歴史

ナポレオンがなぜ強かったのか調べてみた

dd4f94b91

ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 – 1821年5月5日)

中世においてナポレオン率いるフランスはその圧倒的な戦争の強さによりヨーロッパの大半を支配下においた。

ナポレオン

 

1811年時点の最大勢力図

  フランス帝国
  衛星国
  同盟国

その戦争の強さは異常なレベルで、記録に残っている戦歴だけでも38勝3敗。勝率はなんと9割超え

ナポレオンが軍事的天才だった事は間違いないがどうしてナポレオン軍はそこまで強かったのだろうか?

具体的に調べてみた。

軍の質の違い

当時のヨーロッパの各国の王政は兵士をお金で雇っていた。つまり傭兵である。

金目的の兵士なので士気も低く当然死にたくない。王政側もなるべく兵士を減らしたくなかった。なので兵を減らすような無茶な作戦はなるべく避け、戦略や外交などの駆け引きで戦争をする事が多かった。実際に一人も兵が戦死しない戦争もあったようである。

そんな時にフランスではフランス革命が起き、フランス軍は王政の支配から脱する国民革命軍であった。なので士気がとても高く徴兵制であったのでいくらでも兵士を動員できた。一人一人の士気が高い無尽蔵の大軍というわけである。

つまり兵の質も人数もまるで違ったというわけである。

元々の国の土台

フランスは産業革命の初期段階で武器の生産能力がヨーロッパですでに第2位であった。さらには元々フランスは陸軍が強く人口もロシアについで2位。

元々の国の土台も良かったというわけである。

国内外問わず民衆に人気

ナポレオンは自由と平等を掲げる革命軍というプロバガンダで戦争を行っていたので、当時王政支配に苦しんでいた民衆から国内外問わず歓迎された。

国の封建制度をナポレオンが打ち破ってくれる事を民衆は願っていたわけである。

有名なところではあの誰もが知る作曲家ベートーヴェン

Beethoven

当時オーストリアのウィーンで暮らしていたベートーヴェンは、ナポレオンに早くウィーンを占領してもらいたいと願うほどナポレオンに心酔しており、「ボナパルト」という交響曲も作ったほどである。

敵地の民衆から好意的であれば食料の現地調達も容易であろうし武器や弾薬も同様である。兵站が素早く軽装で済む事が戦争にどれだけ有利な事かは計り知れない 。

次ページでは優秀な部下たちを紹介する

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 【英雄サラディン】イスラム教について調べてみた
  2. 日本にも来航!?ツェッペリン飛行船
  3. 言霊を続けるコツについて調べてみた
  4. 中世の騎士について調べてみた
  5. キリスト教【カトリック,プロテスタント,正教会】宗派の違い
  6. 劉備玄徳が母親思いだったというのは本当なのか?
  7. アメリカの歴史を簡単にまとめてみた
  8. 平成元年(1989)の出来事「この年歴史はいろいろ変わった」【後…

コメント

新着記事

おすすめ記事

藤堂高虎はなぜ7回も主君を変えたのか調べてみた

生涯において7度も主君を変えながらも、その才能と明晰な頭脳により、着実に出世した武将が藤堂高虎である…

古代の地球は巨木世界だった確かな証拠【この地球に山は森はなかった】

結論から言ってしまおう。「太古の地球は、現在では想像できない巨木世界だった」と。ほとんど…

戦後の伝説的な詐欺・現在でも続くM資金詐欺とは?

GHQの秘密資金M資金詐欺 は太平洋戦争後の日本において、主に著名人、富裕層、財界人などの比…

アーカイブ

PAGE TOP