中国史

謎の古代中国遺跡で発見された「イヌ型ロボット?」 三星堆遺跡の神獣

三星堆遺跡

画像 : 三星堆積遺跡戴冠立人像 T氏出典

三星堆遺跡(さんせいたいいせき)とは、中国の四川省広漢市、三星堆の鴨子河付近で発見された文化遺跡で、20世紀最大の発見とされている。

発掘された遺物は奇妙なものばかりで、最も古い年代のものはなんと4000年以上も昔であり、多くの歴史ファンの興味をひいている。

その高い技術や奇妙すぎる姿から「宇宙人が作った遺跡ではないか?」という説もあるくらいだ。

画像 : 三星堆遺跡で発掘された青銅縦目仮面

その発掘調査は長い月日をかけて行われている。
遺跡発見のきっかけは、1929年の春に現地の農民が溝を掘っていた際に玉器を見つけたことで、1931年にイギリス人牧師が発見した。

その後、何度か本格的な発掘調査が行われ、たびたび停止しながらも2020年に発掘調査が再開されている。2023年8月23日の発表によると、この時点までの発掘においても三星堆遺跡の発掘進度は何と千分の一にしか満たないと言う。

それほど大規模な遺跡であり、調査すればするほど逆に謎が深まるという前代未聞の遺跡なのだ。

今回は2020年に再開された発掘によって出土した「神獣」について掘り下げていきたい。

三星堆遺跡青銅神獣

画像 : 発掘途中の神獣

2020年8月24日の午後、三星堆遺跡の発掘現場(8号祭壇)において新たに大型の神獣が発掘された。

神獣は以前にも発掘されたことがある。1986年に発掘された神獣は約20から30センチほどのかわいい大きさで、リビングに飾るのにちょうど良いサイズ感であった。

今回発掘された神獣は、高さが約1メートルと非常に大きく重さは約150キロで、まるで「犬型ロボット」のようであった。

これまでに発見された神獣の中で、この大きさの神獣はこの一体だけである。

どんな姿をしていたのか

三星堆遺跡の神獣

画像 : 三星堆遺跡で新たに発掘された神獣 © 三星堆博物館

「神獣」は四つ足で立つ馬の様な姿をしていた。大きな目、口、耳を持っており、立て髪は首の部分でカールを描いている。

神獣の体は腰の部分でカーブを描いており、そこから生えた大きな尾っぽも美しいカーブを描いている。足は太くしっかりと大地を踏み締めている。

興味深い点は他にもある。

神獣の頭の上には1本の角が生えており、その上には一人の人間が立っている。
その人物は長い中華服を着ており、ほっそりとした体型をしていた。

研究者は「この人物は、神獣を飼い慣らしている人物ではないか」と推測している。

さらに神獣の胸の部分には「神樹」が彫刻されていた。

画像 : 青銅神樹 public domain

青銅神樹(せいどうしんじゅは、字のごとく「青銅器で作られた神の木」と呼ばれ、三星堆遺跡の二番坑から発掘された。

神獣の胸の部分にも「神樹」が彫刻されていたことから、三星堆の人々がこの神木を崇拝し、精神的な支柱としていたことへの、さらなる裏付けとなった。

神獣文化

古来より、動物を崇拝の対象とした文明は多い。
自然界に対する無知もあって、人々は動物を畏怖すべき対象として崇拝していたのである。

神という概念が誕生してからは、動物を人間と神との架け橋とする考え方が広まった。

三星堆遺跡では「神鳥」も発掘されており、「鳥」も神との架け橋として崇拝していたようだ。

三星堆遺跡の神獣

画像 : 神樹の鳥

しかし、発掘された動物たちは自然界ではあり得ない姿をしている。つまり架空の動物である。

中国には古来より多くの想像上の動物がいる。「麒麟、龍、鳳凰」などが代表的である。それらは、人々に吉祥の兆しをもたらすものであり、現在でも縁起の良い架空の動物として扱われている。

三星堆遺跡で見つかった神獣はどちらかと言うと「麒麟」に似ている。
麒麟は、あのキリンビールのラベルに描かれている架空の動物だ。

麒麟崇拝の起源は「鹿」の崇拝だとされている。そして三星堆遺跡で見つかった「青銅立人像」の帽子の上にも鹿の角があった。

鹿は縁起の良い動物で「吉兆を呼ぶ」とされる。その長く伸びる角は空へと達し、やがて神と人とを繋ぐ。角は太陽の動きと共に成長し、新しい生命の誕生と共に伸びるとされている。

今回、三星堆遺跡で見つかった「神獣」によって、三星堆遺跡と中華文化の類似点が見つかったといっても良いかもしれない。

更なる調査報告に期待したい。

参考 : 三星堆出土迄今最大青銅神獸 造型罕見此前從未出現

他の三星堆遺跡の記事一覧

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 禅宗の事実上の開祖「慧能(えのう)の生涯」
  2. 毛沢東はどんな人物だったのか?① 「中国共産党中央委員会主席とな…
  3. 世界で最も多くの人を殺戮した女性!? 毛沢東の妻・江青
  4. ラーメンマンのような髪型にしないと死刑だった清王朝 【辮髪】
  5. 南極の氷の下の古代文明の集落跡 「氷に覆われる前の南極」
  6. 「中国で発見された最も古く高い銅像」 青銅大立人とは ~三星堆遺…
  7. 中国史上唯一の女帝・則天武后はなぜ女帝になれたのか?
  8. 古代核戦争で火星が滅びた!【英紙報道】

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

植物学者・牧野富太郎の借金人生 【その額月給の1000倍】~NHK「らんまん」主人公のモデル

偉業を成し遂げる人というのは、大なり小なり変わった人物であることが多い。NHK朝の連続テレビ…

火薬は「不老不死の薬」の研究中に生まれた

銃や大砲などの兵器や、ロケットの推進薬として使われている 火薬。火薬の発明は人類史に…

アレキサンダー大王の大遠征について調べてみた

アレクサンドロス3世(紀元前356年7月20日~紀元前323年6月10日)はマケドニアの王で…

大久保長安 【猿楽師から武田家~徳川家家臣に大出世した武将】

猿楽師から武田家臣へ大久保長安(おおくぼながやす)は、猿楽師(現在の能)から武士となり、…

安珍と清姫伝説 【ストーカー化した姫が美男を焼き尽くす】

和歌山県最古の寺院である道成寺には、ある男女の愛憎にまみれた物語が語り継がれている。その…

アーカイブ

PAGE TOP