戦国時代

戦国時代の女性の生活について調べてみた

はじめに

男女平等と叫ばれて久しい現代社会ですが、徐々に各方面において女性が社会進出してきています。

世界各国を見渡しても女性の大統領が多く誕生しており、日本でも女性の総理大臣が誕生する日も近いかもしれません。

一説には、1990年代からは、女性優位社会になったとも言われているほどで、女性優位の社会はこれからも暫く続くことになるでしょう。

スポンサードリンク

日本では卑弥呼の時代の後ですから、だいたい西暦250年前後から、男性優位の社会となり、それがずっと続いてきました。

やがて「家」という概念ができてからは、家の外では男性が強く、家の中では女性が強い、「分業時代」が、到来します。

特に江戸時代にはその傾向が顕著に現れ、家の中の実権はすべて女性が握ることも多かったようで、離婚率も高くなったようです。

今回はその間の時代である、戦国時代の女性の生活について書いていこうと思うのですが、皆さんは戦国時代の女性の生活についてどのようなイメージをお持ちですか?

「戦国時代は武士、一般庶民に限らず、子供を産むための道具とされ、武士の世界では政略結婚、一般庶民ででも、自分が意図しない相手と結婚させられた」

「戦国時代に戦に巻き込まれた村の多くは、敗軍の兵士の「乱取り」に遭い、あるものは誘拐されたり、またあるものは乱暴されたりした」

というイメージを持つ方もおられると思います。残念ながらどちらも概ね事実でありますが、そうかといってこの時代を女性が絶望していたわけではなく、むしろ女であることを武器にして強くたくましく生きていました。

そこで今日は

「戦国時代の女性の生活について調べてみた」

と題して、一般庶民と武士の世界にわけて女性の生活を見ていこうと思います。 次ページへ

 

スポンサーリンク
ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 竹田城について調べてみた【天空の城は美しいだけじゃない】
  2. デパートメントHについて調べてみた
  3. 井伊直虎 は男説について調べてみた
  4. 劉備玄徳が母親思いだったというのは本当なのか?
  5. 源義経が逆落としをしたのは本当なのか
  6. 食べるだけじゃ満足できない! パクチーの育て方
  7. 小田原城の歴史について調べてみた
  8. 戦国時代の人口について調べてみた

コメント

    • TerryJ.
    • 2017年 5月 18日

    戦国時代に女城主がいたとか、大河ドラマでやってますが、本当か?
    疑わしく思う。だって戦に出られるのかって。このサイトの記事にも
    妙なコスプレした写真が載ってますが。男女の体力の差がわかって
    いるのだろうか?(サイトの上の方に、世界では女の首相、大統領が
    たくさん出てきていると書かれていますが。西洋以外だったら、そういう
    ケースの実に多くは、父親が大統領・首相だったか、亭主がそうだった
    人ですよ。それも多くの場合、その夫は暗殺されてた人。そして女の
    国家元首って汚職その他で、追われる人が実に多い。最近の韓国でも
    そうでしょ。彼女の父親は軍事クーデターで独裁者になり、暗殺された
    人)
    江戸時代の離婚は、夫からの一方的なもので、これが三下り半。

    日本は戦前迄、女子の地位は非常に低い。戦前は、家族間でも食事の
    内容、座る場所が違ってました。戸主である夫(祖父同居の場合は祖父)
    が一番偉い。魚もお頭付き。次がすべてを相続する長男。男家族が終わって
    次が女たち。地方によっては、女は男達の食べ残しを食べるのが習慣。
    また、女の食事は台所という所も。鹿児島がそのいい例。

    このサイトを書いた方へ。参考文献を下に書いていた方がいいですよ。
    日本史に詳しい人が見ても、耐えられる内容にするためにも。
    (血を見て逃げ出す男とは?何でしょうね?一部、女戦士がいた?)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP