主になる。3代将軍・徳川家光が善光寺(長野市)に参拝することになり、「辰巳附櫓(たつみつけやぐら)」と「月見櫓(つきみやぐら)の2棟を増築した。当時は幕府が大名の統制を図るために、城の新築・増築を禁じていたが、これは将軍の身内の特権であろう。赤い欄干を配して、風雅な雰囲気を持つ。

結局、家光の参拝は中止となったが、天守に付属する月見櫓としては唯一の遺構となった。 次のページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 徳川家康はなぜ駿府城で隠居したのか 調べてみた
  2. 戦国大名としての織田氏(1)
  3. 江戸時代のお風呂事情について調べてみた
  4. 天下統一に至るまでの豊臣秀吉
  5. 戦国時代の女性の生活について調べてみた
  6. 資本主義の父・渋沢栄一について調べてみた
  7. 熊本城について調べてみた【天守は熊本の宝】
  8. 幕末の薩摩藩と島津氏

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP